新型コロナウイルスに関する公的な情報提供サイトのアクセシビリティ対応を支援

米、欧州、日本において最大限の支援を実施

新型コロナウイルス感染症により、亡くなられた方に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、罹患された方や不安な日々を過ごされております皆様に心からお見舞い申し上げます。

ファシリティジャポン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:イヴ コルニュ)は、新型コロナウイルス感染症の情報を提供している公的機関の運営するサイトのバリアフリー化をサポートいたします。
支援実施を決定した経緯
新型コロナウイルスの感染拡大に関して、公的なサイトからも日々最新の情報が発信されております。そしてその多くの方はインターネットを通じて情報を収集されております。しかしながら、重要な情報を発信する公的機関の運営するサイトは、バリアフリー化までリソースが回らないという課題があります。
こうした課題を解決するため、当社は今回の支援を決定いたしました。
重要な情報を発信している公的機関が運営するサイトのバリアフリー化することで、より多くの方がインターネット上から新型コロナウイルス感染症の情報を得ることができ、合わせて拡大防止に繋がると考えます。

 


すでに米国ニューヨーク市が運営する以下サイトをはじめ、アメリカや欧州では新型コロナウイルス感染症情報を発信している公的なサイトのバリアフリー化の支援を始めております。

※引用:https://www1.nyc.gov/site/mopd/index.page
※画像は左右共に同じページです。左側が通常の表示、右側が当社ソリューションを利用して『白内障』モードにした場合の表示です。

 

 

 
アクセシビリティ対応支援の概要

 

公的機関が運営しているサイト内において、新型コロナウイルス感染症に関する情報を発信しているページのバリアフリー化を弊社の提供しているソリューションにて無償支援いたします。
弊社のソリューションは、老眼や白内障、色覚障害といった視覚系疾患やリウマチやパーキンソン病といった動作系の疾患、難読症(ディスレクシア)といった認識系の疾患がある方々のためにウェブサイトを見やすくするソリューションです。
サイト運営側は、既存のウェブサイトの構造の変更の必要はなく、弊社が開発/提供するタグの挿入と当社ソリューションの利用設定ページへのリンク設定のみで、サイトのバリアフリー化が可能です。

※FACIL’itiのサービス対象はHTMLページおよびサイトに含まれる画像(Officeドキュメント/PDFドキュメント等を除く)です。

【ソリューション概要動画】

 


ファシリティジャポン株式会社について
『ウェブもすべての人にとって使い勝手の良いものであるべきだ、という想いから誕生したフランスの社会的企業です。現在、ヨーロッパを中心に約500サイトにサービスを導入しており、2018年の日本法人設立後、日本国内でもサービス提供を行っております。

今回の支援をはじめ、今後も当社ソリューションにて社会貢献活動にも取り組んでまいります。

社名:ファシリティジャポン株式会社
所在地:東京都千代田区二番町9-3 THE BASE麹町
代表者:イヴ コルニュ
設立:2018年9月25日
URL:https://www.facil-iti.jp/
事業内容:デジタルアクセシビリティ向上のためのソリューションの研究、開発、提供

【本件に関するお問合せ】
本社:〒102-0084 東京都千代田区二番町9-3 THE BASE麹町
担当者:長井
電話:03-6403-0926
メール:s.nagai@facil-iti.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ファシリティジャポン株式会社 >
  3. 新型コロナウイルスに関する公的な情報提供サイトのアクセシビリティ対応を支援