「news zero」にパートナーとして出演しているクリエイティブディレクター辻愛沙子氏が、Famieeのアドバイザーに就任

この度、一般社団法人Famiee(所在地:東京都千代田区 代表理事:内山幸樹)(以下、Famiee)は、株式会社arcaの代表取締役社長である辻愛沙子氏(以下、辻氏)がFamieeのアドバイザーに就任したことをお知らせします。
招聘の理由
 辻氏は、2019年10月に社会課題の解決を目指す社会派クリエイティブエージェンシー「arca(アルカ)」を立ち上げ、2019年4月には女性のエンパワメントや健康促進を目指す 「Ladyknows」プロジェクトを発足し、社会課題の解決に挑んでいます。また、10~20代を対象にしたブランドのプロデュースを行うなどZ世代からの支持も高く、報道番組に出演しており影響力の強い辻氏が、Famieeのアドバイザーに就任したことは、若い世代がFamieeの活動に関心を持っていただくきっかけになると考えております。そして、今後、辻氏のアドバイスを受け活動することで、社会にさらに大きな影響を与え啓蒙活動を行うことができるものと考えております。
 Famieeは、辻氏とともに、多様な家族形態が当たり前のように認められる社会の実現を目指して活動していきたいと思います。


辻愛沙子氏のプロフィール


株式会社arca CEO / Creative Director。社会派クリエイティブを掲げ、「思想と社会性のある事業作り」と「世界観に拘る作品作り」の二つを軸として広告から商品プロデュースまで領域を問わず手がける越境クリエイター。リアルイベント、商品企画、ブランドプロデュースまで、幅広いジャンルでクリエイティブディレクションを手がける。2019年春、女性のエンパワメントやヘルスケアをテーマとした「Ladyknows」プロジェクトを発足。10月に実施したLadyknows Fes 2019では、500円で受診できるワンコイン婦人科健診を実施し話題に。2019年秋より報道番組 news zero にて水曜パートナーとしてレギュラー出演し、作り手と発信者の両軸で社会課題へのアプローチに挑戦している。


辻愛沙子氏のコメント


絶対的な「普通」なんていうものが存在しない社会の中で、家族の在り方ももっと自由で多様な選択肢があるべきだと強く思っています。LGBTのカップルや精子・卵子提供を受けた親子、代理母出産という選択肢をとった親子はもちろんですし、私自身でいうと、パートナーの別姓婚を求めていたり、従来の規定された家族観だけでない在り方を求めている声は多くあります。必要なのは、従来の家族観の否定ではなく、より多くの選択肢を社会に用意するということ。だからこそ、家族形態の選択肢をより自由で多様なものにしていくFamieeの活動を心から応援しています。社会が規定するのではなく、自分自身で生き方を選択できる社会であって欲しいと切に願っています。

--------------------------------------------------------------------------------------------

一般社団法人Famieeについて
■プロジェクトFamiee
Famiee(ファミー)は、多様な家族形態が当たり前のように認められる社会の実現を推進するプロジェクトです。家族という概念は、近年とても多様化しています。LGBTのカップル、事実婚のカップル、精子・卵子提供を受けた親子、代理母の協力を得た親子など、従来の概念での夫婦、親子、家族に当てはまらない新しい家族の形態が可視化されてきています。しかし、現在の社会制度の中で新しい家族の概念に基づいて生きる人たちは、多くの困難に直面しています。法的には夫婦・親子と認められない人たちが、家族としての当たり前の権利やサービスを受けられない、という課題があります。またこのような現状を解決する動きの一つとして、すでに複数の地方自治体でパートナーシップ制度が導入されていますが、これには市区町村の強いリーダーシップが必要とされ、パートナーシップ制度が日本全国に広がるには時間がかかると考えられています。

課題の解決方法と現在進めている活動
こういった課題を解決するために、Famieeは、民間団体として、ブロックチェーン技術を活用した家族関係証明書を発行し半永久的なデータの保管を行い、住んでいる地区や国に関らず家族の関係を証明する「家族関係証明書」が得られることを目指します。そして、この証明書を受け入れる企業・団体を増やし、家族向けサービスや権利を提供する民間企業を増やす活動を行い、民間の力から社会を変えていきます。家族関係証明書の第一弾としてこの夏より、同性カップルのためのパートナーシップ証明書の発行を開始することを予定しています。それに向けて、開発及び、企業内の福利厚生サービスや、家族向けの消費者サービス、医療現場などで、Famieeの証明書を導入する企業を増やすための活動を行っています。2020年7月現在、25の企業が導入に向け準備を開始していますが、課題解決のため家族関係証明書を利用する企業を今以上に増やしていきたいと考えています。

一般社団法人Famiee
 設立日:2019年8月8日 代表者:内山幸樹
 ウェブサイト:https://www.famiee.com/ Twitter:https://twitter.com/FamieeP
 Facebook:https://www.facebook.com/famieeproject/

本プレスリリースの問い合わせ先
一般社団法人Famiee事務局  担当者:石渡・細田
メール:info@famiee.org 電話番号:050-5328-0847
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人Famiee >
  3. 「news zero」にパートナーとして出演しているクリエイティブディレクター辻愛沙子氏が、Famieeのアドバイザーに就任