経産省推進スタートアップ支援策「J-Startup」に株式会社i-plugが選定

株式会社i-plug(大阪市淀川区/代表取締役:中野 智哉)は、経済産業省が推進する政府のスタートアップ支援策「J-Startup」の対象企業に選定されたことを発表します。

J-Startupは、2017年 12 月に閣議決定された「新しい経済政策パッケージ」に掲げられた政府のスタートアップ支援策です。

「世界で戦い、勝てるスタートアップ企業を生み出し革新的な技術やビジネスモデルで世界に新しい価値を提供する」ことを目的としており、トップベンチャーキャピタリストやアクセラレーター、大企業のイノベーション担当が推薦したスタートアップ企業の中から、厳選な審査で選ばれた企業がJ-Startupの対象企業として選定されました。

株式会社i-plugは、新卒採用サービス「OfferBox」の事業会社として新卒採用におけるミスマッチの解消を目指します。そして、入社後における個々の活躍につながるような、より良いマッチングを提供して参ります。

J-Startup公式サイト https://www.j-startup.go.jp/

株式会社i-plugについて
株式会社i-plug(アイプラグ) http://i-plug.co.jp/
代表取締役:中野智哉  設立:2012年4月
事業内容:新卒ダイレクトリクルーティングサービス「OfferBox」運営

2012年9月に「OfferBox」をリリース。約200人の学生、約100社の企業の声から生まれた、新しい就活サービスです。

■大阪オフィス(本社)
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島5-11-8 セントアネックスビル3階

■東京オフィス
〒141-0032
東京都品川区大崎3丁目6番4号トキワビル4階
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社i-plug >
  3. 経産省推進スタートアップ支援策「J-Startup」に株式会社i-plugが選定