設備停止理由記録用ハードウェア”iXacs Click” 2タイプをリリース

ボタンで一撃!遠隔モニタリングサービスiXacsを更に便利に、使いやすく。

i Smart Technologies株式会社(本社 愛知県碧南市 代表取締役社長:木村哲也)は2020年7月1日、製造ライン遠隔モニタリングサービス「iXacs(アイザックス)」向けのオプションハードウェア「iXacs Click」をリリースします。
■ iXacsとは
これまで人手で行っていた製造業のデータ取得を、IoT技術により自動取得・自動集計を可能にしたサービスです。製造現場の変化点を「必要な時に・素早く・的確に」発見し、日々の生産性向上活動へ貢献します。
自動で取得できるデータは、主に下記の3種類で、設備に外付けのセンサーを取り付けるだけで、素早く運用を開始できます。

[製品ページURL] https://bit.ly/istc009



■ iXacs Clickとは
上記3種類のデータに加え、特に「停止した理由」をより詳細に取得したいとの要望をいただくようになりました。タブレットやPCなどの精密機械を用いて、従来からあるiXacsのサービス内で記録可能ですが、現場の過酷な環境下でそれらを触ることに抵抗を持つお客様も多く、ボタン型のハードウェアでの登録を行いたいという意見を頂いておりました。
そうしたご意見を元に開発されたのがiXacs Clickです。ボタンを押すとiXacs上に紐付いた停止理由が登録され、より簡単に設備の稼働状況を登録できるようになりました。また、タッチパネルでなく物理的なボタンを押すことで指の感触で操作を完了したことを確認しやすくなりました。

 

 




■ 2種類のiXacs Clickと使い分け
iXacs Clickは、SORACOM製のボタンを用いた持ち運びに便利な携帯型と、ボタン数が多く設備の近くに置いて利用する設置型と、状況に合わせた2タイプをご用意しております。

 

 

 



現場目線での使いやすさをさらに追求し、進化を遂げた「iXacs」は、日々の改善活動を加速させ、より効果的な生産性向上に貢献し、当社の理念である「人には付加価値の高い仕事を」を全国の製造業に実現します。

■ i Smart Technologies 株式会社について

企業名:i Smart Technologies 株式会社 (アイスマートテクノロジーズ)

代表者:木村 哲也

 


所在地:愛知県碧南市中山町7-26

概要: IoT技術をカイゼンで活用し100ラインの生産性を平均43%向上、労務費を年間3億円節減した旭鉄工。「人には付加価値の高い仕事を」スローガンに、同様の生産性向上を他社でも実現するために設立したのが「i Smart Technologies」です。システムの開発部隊と現場の改善部隊が一体になっている強みを⽣かし、現場で使いやすいIoTモニタリングサービスiXacsはもちろん、カイゼンに必要な知識や活動の仕方のコンサルティングまで、旭鉄工で培ったノウハウを提供することで製造現場の生産性向上を実現します。
URL:https://istc.co.jp

お問い合わせ : info@istc.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. i Smart Technologies株式会社 >
  3. 設備停止理由記録用ハードウェア”iXacs Click” 2タイプをリリース