IoTの実証実験(PoC)をレンタルによりさらに身近に~MomoがPalette IoT PoCKITをリリース ~2020年3月より提供開始

IoTの実証実験(PoC)をレンタルによりさらに身近に

Palette IoT PoCKITは、Momoが2018年~2019年に40以上の実証試験を行ってきたハードウェア/データハブのプラットフォームを他社のPoC向けに開放するサービスです。パートナー企業は、10余りの質問項目に記入することでPoCに必要なハードウェアとダッシュボード、そしてBIツールを利用することができ、PoC期間(1.5ヶ月)利用することができます。従来IoTのPoCでは、開発費用とデバイス費用が必須でしたが、レンタルの形を取ることによりIoTのPoCにかかる費用をさらに低減することができました。
Palette IoT PoCKITの利用にあたって、ユーザ企業は回路設計はもちろん、組み込みやウェ ブのコーディングや開発、設定の必要がありません。
ハードウェアは30種類以上のセンサーやカメラ、電源部品、筐体の中から必要な組み合わせで組み上げられ、完成した製品として提供されます。

IoTの実証実験(PoC)をレンタルによりさらに身近に~MomoがPalette IoT PoCKITをリリース ~2020年3月より提供開始~

株式会社Momo(本社:兵庫県神戸市、代表取締役:大津 真人、以下 Momo)は、日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」をクラウド基盤としたIoT ソリューション、Palette IoT PoCKITを2020年3月3日にリリースいたします。

IoTは、業務上の課題の解決や事業上の収益をもたらす技術領域として注目を集めています。しかし、それを採用することで得られる効果について事前に具体的にイメージすることが難しく、多くの場合最初はPoC(Proof of Concept:概念実証)から始まります。データの可視化や分析をしていくことでビジネスにどのような価値をもたらすのかを判断するため多くのPoCが実施されていますが、ハードウェアの開発や組み込みプログラミングや筐体や電源のアレンジなどが必要なIoT事業ではPoCの実施も容易ではないという状況があります。
こうした課題を解決するため、Momoはこの度Palette IoT PoCKITをリリースいたします。Palette IoT PoCKITは、Momoが2018年~2019年に40以上の実証試験を行ってきたハードウェア/データハブのプラットフォームを他社のPoC向けに開放するサービスです。パートナー企業は、10余りの質問項目に記入することでPoCに必要なハードウェアとダッシュボード、そしてBIツールを利用することができ、PoC期間(1.5ヶ月)利用することができます。従来IoTのPoCでは、開発費用とデバイス費用が必須でしたが、レンタルの形を取ることによりIoTのPoCにかかる費用をさらに低減することができました。
Palette IoT PoCKITの利用にあたって、ユーザ企業は回路設計はもちろん、組み込みやウェブのコーディングや開発、設定の必要がありません。
ハードウェアは30種類以上のセンサーやカメラ、電源部品、筐体の中から必要な組み合わせで組み上げられ、完成した製品として提供されます。データハブとBIツールはAzure上に展開され、ユーザー企業はPoC期間中、充実したBIツール群をストレスなく利用することができます。
また、PoCの先に量産やシステムの作り込みが必要な場合にはユーザー企業自身や、Momoその他SI企業がAzureのWeb hookにより開発企業のサーバーURLに送ることができるため、シームレスに開発することができます。
Palette IoT PoCKITのIoT基盤は、Microsoft Azureが提供するPaaSサービス (IoT Hub、Stream Analytics、Azure Functionsなど)を活用して実装されており、スケーラビリティとセキュリティを考慮した独自のIoTサービスを迅速に実装することを可能にしています。

また、Microsoft Azure上で開発されたPalette IoT PoCKITを幅広いお客様にご利用いただきたいと考えた結果、Azure Marketplace (Azureで実行するために認定、最適化されたあらゆるソフトウェアを入手可能なWebサイト) 上で公開をすることを決定いたしました。Azure Marketplaceは、日本のみならず全世界のユーザーが利用することができるため、より多くのお客様に貢献できると考えています。

◆本リリースに関して日本マイクロソフト株式会社よりコメントを頂いています
~~~
この度の株式会社Momo様のPalette IoT PoCKITのリリースを心より歓迎いたします。Palette IoT PoCKITは、ハードウェアやプログラミング、通信など多様な技術要素を必要とするIoTの仕組みづくりに苦慮されているお客様にとって、スピーディー且つより簡単にIoTを始めることができるソリューションです。温度、圧力、距離やバイタル情報などを取得できる多種多様なセンサーとゲートウェイ要らずに構築できるPalette IoTが、スケーラブルで安全なAzureと組み合わさることによって、建設業/農業/運輸業など幅広い産業にIoTが浸透していくことを期待しております。引き続き日本マイクロソフトは株式会社Momo様との連携を通し、お客様のデジタルトランスフォーメーションを推進してまいります。
日本マイクロソフト株式会社 パートナー事業本部 ISVビジネス統括本部長 野中 智史 様
~~~
*Microsoft、Azureは、米国 Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。 *その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
・想定ユーザー:PoCKITはプログラミングをメイン事業としない事業者様や自治体などの団体でも一定の条件を満たせば利用可能です。
・貸出期間:1.5ヶ月
・費用:9万円から
【本件に関するお問い合わせ】
株式会社Momo Palette IoTPoCKIT担当  E-MAIL : info@momo-ltd.com
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Momo >
  3. IoTの実証実験(PoC)をレンタルによりさらに身近に~MomoがPalette IoT PoCKITをリリース ~2020年3月より提供開始