ニチフリ食品×岩下の新生姜!SNSから誕生したコラボふりかけ発売!

ニチフリ食品株式会社(本社:静岡県静岡市、取締役社長:塩坂 浩一郎、以下 ニチフリ食品)と、岩下食品株式会社(本社:栃木県栃木市、代表取締役社長:岩下 和了、以下 岩下食品)とは、岩下食品の代表商品「岩下の新生姜」をイメージしたふりかけ『岩下の新生姜味ふりかけ』をコラボレーションにより商品化、ニチフリ食品から発売いたします。

 


本商品は、11月11日「岩下の新⽣姜の⽇」記念イベントに合わせて、2020年11⽉3⽇(⽕)より岩下の新⽣姜ミュージアムおよび岩下の新生姜オンラインショップにて先⾏発売をいたします。⼀般発売は2021年1⽉18⽇(⽉)です。


【商品開発経緯】
2020年1⽉にニチフリ⾷品のツイッター(@nichifuri_jp)にフォロワーの方から「岩下食品さんとコラボしてほしい」という投稿を頂きました。それについてコメントしたところ、岩下社⻑(@shinshoga)よりお返事を頂き、更に2020年2⽉には岩下の新⽣姜ミュージアムで岩下社⻑との⾯談が叶い、正式に商品開発が決定しました。
その後試作を繰り返し、岩下社⻑や社員の皆様による味の監修を経て、この度商品化することができました。

【商品の特長】
ピリッと⾟味のあるサクサクとした⾷感のチップと岩下の新⽣姜パウダーを使⽤し、お酢の効いた新⽣姜の漬け液をイメージした顆粒をブレンドしています。岩下の新⽣姜のイメージカラーであるピンク⾊のふりかけは、ごはんにふりかければやわらかな桜⾊が楽しめます。これからのバレンタインやひなまつり、お花⾒など春のイベントにもぴったりです。
発売33周年を迎え根強いファンがいる岩下の新生姜とのコラボレーションにより、カテゴリーを越えた購⼊層の活性化を⽬指します。


■開発担当者より
「岩下の新⽣姜」の爽やかな⾹りと酸味をどうやって乾燥品のふりかけで再現すればよいか?ふりかけとして、ごはんの上でのおいしさを⽬指すことに苦労しました。ピリッとした⽣姜の⾟味とお酢の酸味がマッチした、 サクサクとした⾷感が楽しいふりかけです。

■ツイッター担当者より
岩下社⻑のエゴサ⼒が⾼いことは知っていましたが、まさか本当にご本⼈からコメント頂けるとは思わず、しかも投稿直後だったのでとても驚きました。ミュージアムに伺った際には社⻑⾃らとても丁寧にご案内して下さって、熱く岩下の新⽣姜愛を語られる姿が最⾼でした。

 


【ニチフリのコラボふりかけについて】

潜在ニーズが具現化される楽しさ、新たな味に出会う発見を与えるコラボレーションは2015年よりスタート。“進化系ふりかけ”、“再現ふりかけ”といわれ、ふりかけ市場を刺激しています。SNSで話題になることも多く、ふりかけ売場以外にも販路を広げています。

 

【「岩下の新生姜」について】

岩下の新生姜は、やさしい辛味、爽やかな香り、シャキシャキッとした歯切れの良さが特長のさっぱりとした味わいの生姜の酢漬。台湾のみで丹念に育てられる本島姜(ペンタオジャン)という特別な生姜を使用した、岩下食品のオリジナル商品です。土掛けを繰り返す独特な栽培方法により細長く、みずみずしく、爽やかな風味が楽しめます。

機能性表示食品[届出番号:D662] URL:https://iwashita.co.jp/

【製品概要】
「岩下の新生姜味ふりかけ」
価 格:130円(税抜)
内容量:20g
発売元:ニチフリ食品株式会社
発売日:【先行発売】2020年11⽉3⽇(⽕)※岩下の新⽣姜ミュージアム(https://shinshoga-museum.com/
          および岩下の新生姜オンラインショップ(https://www.shinshoga.shop/)のみ
    【一般発売】2021年1月18日(月) 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ニチフリ食品株式会社 >
  3. ニチフリ食品×岩下の新生姜!SNSから誕生したコラボふりかけ発売!