Generative ArtのNFTを販売する「Okazz's Generative Art NFT」を公開。アーティストのOkazzとコラボしたデジタルアート作品のNFT化に挑戦。

株式会社TART(本社:東京都品川区、代表取締役:髙瀬俊明、以下TART)は、Generative Artを動的に生成して購入者の好みの画像をNFT化できるサービスを開発。第一弾として、アーティストであるOkazzとコラボレーションしデジタルアートのNFTを販売開始。


ブロックチェーン技術の登場により、NFT(ノンファンジブルトークン)を活用したデジタルアートの流通が活発になってきました。その結果、従来デジタルアート作品の購入・保有あるいはアーティストに対する支援が難しかったデジタルアート市場において、アーティストとファンの新しい関係構築が可能になってきております。

そこで、Generative ArtのアーティストであるOkazzと連携し、Generative ArtをNFTとして購入できるサービス「Okazz's Generative Art NFT」を本日リリースいたしました。

■ Okazz's Generative Art NFTのサービスサイト
https://okazz.on.fleek.co/
 
  • Okazz's Generative Art NFTについて
Okazzが制作したGenerative ArtをNFTとして購入することができます。

固定の画像をNFTとして購入するのではなく、公開されているアートを再読み込みすることで、その瞬間にしか出会えないアートを鑑賞していただけます。そして、動的に生成された中で気に入ったものをNFTとして記録・購入できます。
 


作品は全4種類で、各限定10個となっております。
初期販売価格は0.03ETHから開始されます。また、作品が購入されるたびに0.001ETHずつ価格が高くなるように設計されています。

<ご購入時の留意点>
1. NFTはイーサリアムブロックチェーン上で発行されます。
2. NFTの購入には仮想通貨のETHとメタマスク等の仮想通貨ウォレットが必要です。
 
  • 作品について

Subject Alpha
正方形の領域内にランダムな大きさの矩形を充填させる。 それぞれの区画に円と矩形を描画し、円のアウトラインからパーリンノイズを用いた曲線を描画する。
 

Subject Beta
7種類のグラフィックからランダムに選び、グリッド状に配置。 色、角度、反転の有無をランダムに選択し描画する。
 

Subject Gamma
円をグリッド状に配置。 円の種類は同心円、チェック、ストライプ、波線から無作為に選ぶ。 90°単位でランダムに分割した円弧と線を重ねて描画する。
 

Subject Delta
正方形の領域を再帰的に分割し矩形を配置。 矩形の中にさらにタイル状に同じ大きさの矩形を並べる。
 
  • アーティストについて


おかず / Okazz
Generative Art / Creative Coding / Processing / p5.js
Twitter: https://twitter.com/okazz_
 
  • 本件に関するお問い合わせ
hello@tart.tokyo
 
  • 会社概要
株式会社TART
代表者  : 髙瀬 俊明
設立   : 2019年1月11日
本社所在地: 東京都品川区西五反田2ー24ー4 WESTHILL4F
事業内容 : ソーシャルトークンの発行・運用支援、NFTサービスの開発、ブロックチェーン人材の育成
URL       :https://www.tart.tokyo/

 


 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. TART >
  3. Generative ArtのNFTを販売する「Okazz's Generative Art NFT」を公開。アーティストのOkazzとコラボしたデジタルアート作品のNFT化に挑戦。