AWS連携 非接触マルチ言語健康スクリーニング端末 HealthGate

多人数の問診票、健康チェックをQRコードと顔認証で迅速に

コロナ後の様々な施設における健康チェックを迅速化、マルチ言語対応で外国人にも対応、AWS連携で将来のワクチンパスポートDB連携も視野に
海外IT製品の輸入・販売を手掛ける株式会社M2モビリティー(東京都品川区:代表取締役 橋本清治)は、日本国内代理店を務めるオーストラリアの空港、航空会社向け機器開発・製造ベンダーであるElenium Automation Pty(エレニウム・オートメーション)が開発した大規模なイベントや空港などの公共施設で必要とされる問診票管理、健康状態チェックなどの「健康管理」を行うための専用機器 「HealthGate」の販売を2021年6月より開始します。

QRコードで問診票QRコードで問診票

HealthGateはAWS(Amazon Web Service)のクラウドと連携し、画面のタッチパネルに触れることなく操作を完結することができます。また、来場者は事前に会場内の専用スマホアプリにより健康確認用の問診票(マルチ言語対応)に回答することで専用QRコードを生成でき、端末でコードを読取るだけで問診票の処理が完了します。訪問者の健康確認が必要な場所で利用可能です。QRコードの提示、顔認証、実測定で完了するため、1件あたり1~2分で処理が完了し紙ベースに比べて各段に処理を高速化できます。装置は複数言語に対応しており、海外訪問者の言語に合わせて自動的に切り替えが可能(英、中、韓、仏、独など言語追加可能)なため外国人来場者を扱う必要がある施設では特に有効です。

 

マルチ言語対応アプリマルチ言語対応アプリ

HealthGateは新型コロナ等の陽性者の特徴である発熱の可能性を体表温度だけでなく、呼吸数や脈拍数など複数の条件を総合的に判断することで、温度だけの判別に比べ検知率が大幅に向上します。(特許取得技術)収集されたデーターはAWS上で一元的に管理され「コンタクトトレーシング」用途にも利用可能です。(温度の表示は行いません)ジェスチャーによる画面操作は、今回専用に開発された複数のセンサー機器を統合した「センサー・アレイ」により顔認識で頭部の動きを捉え画面上のカーソールと連動させることにより処理を行います。また音声認識はアマゾンアレクサにも使用されている音声認識技術を応用し、85db(地下鉄の車内程度の騒音)までの騒音下でも正常に発話者の音声を聞き分けることができます。また本音声認識は複数言語に対応しています。

ジェスチャーコントロールジェスチャーコントロール

IDカードやパスポートなどの認識は付属の高解像度カメラを通じてAWSのOCR機能を使用して行われますので、 IDを物理的なリーダー等に読取りさせる必要はありません。また本製品はオフライン環境でも使用可能です。

これらの技術により100%非接触での操作が可能です。
なお、本装置に搭載されるマルチアレイセンサーは単体でも販売。既存の接触型端末を非接触端末に更新することが可能です。ハードウェアの他システム連携用のAPI/SDKが提供されます。
 

センサーアレイセンサーアレイ


本製品は医療機器ではありません。
  • 製品の利用にはAWS上のアプリ使用料金が必要です。
  • 製品専用サイト
https://www.smartaccess.jp/EA
  • AWS,アマゾンアレクサ、その他は各企業の商標またはサービス名称、マークです
<株式会社M2モビリティーについて>
2012年より海外IT/ID製品の輸入販売、保守等を行っています。コロナ禍にあって利用可能なソリューションの調査、導入も推進しています。またポストコロナに向けた商材の開拓も行っています。

製品専用URL :https://www.smartaccess.jp
URL: http://www.m2mobi.jp

 


お問い合わせ:info@m2mobi.jp
<会社概要>

商号  : 株式会社M2モビリティー
代表者 : 代表取締役 橋本 清治
所在地 : 〒140-0013 東京都品川区南大井3-26-5 カジュールアイディ大森15 1階
設立  : 2012年8月
事業内容: 海外IT(IoT)製品の調査、輸入、販売、保守、サポート
URL   : http://www.m2mobi.jp/
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社M2モビリティー >
  3. AWS連携 非接触マルチ言語健康スクリーニング端末 HealthGate