名古屋・栄で『Blossa防災サバイバル体験』を開催!体験型防災イベントで生存力をアップ!

大災害でパニックにならないために自分の目、足を使って、災害時に頼れる地域の繋がりをつくりながら、防災力を高めよう!

NTT都市開発株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 辻上 広志)は名古屋市東桜一丁目に位置するアーバンネット名古屋ビル及び商業施設Blossaにおいて、栄エリア周辺地域を対象としたエリアマネジメント(※)の一環として、地域の防災意識を高める防災イベント「Blossa防災サバイバル体験」を2021年10月8日(金)~9日(土)の2日間にわたって開催することになりましたので、お知らせいたします。

※エリアマネジメント活動とは
地域における良好な環境や地域の価値を維持・向上させるための、住民・事業主・地権者等による主体的な取り組み (国土交通省エリアマネジメント推進マニュアルより)

                                           2021年9月24日


                                         NTT都市開発株式会社
 

 



「Blossa防災サバイバル体験」は、見て・聞いて防災に関する知識を身につけるだけでなく、実際に体験することで防災意識・関心を高める防災イベントです。アーバンネット名古屋ビル及び商業施設Blossaを拠点に周辺エリアを歩き、危険なポイントや避難場所を確認する「防災まち歩きツアー」や、避難所生活の経験談・防災クイズの「防災展示」、企業や団体、個人で所有している入れ替え時期が近い防災備蓄食品を寄付する「栄・フードドライブプロジェクト」などを行います。
近年、気候変動による台風や豪雨災害の増加、新型コロナウイルス等の疫病など災害が同時発生する懸念が高まっています。この地が想定震源域に入っている南海トラフ地震も30年以内の発生確率が70〜80%と想定されています。その中で私たち人間は、有事の際の対応力が試され、そして地域との連携が必要になってきます。
本イベントでは、そんな時代に対応し、地域住民やワーカーの生存力アップ、災害時の鍵とのなる地域コミュニティ力アップを目指します。


【防災サバイバルワークショップPART1 危機感アップデート編】
講師から発災時のリアルな状況を聞くことで、今後起こりうる震災への危機感をアップデートしていきます。
国際災害レスキューナース辻直美氏を講師にむかえ、実際に様々な被災地、避難所をみてきた状況を聞きます。普段は意識をしない災害の恐ろしさや発災後に直面する困難について、自分ごとにしていきます。また、講師自身の経験から編み出した備えの大切さや、限りある物資を節約して使うためのテクニックを、水を使った体験から学びます。
 

◉辻 直美 氏


国際災害レスキューナース。阪神・淡路大震災を機に災害医療に目覚め、現在はフリーランスのナースとして国内での講演と防災教育をメインに行い、要請があれば被災地で活動を行っている。






【防災サバイバルワークショップPART2 備え力アップデート編】
講師から体験談や知見を聞き、防災備品を実際に使ってみる体験から、自身の防災意識について考え、備え力をアップデートしていきます。
講師に日頃から防災の大切さを伝える活動をしている「防災ママかきつばた」代表 高木香津恵氏と、世界最小クラスの携帯トイレ「ぽけっトイレ」を考案した「コケナワ」代表 苔縄義宗氏を迎え、阪神淡路大震災での被災経験やボランティア活動からみえてくる防災の大切さを学びます。
防災備品の体験では、実際に段ボールベットに横になってみたり、防災トイレに匂いのついた水を入れることで機能を知り、オフィスや家庭での備えに繋げます。

◉高木 香津恵 氏


親子に向けて防災啓発活動をする防災ママかきつばた代表として、市民活動と起業コンサルをしながら、防災の大切さを伝える。







◉苔縄 義宗 氏

 

コケナワ代表として世界最小クラスの携帯トイレ「ぽけっトイレ」を手がけ、災害ボランティアなどの活動もおこなう着想企業家。






【エレベーター緊急停止体験】
地震や停止などで起こるエレベーターの緊急停止時、パニックにならずに冷静に対処できるように、エレベーターに閉じ込められるところから、停止時の心得やとるべき行動について、体験の中で学んでいただきます。

 

●「エレベーター緊急停止体験」の募集
事前申込:https://blossa-bousai-10.peatix.com
当日申込枠もあり(先着順)


 

【防災まち歩きツアー】
専門家から防災に関する基礎知識を学び、実際に防災視点でまちを歩くことで見えてくるポイントを探すことで、地域独自の防災マップを作成します。基礎知識やまちの防災ポイントは、防災士(防災ママかきつばた所属)出口志穂氏から学びます。
まち歩きでは、地域自主防災組織「あいち防災リーダー会」のレクチャーを受けながらエリアを回り、繁華街ならではの気を付けるポイントや危険な箇所などを見つけていきます。
まち歩き後はワークショップを行い、参加者同士でまち歩きで見つけたポイントを情報共有し、意見交換を行いながら地図にマッピングしていきます。
防災まち歩きツアーのサポーターとして、名古屋大学防災サークル「轍」が参加し、参加者と一緒にまち歩きやワークショップに参加しながら、防災の知識を深めていきます。
ワークショップで出た意見・ポイントは、実際にこのまちに通う「名古屋デザイナー学院」の学生によって、地域独自の防災マップに落とし込みを行います。
防災のプロから防災視点を学び、防災目線でまちを見てみると、いつもとは違った景色が見えてくるはずです。そして自分たちで作った防災マップは地域の財産となります。

