おまかせ資産運用サービス「SUSTEN(サステン)」 サービスサイトをリニューアル

投資を始められない初心者に向けて、サービスコンセプトや特徴をより分かりやすくお伝えします。

株式会社sustenキャピタル・マネジメント(サステン・キャピタル・マネジメント、本社:東京都港区、代表取締役: 岡野大・山口雅史)は、おまかせ資産運用サービス「SUSTEN(サステン)」のサービスサイト(https://susten.jp/003emli/)をリニューアルしました。独自の運用手法や完全成果報酬型の費用体系について、投資が初めての方にも分かりやすく、より直観的にお伝えしています。ウェブCMも公開中です。
■メインビジュア

 

■新サービスサイト・メッセージ

あなたが投資を始められない理由から、生まれた投資*です。

投資を始められない理由、それが

「損ばかりしそうで不安」なら
攻めより、守り重視なあなたに。
最新の投資理論で、リスクを徹底分散。

「学ぶのが面倒」なら
あなたにピッタリの資産運用を、自動で。
細かい知識がなくても始められます。

「儲かるのは、金融機関だけ」と疑うなら
手数料は、資産が増えた時だけ。
あなたの利益を最優先に考えた費用設計です。

*提供する投資・資産運用サービスのことを指します。

■新ウェブCMも公開中
https://b.susten.jp/SUSTEN_concept30sec_202206
 


■情報提供専用メディア「SUSTEN lab」について
 

サイトリニューアルに先立ち、情報提供専門メディア「SUSTEN lab(サステンラボ https://lab.susten.jp/)」も立ち上げ、一般的な資産運用にまつわる話題から投資理論の解説まで、様々なコラムをお届けしています。今後も順次、コンテンツを拡充して参りますので、ご一読いただけますと幸いです。


■おまかせ資産運用サービス「SUSTEN」について
『SUSTEN』は、利用者がアプリ上で簡単な質問に答えるだけで、一人ひとりに適した運用ポートフォリオを診断し運用まで自動で行う、おまかせ資産運用サービスです。2021年にサービスを公開して以来、口座開設者数は3,000口座を超え、預かり資産は約25億円まで順調な推移を続けています。

SUSTENは、投資の専門知識がない方でも誰でも簡単に、最新の金融工学理論と機械学習を融合した世界トップクラスの高度な分散投資を利用できます。お客様一人ひとりのニーズに合わせ、世界の株式に投資する従来型の運用だけでなく、株式以外の収益源を活用した絶対収益追求型の戦略(株式市場の好不調の影響を受けにくい戦略)もご用意します。

■株式会社sustenキャピタル・マネジメントについて
名称  :株式会社sustenキャピタル・マネジメント
所在地   :東京都港区虎ノ門一丁目3番1号東京虎ノ門グローバルスクエア
代表者 :代表取締役CEO 岡野大、代表取締役CIO 山口雅史
設立  :2019年7月
事業内容:投資運用サービスの提供
URL  :https://susten.jp
主要サービス:おまかせ資産運用サービス「SUSTEN(サステン)」
登録    :金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3201号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

■注記
本資料は、株式会社sustenキャピタル・マネジメント株式会社(以下「当社」といいます。)が提供する投資一任契約の締結に基づく運用(以下「当サービス」といいます。)のサービスについてご紹介しています。投資一任契約のお申込みに当たっては、契約締結前交付書面をお渡ししますので、必ず内容をよくお読み下さい。当サービスは値動きのある投資信託に投資しますので、投資評価額は変動します。したがって、元金が保証されているものではありません。投資一任契約の締結および投資一任契約に基づく投資信託の買付けは、クーリングオフの対象ではありません。本資料は、当社が信頼できると判断した情報等に基づいて作成されていますが、当社がその正確性・完全性を保証するものではありません。本資料に記載された市況や見通し等は、本資料作成時点での当社の見解であり、将来の動向や結果を示唆あるいは保証するものではありません。また、将来予告なしに変更する場合もあります。
お取引にあたっての手数料等及びリスクについて
■当社サービスでは、お客さまとの投資一任契約に基づき、当社が設定・運用する複数の投資信託を対象とした投資運用を行います。■【投資一任契約に係る費用】・基本運用報酬:ありません。・投資一任契約の成果運用報酬:投資一任契約に基づき資産を管理する口座内の、お客さまの個別契約毎の月末時点投資評価額(投資元本を除く)が、過去最高の投資評価額(成果報酬控除後、投資元本を除く)を超過していれば、その超過分の一部(9分の1.1から6分の1.1(税抜9分の1から6分の1))を成果運用報酬として、当該口座から収受します。したがいまして、月末時点の投資評価額(投資元本を除く)が過去最高の投資評価額(成果報酬控除後、投資元本を除く)を下回っている場合は、成果運用報酬の負担は発生しません。【投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用】・運用管理費用(信託報酬):年率0.022%(税込) ・その他の費用及び手数料:組入有価証券売買時の売買委託手数料、外貨建資産の保管費用、監査費用、信託財産に関する租税等、保有する期間等に応じてご負担いただく費用があります。運用状況等により変動するため、事前に料率や上限額等を表示することができません■投資に係るリスク:お客さまの資産は、投資一任契約に基づき投資信託を投資対象として運用を行います。投資対象とする投資信託は、主に価格変動のある有価証券等(外貨建資産の場合は為替変動も含まれます。)に投資しますので、基準価額は変動します。基準価額の変動要因としては、主に株価変動リスク、先物利用に伴うリスク、金利変動リスク、流動性リスク、信用リスク、カントリーリスクが挙げられますが、これに限定されません。したがって、投資者(受益者)の皆さまの投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。投資信託の運用による損益はすべて投資者の皆さまに帰属します。なお、投資信託は預貯金とは異なります。また、投資信託毎に投資対象資産の種類や投資制限、取引市場、投資対象国等が異なることから、リスクの内容や性質が異なります。お取引の前に投資信託説明書(交付目論見書)や契約締結前交付書面を必ずご確認ください。
  1. プレスリリース >
  2. SUSTEN >
  3. おまかせ資産運用サービス「SUSTEN(サステン)」 サービスサイトをリニューアル