史上初!海を越えるリモートVR教育をインドネシアでスタート! 介護VR授業を「GIfTプログラム」に導入 ジョリーグッドと共同

セティアマネジメント株式会社は、コロナ禍の影響でリモート学習へのシフトが進むインドネシアにおいて、VRを使った介護人材の育成事業を開始したことを発表致します。

インドネシア人特化型の人材サービスを展開するセティア マネジメント株式会社(愛知県名古屋市、代表取締役:矢部将勝、以下 セティア マネジメント)は、VRテクノロジーカンパニーである株式会社ジョリーグッド(東京都中央区、代表取締役:上路健介、以下 ジョリーグッド)と共同で、外国人材の介護教育VRサービス「CareVR」をインドネシアへ導入することを決定致しました。


インドネシアにおけるVR介護教育を導入するのは、セティア マネジメントが初めてのケースとなります。また、日本にいる講師がインドネシアの自宅にいる生徒たちに、海を越えて一対多のオンラインVR授業を実施するのはこれが史上初となります。

CareVRは、日本が世界に誇る介護の技術を、日本に入国する前にVRでトレーニングすることができる外国人労働者向けの教育ソリューションです。今現在、インドネシアでもコロナ禍の影響によりオンライン授業が急速に普及し始めております。一方で、介助技術などの実習が行えないことが外国人に介護教育を行う上で大きな課題となっておりました。

そこで、このリモートVR教育を導入することで、当事者目線で介護トレーニングを積み、オンライン授業でありながらも日本の介護をリアルに「体験学習」することを可能にしました。体験学習の様子はぜひこちらの動画をご覧ください。

 

■コロナ禍でも教育は止められない!GIfTプログラムにVR体験を組み込む
セティア マネジメントでは、介護事業者の皆さまに介護人材の育成プログラム、通称GIfT(ギフト)プログラムを提供致しております。現在インドネシアでは、新型コロナウイルスの影響に伴い、政府教育省がオンラインでの学習を推奨しており、大学や送り出し機関ではすでにオンライン授業が導入され始めています。

一方で介護教育は、入浴や移乗などの介助技術に加え、相手の気持ちに配慮したコミュニケーションスキルを習得する必要があるため、従来のオンライン授業だけでは身につけるのが非常に困難でした。また、これまでの現地教育では、生徒たちが日本の介護現場をイメージするのが難しく、技能の習得までには多大な時間を要するという課題がありました。

そこで今回、弊社の提供するGIfTプログラムにCareVRを組み合わせることで、実際の介護現場を体験し、効率的に介護技能を身につけることを実現しました。また、VRによる体験学習ができるので、テキストでは理解が難しい内容も繰り返しトレーニングによって身につけることが可能です。今後、このVRを使ったGIfTプログラムを通じて、優秀な介護人材を事業者様と一緒に育てていきます。

 

■介護人材育成 GIfT(ギフト) プログラムの特徴

8カ月の通常育成プログラムと4カ月の短期集中プログラムのふたつをご用意。対象人材のレベルに合わせて、日本語と介護スキルを重点的に学びます。特定技能人材の育成+採用費用は、月わずか5万円。これ以上一切、費用はかかりません。つまり、通常プログラムの場合、総額40万円で貴社にぴったりの人材の育成と採用ができる仕組みです。また、施設様と一緒に人材を育てるので組織エンゲージメントが高まり、辞めない人材が採用できます。


■外国人材介護教育VRサービス
CareVRは、実際の日本の現場でのリアルな介護の流れを、介護士や高齢者の視点で360度体験学習が可能です。コンテンツは、テキストでは理解しにくい暗黙知などの「コミュニケーション」、入浴や食事などの「介助技術」などがあり、日本式介護技術の習得を効率化することができ、より一層充実した教育を行うことが可能になります。また、事前に日本でのリアルな介護現場を体験することで、就業後の早期退職の防止や日本文化へのスムーズな順応が期待できます。

【CareVR導入のメリット】
1.本人視点で介護現場の体験ができる
2.短い時間で理解・習得ができる。
3.利用者の目線や気持ちがわかる
4.気づく力を育成できる
5.質の高い教育を幅広く提供できる