◉出口 志穂 氏


防災士として「防災ママかきつばた」で 活動中。主に行政案件のファシリテーターとしての経験も多く、行政の地域活性化の専門職員として地域防災に携わった経験もある。まちづくりの仕事をしながら働く2児のママ。





◉あいち防災リーダー会 名古屋ブロック


地域防災力の向上を図る目的で2003年4月に設立。防災・減災活動…来たるべき災害に対して「自分の命は、自分で守る」を基本に防災・減災活動を行う。
 

 





◉名古屋大学防災サークル 轍


防災に関心のある学生が集まり、ボランティア活動や防災啓発活動をしている。







◉名古屋デザイナー学院


名古屋市・栄に位置するデザインの専門学校。ビジュアルデザイン学科の1年生が担当する。



 


 

●「防災まち歩きツアー」の募集
事前申込:https://blossa-bousai-10.peatix.com

 




【防災展示】
避難所生活の経験談や自宅で簡単にできる防災グッズの作り方の展示や、ハザードマップの配布などを行います。
様々な災害に見舞われるなかで環境改善が進んでもなお、急な環境変化が伴うことで困難なことも多い避難所生活。その実態を知ることで、防災意識を高めていきます。協力団体や公募により集める避難所生活の経験談と共に、あまり目にすることのない避難所の写真や、大災害前後のまちの変化がわかる写真も展示することで、改めて自然災害の恐ろしさ・危険性を伝えます。
名古屋市が発行している各地域のハザードマップや、自宅で簡単に作ることのできる防災グッズの作り方の展示では、自宅に持ち帰って確認ができるように配布も予定しています。家族で一緒に防災グッズを作ってみることで、防災について話す機会をつくってみませんか?
●避難所経験談の募集
実際に避難所での生活を経験された方から、経験や想いをご共有いただくことで、今後災害を迎えるであろう我々の防災意識を高めていければと思います。
投稿フォーム(https://forms.gle/DfRKvYyukuqXTZAa7


 

【栄・フードドライブプロジェクト】
フードドライブとはご家庭や地域内で余った食品を学校や職場、グループなどで集めてフードバンクや地域の福祉団体に寄付する活動です。
今回は、消費されずに眠っている地域内の防災備蓄品・家庭内で余っている食品を集め、生活困窮者支援・フードロス防止に貢献する事を目的として実施します。
本イベントで集まった食品は、主催者が代表して「セカンドハーベスト名古屋」へ寄付します。
フォームによる事前申し込みのほか、イベント当日のお持ち込みにも対応します。

 

●フードドライブの募集
募集期間:9月24日(金)〜10月9日(土)
詳細・申込方法:https://forms.gle/BCzBqDnnanhbv8MP8

 






【イベント内容詳細】
名  称:「Blossa 防災サバイバル体験」
開催日時:
2021年10月8日(金)15:00~18:00
「防災サバイバルワークショップPART1」15:00〜16:00
「防災サバイバルワークショップPART2」17:00〜18:00
「緊急停止エレベーター体験」
2021年10月9日(土)14:00~16:30
「防災まち歩きツアー」14:00~16:30(事前申込制・受付開始13:45)
※「防災展示」「栄・フードドライブプロジェクト」は両日開催
会場:アーバンネット名古屋ビル及び商業施設Blossa
会場アクセス:名古屋市営地下鉄桜通線・名城線 久屋大通駅(徒歩1分)
名古屋市営地下鉄東山線・名城線 栄駅(徒歩5分)
参加費:無料
主  催:NTT都市開発株式会社
企画運営:株式会社花咲爺さんズ
ワークショップPART2プロデュース:苔縄 義宗
協  力:愛知県被災者支援センター、あいち防災リーダー会 名古屋ブロック、 コケナワ、セカンドハーベスト名古屋、名古屋市東区地域力推進室、 名古屋市中区区政部総務課、名古屋市港防災センター、名古屋大学 防災サークル 轍、名古屋デザイナー学院、防災ママかきつばた

BlossaWEBサイト:https://www.blossa.jp/
公式Facebook:https://www.facebook.com/blossa.nagoya/
公式Twitter:@ Blossajp
公式Instagram:@ blossa_nagoya
公式LINE:@blossa

Blossa
名古屋の商業の中心となる栄エリアの北側に位置し、名古屋テレビ塔と久屋大通公園に面した、アーバンネット名古屋ビルと一体となった商業施設。ウェディング、美容、食物販、カフェなどの個性豊かな店舗が揃っており、サンクンガーデンは東海地区でも最大規模を誇る地下街「セントラルパーク」と直結しています。



【イベントに関するお問い合わせ・取材のご依頼先】
株式会社花咲爺さんズ
MAIL:blossa-bousai@h-g3z.com
担当:高橋 美玖、伊藤 美智子
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社花咲爺さんズ >
  3. 名古屋・栄で『Blossa防災サバイバル体験』を開催!体験型防災イベントで生存力をアップ!