KOALA Techが「J-Startup KYUSHU」企業として選定されました

株式会社KOALA Tech(所在:福岡市西区、代表取締役:藤原 隆)は、経産省が2018年より実施しているスタートアップを支援する「J-Startupプログラム」の地域版として2021年12月より構築された「J-startup KYUSHU」に、選定されました。
KOALA Techは有機半導体レーザーダイオード(OSLD:Organic semiconductor laser diode)の技術を次世代レーザー光源として、 スマートフォンをはじめとするウェアラブルデバイスなど有機光電子デバイスへの実装を目指します。この度の「J-Startup KYUSHU」への選定を追い風に、さらに研究開発を加速させていきます。

◆有機半導体レーザーの特徴
有機半導体レーザーは無機のレーザーに比べて、「自由に発振波長を選べる」「どこにでも配置できる」「超集積ができる」といった特徴があります。特に、近赤外波長域は、今後、生体認証、 光学センサーなどの分野で新たな応用展開が期待されています。 また、柔らかい有機材料を使うことでフレキシブルデバイスへの利用にも適しています。これらの特徴を活かすことで、来るべき超スマート社会、より人のために、より人の近くで電子光デバイスが活躍する社会に、レーザー技術を導入することができます。

◆株式会社 KOALA Tech
 KOALA Techは、 九州大学 最先端有機光エレクトロニクス研究センター(センター長:安達 千波矢)で世界に先駆けて実現されたOSLD技術の実用化を目的として設立されたスタートアップ企業です。 OSLDは近年、高精細・フレキシブルディスプレイとして注目される有機EL素子(OLED)をはじめ、 今後の活躍が期待される有機光・電子デバイスのプラットフォームに高い互換性をもつ次世代レーザー光源としての社会実装が期待されており、 当社はOSLDの設計技術を保有しています。

◆J-Startup KYUSHU 概要
https://www.kyushu.meti.go.jp/press/2203/220314_2.html

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KOALA Tech >
  3. KOALA Techが「J-Startup KYUSHU」企業として選定されました