ブラックストーンによるユニゾホールディングス株式会社(証券コード:3258)との更なる協議のための検討期間延長に関するお知らせ

Blackstone Announces Additional Extension of Assessment Period for Further Discussions with UNIZO Holdings (Securities Code: 3258)
(i)Blackstone Real Estateにより運営及び助言されるファンドの関連会社であるUrchin Holdings I Pte. Limited.(以下「ブラックストーン」といいます。)において、ユニゾホールディングス株式会社(証券コード:3258、株式会社東京証券取引所市場第一部上場。以下「対象者」といいます。)の発行済普通株式全てを、対象者が同意すること及びブラックストーンと対象者との間で一定の追加的な事項を定めた合意書が2019年10月23日までに締結されることを条件として取得する意向(以下「本公開買付け」といいます。)を公表する旨の、2019年10月15日付の「ブラックストーンによるユニゾホールディングス株式会社株式(証券コード:3258)に対する1株当たり5,000円での公開買付けを同社の同意を条件として開始する意向に関するお知らせ」と題するプレスリリース(以下「2019年10月15日付当社プレスリリース」といいます。)及び2019年10月15日付当社プレスリリースに定める期限を延長する旨のブラックストーンのその後のプレスリリース、並びに(ii) 2019年11月7日付の「ブラックストーンがユニゾホールディングス株式会社(証券コード:3258)の本公開買付けに対する同意及び合意書締結の期限経過後の検討機関に入ったことに関するお知らせ」と題するプレスリリース、及び本公開買付けに係る期限の経過、ブラックストーンが対象者と更なる協議を行おうと取り組んでいること及び2019年11月22日までにその時点における対象者に関するあらゆる選択肢の検討状況に関するプレスリリースを行う意向を有していることを公表した2019年11月18日付の「ブラックストーンによるユニゾホールディングス株式会社(証券コード:3258)との更なる協議のための検討期間の延長に関するお知らせ」と題するプレスリリース(以下「2019年11月18日付当社プレスリリース」といいます。)に関し、次のとおりお知らせいたします。

2019年11月18月付当社プレスリリースにおいて公表しておりましたとおり、ブラックストーンは、対象者に対し、対象者からの提案に対する回答を書面で行っており、対象者からこれに対する書面による正式な回答が速やかになされることを期待しております。また、ブラックストーンは、2019年11月15日付の対象者のプレスリリースにより、対象者の連結子会社が当該プレスリリースに記載された固定資産(以下「米国不動産」といいます。)を譲渡することを決定したと理解しております。ブラックストーンは、対象者及びその子会社が、2019年9月中旬時点において所有する国内外の20個の不動産(米国不動産を含み、2019年3月31日時点において、その簿価の合計は約1,555億円、鑑定評価額の合計は約1,867億円)の売却活動を開始していた可能性が高いと理解しております。かかる不動産の売却については、対象者が公表していキャピタルリサイクリングの前倒しの事業方針、並びに2019年10月10日付の対象者の「令和元年度(2019年度)連結業績予想の修正に関するお知らせ」と題するプレスリリース及び「当社株主からの質問書に対する当社見解の公表に関するお知らせ」と題するプレスリリースを含む、米国及び日本所在の不動産が売却の対象となっている旨の開示と一貫しているものと思われます。ブラックストーンは、対象者の米国不動産の譲渡に係る計画及びキャピタルリサイクリングの一環として一定の不動産を売却する計画を踏まえても尚、現時点においては、なお対象者との間で潜在的な取引を進めることに関心を有しております。ブラックストーンは、引き続き対象者株主に対する透明性を確保するべく、2019年11月27日までに、その時点における対象者に関するあらゆる選択肢の検討状況に関するプレスリリースを別途公表する予定であることを公表いたします。なお、本公開買付けが最終的に実施されるか否か、成立するか否かは、何ら確定していないことを付言させて頂きます。


Reference is made to the press releases of Urchin Holdings I Pte. Limited, an affiliate of funds managed and advised by Blackstone Real Estate (“Blackstone”), dated (i) October 15, 2019 entitled “Blackstone  Intends to Launch Tender Offer for Shares in UNIZO Holdings (Securities Code: 3258) at ¥5,000 per Share, subject to UNIZO Consent” (the “October 15 Release”), announcing Blackstone’s intention to acquire up to all of the outstanding common shares of UNIZO Holdings Company, Limited (Tokyo Stock Exchange; Securities Code: 3258) (“UNIZO” or the “Company”), subject to UNIZO consent and entry into an agreement between Blackstone and UNIZO by October 23, 2019 setting forth in further detail certain additional terms (the “Blackstone Offer”) and Blackstone’s subsequent press releases extending the deadline set forth therein, (ii) November 7, 2019 entitled “Blackstone Enters Assessment Period after Expiration of Deadline for UNIZO Holdings (Securities Code: 3258) to Consent and Enter Agreement to Blackstone Offer” and November 18, 2019 entitled “Blackstone Announces Extension of Assessment Period for Further Discussions with UNIZO Holdings (Securities Code: 3258)” (the “November 18 Release”), announcing the expiration of the deadline under the Blackstone Offer, Blackstone’s efforts to engage in further discussions with UNIZO and its intention to issue a press release by November 22, 2019 regarding the current status of its assessment of available options with respect to UNIZO.

In accordance with the November 18 Release, Blackstone hereby announces that it has responded to a proposal by UNIZO in writing and expects to promptly receive a formal written response from UNIZO. Further, Blackstone notes that, pursuant to the Company’s press release dated November 15, 2019, the Company’s consolidated subsidiary has decided to transfer the fixed assets described in such press release (the “US Asset”). Blackstone understands that, as of mid-September 2019, UNIZO or its subsidiaries had likely initiated sale procedures for twenty assets they own inside and outside of Japan, including the US Asset, with the total book value for such assets (as of March 31, 2019) being approximately 155.5 billion yen and that the total appraisal value for such assets being approximately 186.7 billion yen. Such salesappear to be consistent with the Company’s announced business policy of acceleration of capital recycling and its public disclosure that properties in the United States and Japan are subject to sale, including on October 10, 2019 in the press releases entitled “Notice of Revision in Consolidated Earnings Forecast for the Fiscal Year Ending March 31, 2020” and “Notice Regarding Views of UNIZO Holdings Company, Limited on an Inquiry Letter from Shareholders.” However, despite the Company’s plan to transfer the US Asset and such plans to sell certain properties as part of capital recycling, Blackstone nevertheless currently remains interested in pursuing a potential transaction involving UNIZO. In order tocontinue to provide transparency to the UNIZO shareholders, Blackstone intends to issue a further press release as to the current status of its assessment of available options with respect to UNIZO by November 27, 2019. There can be no certainty that any Tender Offer will ultimately be made and/or consummated.
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ブラックストーン・グループ・ジャパン株式会社 >
  3. ブラックストーンによるユニゾホールディングス株式会社(証券コード:3258)との更なる協議のための検討期間延長に関するお知らせ