■介護現場で活躍する名古屋のインドネシア人にリモートVR体験トライアルを実施!
セティア マネジメントとジョリーグッドは、リモートVR授業サービスを活用し、将来介護士を目指すインドネシア人5名に名古屋でVRのトライアルを実施しました。現役の日本人介護スタッフを講師に迎え、受講者は外部にいながらコミュニケーション技術や介助技術などのコンテンツを視聴し、オンラインでの介護授業を体験しました。

リモートVR体験の様子リモートVR体験の様子

​<VR体験をしたインドネシア人の生徒たちの声>

体験した生徒たちの声体験した生徒たちの声

ギランさん:今日VRで見たものはまさに介護現場そのものでリアル。インドネシア人は介護職に馴染みがないので、勉強する時テキストだけでは想像しにくいが、このVRを使えば理解がしやすくなると思う。早くインドネシアに導入して欲しい。

イヴァナさん:利用者さんの視点を疑似体験することで、どうやって介護をしたら利用者さんが喜んでくれるのかを理解することができました。

アユさん:ものすごい臨場感!テキストだけだと分かりにくいことがVRだと簡単に理解することができます。

アナスさん:遠隔で授業ができるのは素晴らしい。内容も分かりやすく、項目によって英語の説明もあった。特に今のようなパンデミック時期にはとても貴重な学習ツールだと思う。


<トライアルにご参加頂いた介護施設様の声>

今回ご参画頂いた介護施設の石澤施設マネージャー(左)と真辺フロアーマネージャー(右)今回ご参画頂いた介護施設の石澤施設マネージャー(左)と真辺フロアーマネージャー(右)

■愛知県名古屋市内 介護施設 施設マネージャー 石澤様 コメント

利用者様や介護士の視点で学習が出来るので介護現場で働いたことのない方にとっても教育がしやすくなると思います。育成プログラムでVR学習をして頂けるのは、人材と受入れ側のどちらにとってもメリットが大きいと思います。
■フロアーマネージャー 真辺様 コメント
まるで現場のような臨場感があり、テキストのみで学習するより遥かに学習効率が増すと思います。今後もコンテンツを増やして頂けると、実際の介護現場で役立つことが増えるので期待をしています。

 

■セティア マネジメント 代表取締役 矢部 将勝
セティア マネジメントは、今夏に現地インドネシアの送り出し機関インドネシア研究センター(PT. SAHABAT JEPANG INDONESIA)に通う生徒の自宅と、日本の講師を繋ぎ、一斉リモート操作でのVRを使ったオンライン授業の実施を予定しています。日本にいながら現地の介護教育を行うことで、海外での介護講師不足の課題解決にも繋がり、より充実した教育環境が期待できます。

今後は、同時接続による学習規模の拡大や、新たなシステムの開発を進め、インドネシアの外国人労働者の教育向上を目指し、送り出し機関や日本語学校、大学、そして国内で外国人労働者を受け入れる介護施設へサービスを提供していきます。

 

■株式会社ジョリーグッドについて(https://jollygood.co.jp/
ジョリーグッドは、高精度な“プロフェッショナルVRソリューション”と、VR空間のユーザー行動を解析するAI エンジンなどを開発するテクノロジーカンパニーです。先端テクノロジーをギークやマニアだけでなく「地域の生活者や企業が活用できるテクノロジープラットフォーム」にデザインして、数多くの企業や自治体に提供しています。

■セティア マネジメント株式会社について(https://setia-mgmt.co.jp/company/
セティア マネジメントは、インドネシア最大のHR企業であるPT Infomedia Solusi Humanika(ISH)など政府の認可を受けた送り出し機関や、バンドン工科大学やウダヤナ大学を始めとするインドネシア国立大学16校との提携して、優秀なインドネシア人材と日本企業を結ぶ人材紹介機関です。雇用後の人材のケアにも重点をおいており、人材紹介だけではなく長く人材が定着するために、人材と企業双方のパートナーとして支援も行っています。

■本件に関するお問い合わせ先
セティアマネジメント株式会社 
広報担当 川口 電話番号:052-982-6622

メールによるお問い合わせはこちら:https://setia-mgmt.co.jp/inquiry/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SETIA Management 株式会社 >
  3. 史上初!海を越えるリモートVR教育をインドネシアでスタート! 介護VR授業を「GIfTプログラム」に導入 ジョリーグッドと共同