今までにない、美しく軽やかな2本脚テーブルができました。京都の家具店enstol(エンストル)の新作ダイニングテーブル「SiSi」。

ベンチと相性抜群の2本脚テーブル × 職人の手仕事のあとが残る上質なデザイン。

株式会社エンストル(京都府宇治市槇島町月夜3-7 代表取締役 今田 景子 Tel 0774-25-3490)は2019年7月21日(火)より、同社ショップ及びオンラインショップにて、新作ダイニングテーブル「SiSi」の販売を開始しました。

新作ダイニングテーブル「SiSi」は、職人の手仕事のあとが残る上質なデザインの2本脚テーブル。
脚の形状が手と足(=四肢)を伸ばして座っているように見えることから、「SiSi」と名付けました。
ダイニング用にenstolオリジナルのベンチ「P-bench」をお買い求めになられるお客さまが多く、ベンチでもスムーズに出入りできるテーブルが欲しいとの声を受けたことが、誕生のきっかけです。

 
  • 2本脚テーブルは、ベンチを動かさずに"席を立つ・座る"が可能
2本脚テーブルは角に脚がないため、ベンチやアームレスチェア、ハーフアームチェアをお使いの際にスムーズな出入りが可能。
とくにベンチの場合、複数人で座っていると動かしにくいので、ベンチを動かさずに席から出入りできる点はとても便利です。



また大きめの椅子でもすっきりと納まりやすく、座ったときに隣の人との窮屈さを感じにくいのも特徴。
お誕生日席やコーナー部分に椅子を置いてもテーブル脚が干渉しにくいので、大人数でテーブルを囲むこともできます。

 

 

  • 重厚になりがちな2本脚テーブルを、美しく軽やかに
どっしりと重たい印象になりがちな2本脚テーブルの脚。
「SiSi」の脚は、面を広く取りながらも厚みを持たせないことで、すっきりと軽やかな印象に。
全体的にまるく角を落とし、Vの字に伸びた脚先に向けて傾斜を描くことで、やわらかな表情に仕上げました。
幕板が無いため、脚を組んで座った際に腿が幕板に当たる心配もありません。



職人が手仕事ですべすべに磨き上げた脚部は、手ざわりならぬ「足ざわり」の気持ちよさも格別。



汚れやすい天板には、時を経て深い飴色へと変化するなめらかな木肌のチェリー無垢材を、
脚にはやわらかく軽やかな表情のビーチ無垢材を使用。
木口も少し角を落としていますので、手や腕などが触れた際にやさしく受け止めてくれます。

天板と脚は、搬入出の際などに取り外しが可能。
天板・脚ともにオイル仕上げですので、少しの汚れや小さな傷がついても、ご自宅でメンテナンスしていただけます。

ダイニングテーブル「SiSi」の仕様
天板:チェリー無垢材・オイル仕上げ
脚:ビーチ無垢材・オイル仕上げ
スダンダードサイズ:W1500×D800×H700mm
ワイドサイズ:W1800×D900×H700mm

「SiSi」の販売ページはこちら
https://enstol.co.jp/onlineshop/sisi-bech/

 
  • 京都・宇治の家具店 enstol(エンストル)
enstol(エンストル)は、ものづくりが好きな仲間が集まり、2018年11月に京都・宇治でスタートした小さな家具店。
木工・椅子張り・塗装の各職人とデザイナーが宇治市にある小さな工場で、オリジナル家具やオーダーメイド家具の製作、家具の修理やリメイクを行なっています。

enstolのつくる家具は、長く大切に使い続けられるもの=
ずっと愛用したくなるようなデザイン、
修理しやすい構造、
上質な素材と仕上げであること、
がコンセプト。
毎日使うものだからこそ、丁寧なものづくりを心がけています。

 enstol(エンストル)のwebサイト
https://enstol.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エンストル >
  3. 今までにない、美しく軽やかな2本脚テーブルができました。京都の家具店enstol(エンストル)の新作ダイニングテーブル「SiSi」。