新型コロナウイルス感染拡大を受け、食のプラットフォーム「ポケットマルシェ」が生産者と消費者を応援

 全国の農家や漁師などの生産者と消費者を直接繋ぐCtoCプラットフォーム「ポケットマルシェ」を運営する株式会社ポケットマルシェ(本社:岩手県花巻市、代表取締役:高橋 博之、以下 「ポケットマルシェ」)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で予定していた販路を失った生産者を応援するため、「フードレスキュー特集」を公開しました。
 また、休校やテレワークの実施により料理をする機会が増えた消費者向けに、「食材5%OFFクーポン」を発行いたしました。

【取り組みの内容】
1. 生産者を応援

◆「フードレスキュー特集」記事の公開
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、飲食店や学校、イベント等に出荷ができなくなってしまった生産者の食材を、おすすめの食べ方とともに記事にまとめました。
◆「#新型コロナで困っています」タグの運用

サービス内に「#新型コロナで困っています」タグを用意し、生産者が食材を出品する際にタグ付けできるようにいたしました。タグを使用する場合は、商品説明文に「なぜ困っているのか」を記載いただいています。タグの活用により、今まさに困難に直面している生産者と、彼らを応援したい消費者のマッチングが容易になります。

2. 消費者を応援
◆「食材5%OFFクーポン」の発行
休校やテレワークの実施により料理をする機会が増えた方、外出を控えている方の日々の食事を応援するために、「食材5%OFFクーポン」を発行しました。合わせて、ご自宅での食事を産地直送の野菜でさらにおいしく楽しんでいただきたい、という思いから、おすすめの野菜セットを紹介しています。


 ポケットマルシェは、生産者と消費者の双方を応援する取り組みを、今後も継続してまいります。

【フードレスキュー出品の例】 
◆ 季節のきのこセット(茨城県|七会きのこセンター|渡辺海さん)


◆ ハイブリッドネギ(徳島県|ねっこ農園|金子美佳さん)

ハイブリッドネギハイブリッドネギ


◆ フリルレタス(熊本県|健康野菜村|中川一男さん)


【ポケットマルシェについて】
 ポケットマルシェは、全国の農家・漁師から、直接やりとりをしながら旬の食べ物を買うことができるプラットフォームです。現在、2,000名以上(2020年3月時点)の農家・漁師が登録しており、常に3,500品を超える食べ物の出品と、その裏側にあるストーリーが提供されています。

【会社概要】
会社名: 株式会社ポケットマルシェ
所在地: 岩手県花巻市藤沢町446-2
事業内容:生産者と消費者を直接繋ぐCtoCプラットフォーム
「ポケットマルシェ」の企画・開発・運営
代表者名: 高橋博之
URL:https://poke-m.com/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ポケットマルシェ >
  3. 新型コロナウイルス感染拡大を受け、食のプラットフォーム「ポケットマルシェ」が生産者と消費者を応援