【 TINYHOUSE FESTIVAL 】コロナ禍で注目が集まる、移動する家「モバイルハウス」や「タイニーハウス」の展示会が南池袋公園にて開催!

<11月20日(金)〜23日(祝)の4日間開催>東京ビエンナーレ2020 タイニーハウス展示会

東京ビエンナーレ2020(※1)TINY HOUSE PROJECT実行委員会(※2)は、2020年11月20日(金)、21日(土)、22日(日)、23日(祝・月)の4日間、「南池袋公園」と「グリーン大通り」にて、タイニーハウスの展示会『TINYHOUSE FESTIVAL 2020』を開催いたします。



■TINYHOUSE FESTIVAL 2020 趣旨

コロナ禍でのワークスタイルの変化により、暮らしの多様化が加速しています。人と人の繋がりをつくる場所も変化してきました。「移動する家」という住まいのあたらしい選択肢から、社会問題や持続可能な暮らしの実現を身近に感じ、「小さく」はじめられるアイディアの種になるようなテーマをもった『タイニーハウス展示会』です。

タイニーハウスに興味がある方、新しい暮らしかたに興味がある方はもちろん、ファミリーで公園に遊びに来た方や近所で暮らしている方、学生さんなど、すべての方に楽しんでいただける展示会です。

ぜひこの機会にタイニーハウスでの暮らしを覗いてみませんか。



■TINYHOUSE FESTIVAL 2020の開催概要
イベント日時:
2020年11月20日(金)16:30〜20:30
2020年11月21日(土)11:00〜20:00
2020年11月22日(日)11:00〜20:00
2020年11月23日(月祝)11:00〜16:00

会場:南池袋公園(東京都豊島区南池袋2-21-1)とグリーン大通り
IKEBUKURO LIVING LOOP (http://ikebukuropark.com/livingloop/)会場内

アクセス:「池袋」駅(徒歩5分)

入場料:無料

主催:TINY HOUSE PROJECT実行委員会
共催:一般社団法人東京ビエンナーレ,一般社団法人HEAD研究会エネルギーTF
協力:南池袋公園をよくする会,株式会社エネルギーまちづくり社,株式会社HandiHouse project
協賛:YKK AP株式会社,メイスンワーク株式会社

昨年度開催風景:https://www.youtube.com/watch?v=TSTPxvcrFlI



■TINYHOUSEの出展者一覧
TINYHOUSE(タイニーハウス)とは、小さな家の総称です。
この展示会では、セルフビルドしたトレーラーハウスや軽トラハウス、モバイルハウスなど、個性豊かなタイニーハウスが集まります。展示されている全てのタイニーハウスの“中”に入ることができます。
(手指消毒、検温、マスク着用にご協力頂きます。)


■TINYHOUSE 展示概要

<一般社団法人えねこや>
えねこやは、オフグリッドの「エネルギーの小屋」のこと。電力自立の移動式えねこや(木製トレーラーハウス)を出動させて子供向けワークショップ「地球救う作戦会議」開催します!

一般社団法人えねこや※昨年の展示の様子一般社団法人えねこや※昨年の展示の様子



<株式会社エネルギーまちづくり社>
エネルギーまちづくり社のタイニーハウスはもちろん断熱バッチリです。小屋での快適な暮らしを目指します。今回のバージョンは2tトラックの荷台に載るサイズ。金物を使っているので、上げ下ろしも簡単。庭先の小屋に、街角の飲食に。キャンピングカー的な使い方も。様々な可能性が考えられます。

株式会社エネルギーまちづくり社※昨年の展示の様子株式会社エネルギーまちづくり社※昨年の展示の様子


<断熱タイニーハウスプロジェクト>
「これからの住まいを変える一歩を」。このテーマを掲げた私たちが注目したのは「住まいの断熱」。豊かで軽やかな暮らしを手に入れるための手段を、愉快に発信するため、ちいさな体感を運びます。

断熱タイニーハウスプロジェクト※昨年の展示の様子断熱タイニーハウスプロジェクト※昨年の展示の様子


<HandiHouse project>
「妄想から打ち上げまで」というスローガンで、設計から工事まですべてのプロセスに施主を巻き込んで、自分たちの手で家づくりをする建築家集団「HandiHouse project(ハンディハウスプロジェクト)」。
当日施工しながらの展示を行います。

