アスリートの可能性を最大限に解き放つアイウェア、OAKLEY KATOを発表

2021年5月6日、オークリー は常識を破壊し続けてきた45年の経験をもとに開発された「Oakley® Kato(オークリー ケイトー)」を発表しました。
スポーツパフォーマンスの限界をさらに押し上げるという明確なビジョンのもとデザインされたオークリー  ケイトー。
フレームがなく、アイマスクのように顔の輪郭に沿い絶妙にフィットするレンズスタイルのこのアイウェアは、視野範囲が広くなり、掛ける全ての人の秘められたポテンシャルを最大限引き出します。
 

Major League Baseball trademarks and copyrights are used with permission of Major League Baseball. Visit MLB.com

 


今までにない、美しいデザインのアイウェアを生み出すためには、従来のアプローチを細部に至るまで大胆に見直す必要がありました。

型、使用する製造機械、レンズの接合方法まで、製造工程を一新することでイノベーションが生まれました。
開発の過程ではパトリック・マホームズ、マーク・キャヴェンディッシュ、ナイジェル・シルベスターやジョセフ・ニューガーデンなど世界トップレベルのチームオークリーのアスリートが試作段階のモデルを着用。

耐久性とパフォーマンスのテストを重ね、従来のアイウェアとは別次元のオークリー  ケイトーが誕生しました。

OAKLEY KATO PRIZM ROADOAKLEY KATO PRIZM ROAD

アスリートの意見を反映した最終デザインには、レンズの角度が上下3段階に調整可能な機能に加え、かつてないほど自然なフィット感を可能にする複数のノーズパッドが付属。丈夫でありながら軽量なO-Matter™(オーマター)フレームが採用され、テンプルを覆う形状に成形されたイヤーソックが一日中快適なかけ心地を実現します。

オークリー ケイトーには、色調やコントラストを強調することで、細部までくっきりとした視界を実現するプリズムレンズテクノロジーが採用されています。

オークリーのグローバルブランドディレクター、カイオ・アマート(Caio Amato)は「人間の可能性を最大限引き出すという大きなテーマを日々考え続けていました。オークリーの歴史の中で、常に人々の想像を超える製品を発表し、実際に多くのアイデアを形にしてきました。オークリー ケイトーには、これまでのアイウェアの定義を変えるデザイン、すなわちスポーツアイウェアの新時代を切り拓くための革新的なデザインが採用されています。」とコメントしています。

「今日はただ新製品を発表する日ではありません。今日という日は、すべての方にとって「不可能なことはない」ということ、「スーパーヒーローはアニメの中だけではなく、現実にも存在する」ということ、そして「これまで以上により良い自分を目指すことは不可能ではない」ということ証明する記念すべき日となります。」
 
オークリーは、1984年に発表したEyeshade(アイシェード)から、2000年シドニーで発表したOver The Top(オーバーザトップ)、2015年に発表したJawbreaker(ジョーブレーカー)まで、常に破壊的創造を続けてきました。

次の一歩となるは、オークリー ケイトー。アイウェアデザインの革命を実現するため、フォルム、フィット感、機能の限界をさらに押し上げるアイウェアが生まれました。
 

OAKLEY KATO PRIZM SAPPHIREOAKLEY KATO PRIZM SAPPHIRE

OAKLEY KATO PRIZM BLACKOAKLEY KATO PRIZM BLACK


すべて43,010円(税込価格)

お客様問い合わせ先:
ルックスオティカジャパン (オークリー) 0120-009-146


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オークリー >
  3. アスリートの可能性を最大限に解き放つアイウェア、OAKLEY KATOを発表