新感覚デジタルアート展「巨大映像で迫る五大絵師 − 北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界 −」プレス発表会にアンバサダー 尾上松也さんが出演 「大画面で観る迫力、その美しさに息が止まる!」

9月9日(木)まで、大手町三井ホールで日本美術の傑作を空前のスケールで体感!

江戸時代の絵師たちの情熱と想像力が込められた歴史的作品の数々が超高精細デジタルアートとして蘇る、新感覚アートエキシビション「巨大映像で迫る五大絵師 −北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界−」。 9月9日(木)まで、大手町三井ホールにて、葛飾北斎の「冨嶽三十六景」と歌川広重の「東海道五拾三次」、俵屋宗達と尾形光琳が描いた2つの「風神雷神図屏風」の競演、伊藤若冲の代表作「仙人掌群鶏図」など、国宝および重要文化財を含む42作品が巨大映像となって集結し、大スペクタクルをお届けします。

このたび、開幕前日の7月15日(木)にプレス発表会を開催し、アンバサダーの尾上松也さんをはじめ、監修を務める日本美術史家 小林 忠さん、俵屋宗達作 国宝「風神雷神図屏風」原本所蔵先である大本山 建仁寺 浅野俊道さんに出演いただきました。また、美術展の解説ナレーターに初挑戦した光浦靖子さんからのビデオメッセージも紹介しました。

左から) 小林 忠さん、光浦靖子さん(等身大パネル)、 尾上松也さん、浅野俊道さん左から) 小林 忠さん、光浦靖子さん(等身大パネル)、 尾上松也さん、浅野俊道さん

尾上松也さんは巨大映像の感想を、「まずはこの大画面で観る迫力、その美しさに息がとまるような感じがしました。アップになってどれだけ繊細に描かれていたかがよくわかり、ずっと観ていられるというのは、改めてこの五大絵師の作品の素晴らしさとすごさを実感いたしました」とコメント。

アンバサダー 尾上松也さんアンバサダー 尾上松也さん

また、伝統的な日本美術と歌舞伎との共通点について、「この時代に生きた絵師の皆さんが絵に魂を込めて描いていると感じました。だからこそ、これだけ大きな画面になっても全く見劣りするところがない。歌舞伎も当時の生きていた方々の魂とか、生き様、風景というものを継承して、現代の皆様に観ていただいているので、絵も歌舞伎も先人たちの魂を受け継いでいく所では一緒なのかと思います。今こうして僕たちの胸を震わせてくれる、その情熱や魂みたいなものが時代に関係なく伝わるものだなぁとすごく感じました」と語りました。

監修の小林 忠さんは、「絵画や浮世絵版画、あるいは工芸品や仏像彫刻なども、先ほどの松也さんのお話ではありませんけれども、創る人は本当に魂を込めてつくり上げています。そして、部分が全体になっていく。その部分の繊細な技をよく見極めることができるのが今回のイベントだろうと思います。大きく視野を広げて、日本美術の素晴らしい繊細な仕上げ方をご鑑賞いただけたらと思います」 とコメントされました。

大本山 建仁寺の浅野俊道さんは、巨大映像となった俵屋宗達の「風神雷神図屏風」について「いわゆる自然というものを神格化したこの風神様と雷神様をしっかりと表現していただいたと思いますが、迫力があり過ぎて観てて興奮する、そんなイメージです」とコメントされました。

会の終盤には、光浦靖子さんのビデオメッセージをご紹介。「今回解説シアターのナレーションを担当しています。本当はそちらにお伺いして開催をお祝いしたかったのですが、ちょっと今ですね、多分、(カナダ留学で)海外におります。部屋から一歩も出られない状態なので、その部屋から応援しております!この「巨大映像で迫る五大絵師」、私も観させていただきました。もうね、すごいですね。私は目が悪いので、美術館に行ってももっと観たいのに観れなかったものが、この全てが見られるというのがもう楽しくて大興奮しました。あとはこの、絵の中に飛び込めるっていうか、絵の中に囲まれるっていう、今まで体験したことのない体験で、本当にびっくりしながら、楽しかったです」と声援を送っていただきました。

最後に、尾上松也さんより本展の見どころを、「素晴らしい技術を使い、音楽との融合というここでしか観られない体験だと思います。あまり詳しくない方でもわかりやすい解説もありますので、どなたでも楽しむことができると思います。ぜひぜひ足を運んでいただいて、この絵画の素晴らしい深い世界に没入していただきたいです。舞台もそうですが、文化芸術というのはこれまでもずっと我々の支えになってきました。今はまだ、いろいろと制限がかかり難しい状況ではありますが、この情熱や魂は未来永劫ずっと紡いでいきたいと思いますので、観に来ていただいて、この輪を広げていただきたいなと思います。」と、発表会を締めくくりました。