HandiHouse project※昨年の展示の様子HandiHouse project※昨年の展示の様子



<Tree Heads & Co.株式会社ツリーヘッズ >
ツリーヘッズは、ツリーハウスやタイニーハウスを中心に、コミュニティのシンボル、公共的なオブジェ、プライベート空間まで、世界にひとつしかない、その人その場所ならではの作品を通じて個性豊かな暮らしの応援をしています。

Tree Heads & Co.株式会社ツリーヘッズ ※昨年の展示の様子Tree Heads & Co.株式会社ツリーヘッズ ※昨年の展示の様子


<SAMPO.inc>
リーマンショック、震災を10代で経験した私たち、失われた20年とまで言われた世代は他の世代よりクリティカルに社会を視て育った。SAMPO, Incは貨幣経済、宗教や法律等を俯瞰し、オンラインやVRではない新しいメッ シュを都市に張り、Hyper Realな営みを茶室からメタボリズムまで突き刺すアクティブアーキテクト集団である。

SAMPO.inc ※昨年の展示の様子SAMPO.inc ※昨年の展示の様子



■南池袋公園について
池袋駅から徒歩5分。都会の中心部ですが、一年中青々とした芝生が広がり、きれいに整備された公園です。ランドマーク的存在のおしゃれなカフェや小さなお子さんが遊べるちょっとした遊具も完備されています。芝生の上でゴロンとお昼寝するのも気持ちいいですよ。今年は、池袋駅東口のグリーン大通り、南池袋公園周辺のまちをリビングに変え、マルシェなどを開催する『IKEBUKURO LIVING LOOP (http://ikebukuropark.com/livingloop/)』と同時開催です。


■イベント詳細WEB
https://tinyhousefes.studio.site/



■東京ビエンナーレ2020とは(※1)
2021年、世界中から大いに注目される東京を舞台に『東京ビエンナーレ』を開催いたします。
東京ビエンナーレは、歴史文化的にも特徴のある東京都心北東エリアの公共スペース、公共施設、学校施設、寺社会堂などを会場として、隔年で開催する国際芸術祭です。
文化芸術にとどまらない多方面のジャンルの専門家や地域住民・企業人たちと共に、2021年とその先の東京の未来を描いていく、民間主導によるボトムアップ型の芸術祭です。
会期(予定):2021年7月~9月
会場:千代田区、中央区、文京区、台東区の4 区にまたがる東京北東エリア
https://tb2020.jp/

※新型コロナウィルス感染症の状況を鑑み、「東京ビエンナーレ2020」は名称を「東京ビエンナーレ2020/2021」と改め、コア期間を2021年夏に延期し、2020年はプレ期間としていくつかのプロジェクトを実施しています。


■ TINY HOUSE PROJECT実行委員会とは(※2)
「パブリックをシェアする」をテーマに竹内昌義(建築家/みかんぐみ共同代表)と
中田理恵(建築屋/HandiHouseproject/中田製作所共同代表)が代表となり、
遊休地活用、パブリック空間活用のため、発足した委員会。
 

■ 感染症予防対策
  • スタッフはマスク着用、手の消毒を徹底いたします。
  • 来場者に配布物を手渡すスタッフは手袋を着用します。
  • 展示物内に入る際は、検温、手指の消毒、マスクの着用、名簿記入をお願いしております。
  • 体調のすぐれない方は参加をご遠慮いただきます。
  • 「COCOA」のインストールを推奨致します。
  • 過去14日以内に海外から入国した人、入国した人と接触歴がある方が来場をお控えください。


【お問い合わせ先】
東京ビエンナーレ2020 TINY HOUSE PROJECT実行委員会
住所: 〒105-0011 東京都港区芝公園2-9-3 港ビル3階
E-mail: tinyhousefestival@gmail.com

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. HEAD研究会エネルギーTF >
  3. 【 TINYHOUSE FESTIVAL 】コロナ禍で注目が集まる、移動する家「モバイルハウス」や「タイニーハウス」の展示会が南池袋公園にて開催!