第三者調査機関がZuora を”SaaS 請求ソリューション“においてリーダーと認定

”現行サービス”と”市場における位置付け”の分野でトップに

*本リリースは2019年11月18日に米国で発表したプレスリリースの抄訳をベースにしています

カリフォルニア州サンマテオ -- 2019年11月18日 -- クラウドベースのサブスクリプション・マネジメント・プラットフォームのリーディングプロバイダーであるZuora, Inc(https://jp.zuora.com/).(NYSE:ZUO)はForrester 社のThe Forrester Wave™:  “The Forrester Wave™: SaaS Billing Solutions, Q4 2019” report(https://www.zuora.com/resource/forrester-wave-saas-billing-solution/) (Forrester Research, Inc., November 20, 2019, Lily Varon著)
においてリーダーに選出されたことを発表しました。調査対象の9ベンダーのうち、Zuora®が現行サービス(Current Offering)と市場における位置付け(Market Presence)の両方において最高位に認定されました。Forresterは 「Zuoraはソートリーダーシップとカスタマーベースにおいて突出しており、このカテゴリーの中で長期間に渡り圧倒的優位性で市場のマインドシェアを獲得しています」と述べています。

7年半に渡り、サブスクリプションエコノミーは成長を続け、コンシューマーの需要が製品の所有から便利なデジタルサービスの利用へと拡大するに従い、その成長率は350%にも及びます。Forrester社のレポートの著者によると 「ベンダーがデジタル製品、またはサービスを提供すればするほど、パートナーは顧客に対する価値提供のエコシステムの一部となり、その結果、請求プロセスは煩雑になります。市場の変化に迅速に対応し、カスタマーエクスペリエンスを高い水準で実現するためには請求システムのアジリティが重要です」

ZuoraのチーフプロダクトオフィサーであるChris Battlesは以下のように述べています。
「Zuoraは10年前からサブスクリプションエコノミーの到来を予見していました。大企業も中小企業もプロダクトの出荷モデルからサブスクリプションサービスへのシフトを遂げるためには新たな請求システムで変革をサポートする必要があると提言してきました」「今回の評価を非常に光栄に思います。また顧客の成功のために技術革新を行い、顧客のサブスクリプションエコノミーでの成功に貢献してまいります。先日発表しましたZuora Central Platformの発表により、あらゆる業界でサブスクリプションを始める際、既存の請求システムから脱却し、請求から回収まで一貫プロセスでサービスを開始できる基盤がより確固となりました」

レポートでForresterは, 「Zuoraの戦略は積極的で、リカーリングビジネスを目的としたカスタマーリレーションシップマネージメント(CRM)とエンタープライズリソースプランニング(ERP)の間を網羅することを目的としています。実際、Zuora Billing, Zuora Collect, Zuora CPQ、Zuora Revenueという4つのアプリケーションとメインプラットフォームであるZuora Central Platformが連携し、サードパーティのマーケットプレイスと連動して動作するようになっています」

「Zuoraの請求プロセスの優位性はZuora Central Platformの新機能をどれだけ活用できるかにかかっています。1) ワークフロービルダーはコンディショナルロジックとルールを用い、より多くの機能とプロセスを自動化できます。2) SQLを用いたデータクエリーでユーザはプラットフォームを横断的に、より多くのデータの検索、結合、レポート作成を行うことができます。我々がヒアリングした顧客、特にディベロッパーはこの新しいプラットフォームの機能が強力だと話していました」とレポートで述べられました。 

Forresterは「ZuoraはCRMとERPに追加して、自社の顧客との継続的なリレーションシップのために新しいシステムを探している企業に相応しい」と結論づけています。

こちらから “The Forrester Wave™: SaaS Billing Solutions, Q4 2019”をダウンロード可能です(英語版)
https://www.zuora.com/resource/forrester-wave-saas-billing-solution/

顧客とパートナーによる引用

GoCardless CEOの Hiroki Takeuchi氏: 「サブスクリプションベースのサービスは非常に盛況ですが、その背後にあるペイメントシステムは陳腐なものです。そこで我々は顧客にリカーリングペイメントを備えたグローバルネットワークを構築するにあたり、Zuoraを提案しました。そして、顧客はチャーンを減らし、コストを抑え、世界中のサブスクライバーからの支払い回収の煩雑さから解放されました。結果として変化の速いサブスクリプションエコノミーにおいて、顧客は自社のビジネスのみに注力することが可能になりました。

Sensormatic Solutions Subramanian KunchithapathamatのVPエンジニアリングのJohnson Controls氏:「我々のビジョンは小売業のお客様にスマートでシームレスなショッピングエクスペリエンスを持ったテクノロジーを提供することです。Zuoraは我々の既存ポートフォリオを顧客にとってより価値あるものに革新するにあたっての基本的なソリューションになるでしょう」



Zuora, Inc.について
Zuoraは業界をリードするクラウドベースのサブスクリプション・マネジメント・プラットフォームであり、あらゆる業界のサブスクリプション・ビジネス向け記録システムとしての機能を果たします。サブスクリプション・エコノミー(Subscription Economy®)を推進するZuora®プラットフォームは、動的な継続サブスクリプション・ビジネスモデルに特化して設計されており、請求および収益認識を含め、サブスクリプションの受注から入金までのプロセス全体を自動化および調整するインテリジェントなサブスクリプション・マネジメント・ハブとしての役割を果たしています。Zuoraは、リコー、NEC、ゼネラルエレクトリック、Box、DocuSign、freee、弥生、チームスピリット、SmartHR、Okta、Zoom、Zendesk、AT&T、トリップアドバイザー、ダイヤモンド社 、弁護士ドットコム、など、世界中で1,000社以上の企業にサービスを提供しています。本社はシリコンバレーにあり、米国、EMEA、APACでグローバルにオフィスを展開しています。Zuoraのプラットフォームに関する詳細は、https://jp.zuora.com/ にてご確認ください。

© 2019 Zuora, Inc. 無断複写・複製・転載を禁じます。Zuora、Subscription Economy Index、Powering the Subscription EconomyはZuora, Inc.の商標または登録商標です。その他の名称およびブランドは、他の組織の財産として主張される可能性があります。本プレスリリースのいかなる部分も、反対の意味で解釈されるべきではなく、また、Zuora, Inc.または本プレスリリースのいずれかの部分に対するサードパーティによる承認、裏付け、または支持として解釈されるべきではありません。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Zuora Japan株式会社 >
  3. 第三者調査機関がZuora を”SaaS 請求ソリューション“においてリーダーと認定