あらゆるWEBサイトをREST API化。無料のクラウド型RPA『クラウドBOT®』

WEB操作のAPI化により、システム間連携を加速

有限会社C-RISE(本社:富山県高岡市、代表取締役:村井 将則)は、2019年12月16日に、あらゆるWEBサイト・サービスに対するブラウザ操作をAPI化する機能をクラウド型RPA『クラウドBOT®』にて提供開始しました。API化は標準機能として無料プランから機能制限なくお使い頂けます。
現在アルファ版として公開している『クラウドBOT®』は、専用ソフト不要で利用可能、BOT作成方法もブラウザ操作の自動記録方式の為、プログラミングは一切不要です。BOT作成機能の特徴として、操作内容を自動解析する事でBOTの入力データ、出力データが自動的に定義されます。

今回のAPI化機能は、この「入力データ」、「出力データ」をREST APIの「パラメータ」と「レスポンス」として扱い、BOT作成と同時に新たなAPIとしても利用できるようにしたものです。

【BOTを操作するための3種類のAPIを提供】
  • BOT実行API
REST APIを通してBOTを実行します。実行パラメータとして入力データをJSON形式で指定し、レスポンスとして同じくJSON形式で出力データを受け取る事ができます。
実行は、同期実行と非同期実行に対応しており、同期実行の場合はAPIのレスポンスとして出力データを受け取る事ができます。
非同期実行では、実行時に発行されるJOB IDのみをレスポンスとして受け取り、実行完了後に結果をコールバックで受け取る事が可能です。
 
  • 実行状態取得API
JOB IDを指定する事で、実行済みBOTの状態を参照する事ができます。
 
  • 実行中断API
JOB IDを指定する事で、実行済みBOTの処理を中断する事ができます。
 

 

 


【OpenAPI 3準拠のリファレンスを公開】
OpenAPI 3に準拠したAPIリファレンスを公開しており、Swaggerツールによる効率的なAPI実装やテストを行う事ができます。

【オリジナルのAPIテストツールを提供】
APIをWEB画面上からテスト実行できる機能を提供致します。これにより、コーディングしなくても作成したBOTのAPI動作を簡単に確認する事ができます。


【APIの同時実行数】
現在、アルファ版では最大同時実行数を1件のみとしており、API実行についても同様の制限が適用されます。
しかし、API機能は外部システムとの連携を想定しており、複数同時実行が必要となるシーンが多々予想されます。
そこで、2020年春の正式サービス開始時には数百〜数千件単位の同時実行数に対応するプランの提供も計画しております。

■API活用例(1)
API化の利用例として一番効わかりやすいシーンは、情報の多重登録です。
例えば、ECサイト運営を例に上げると、自社ECサイト以外に複数のモール型ECサイトや海外のサイトにも商品の同時出品を行っているケースが多くみられます。
この際に、APIが提供されているECサイトであれば、商品登録時にAPIを呼び出す事で商品の同時登録が可能です。しかし、APIが無い場合は同じデータを個々に管理画面から入力する必要があります。
この入力操作をBOT化し、さらにAPIとして呼び出す事で、APIが提供されていないECサイトに対してもクラウドBOT経由でのAPI連携が可能となり、リアルタイムな同時出品が可能になります。

 

 


■API活用例(2)
BOTのAPI化機能は、スクレイピングにおいても活用頂けます。
URL指定で直接HTMLを取得するようなスクレイピングであれば、比較的簡単に実装できますが、スクレイピング時にログイン、検索、入力、クリック等の操作が必要なケースではWEBブラウザの操作を模倣するような処理の実装が必要となります。
クラウドBOTでは、上記のような操作を自動記録でBOT化し、取得したいデータを出力データとして定義するだけで、スクレイピング用APIとして利用頂く事が可能です。

【製品概要】

サービス名:Cloud BOT
価格:無料
URL:https://c-bot.pro

【会社概要】
会社名:有限会社C-RISE
所在地:富山県高岡市京田19番地 田中ビル2 101号室
代表者:村井 将則
設立:2005年7月 (創業:1998年4月)
URL:https://www.c-rise.co.jp
事業内容:bPaaS事業,EMS事業,Webシステム開発事業
『C-BOT運営チーム』
TEL:076-213-5619 [9:30~17:00]
e-mail:info@c-rise.co.jp


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. C-RISE >
  3. あらゆるWEBサイトをREST API化。無料のクラウド型RPA『クラウドBOT®』