巨大映像と音楽をコラボレーションしたドラマチックな演出による新感覚のアートエキシビション「巨大映像で迫る五大絵師 −北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界−」 。古の人々の息づかいまで聞こえてくるような、時空を超えたアート体験をぜひお楽しみください。

 
  • 会場構成
会場は3つのエリアで構成。五大絵師の代表的な作品をはじめ、同時代の豪華絢爛(けんらん)な金屏風など、全42作品をラインナップ。上映作品が毎日入れ替わるダブルプログラムで行います。

【解説シアター】
超高精細デジタル画像で作品の緻密な部分を拡大表示し、ナレーション(英文字幕)とともに作品をわかりやすく解説します。解説ナレーターは、本格的な美術展のナレーションに初挑戦という光浦靖子さんが担当します。

解説シアター解説シアター

【3面シアター】
縦7m、横45mの3面ワイドスクリーンによる圧巻の巨大映像空間。先進デジタル技術と高輝度4Kプロジェクター複数台を駆使した映像と、音楽のコラボレーションによる大スペクタクルを体験いただけます。上映中のフォトタイムで巨大な名画をバックに写真撮影が可能です。

3面シアター3面シアター

【Digital北斎×広重コーナー】
超高精細デジタル画像による「冨嶽三十六景」と「東海道五拾三次」からベストセレクション58作品を大型モニター12台で紹介します。このコーナーも写真撮影が可能です。

Digital北斎×広重コーナーDigital北斎×広重コーナー

 
  • 開催概要
緊急事態宣言の発令に伴い、本展覧会は東京都の「イベント開催時の必要な感染防止策」を遵守した上で、会場定員50%未満の収容率に制限して開催いたします。新型コロナウイルス感染症防止への取り組みの詳細は公式サイトをご覧ください。

■ 展覧会名 「巨大映像で迫る五大絵師 −北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界−」

■ 会期 2021年7月16日(金) ~ 9月9日(木)

■ 開館時間 午前10時30分~午後7時30分 ※入館は閉館の60分前まで

■ 会場 大手町三井ホール(東京都千代田区大手町1-2-1 Otemachi One 3F)

■ 観覧料(税込) 一般:2,000円  / 大学生・専門学生:1,500円 / 中学生・高校生:当日1,000円
満70歳以上、小学生以下、障がい者の方(添付者原則1名まで)は入場無料
※学生の方は学生証または生徒手帳、70歳以上の方及び小学生以下の方(保護者同伴)は年齢証明ができるもの、障がい者の方は障がい者手帳をご来場時にご提示ください。

■ チケット購入
① プレイガイドで前売チケット購入  
以下2種類をローソンチケット、チケットぴあ、イープラスにて販売。どちらも午前10時30分~午後6時30  分の間でお好きな時間にご入場いただけます。※会期前・会期中に限らず、各日付は完売次第、販売終了
○ 期間中有効平日フリー入場券
[有効日] 2021年7月19日(月)~9月8日(水)の平日
○ 土日祝及び開幕日(7/16)/最終日(9/9)日付指定券
[有効日] 2021年7月17日(土)~9月5日(日)の土曜・日曜・祝日、および7月16日(金)・ 9月9日(木)

 ② 会場窓口で当日チケット購入
定員に空きがある場合に限り当日チケットを販売します。当日の空き状況は公式サイトでご確認ください。
当日チケット販売時間:10:30〜18:15  ※定員枚数に達した段階で販売終了   
販売場所:会場窓口

■ 主催 フジアール、フジテレビジョン、BSフジ、ニッポン放送

■ 後援 フジサンケイグループ、千代田区、千代田区教育委員会

■ 協力 NTT ArtTechnology、アルステクネ・イノベーション/アルステクネ、キヤノン 綴プロジェクト

■ 特別協力 山梨県立博物館、岡田美術館、大阪浮世絵美術館、大本山 建仁寺、小曽根山 西福寺、金刀比羅宮

■ 協賛 株式会社マウスコンピューター



【 一般のお客様からのお問い合わせ先 】
『巨大映像で迫る五大絵師』事務局
[TEL] 03-5520-1914(平日10:00〜17:00) 
[公式サイト] http://www.faaj.art
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フジアール >
  3. 新感覚デジタルアート展「巨大映像で迫る五大絵師 − 北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界 −」プレス発表会にアンバサダー 尾上松也さんが出演 「大画面で観る迫力、その美しさに息が止まる!」