全ての足型にフィットするオーダーメイド3Dシューズをサブスクで提供する「crossDs japan」株式投資型クラウドファンディングを開始

~靴が足に合わないという悩みを”3D Tech“で解決!~

最新の3Dプリント技術を使い、短期間でオーダーメイドのパンプスや紳士靴、スニーカーを制作し、それらをサブスクリプションモデルで提供するサービス「AYAME」を展開するファッションベンチャー株式会社crossDs japan (東京都 代表取締役:諏訪部 梓)は株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」において、2021年1月17日(日)より募集による投資申込みの受付を開始することをお知らせします。

本案件は株主優待がございます。

 


【当社プロジェクトページ】
https://fundinno.com/projects/188
 
  • 当社プロジェクトとクラウドファンディング実施目的について
3Dテクノロジーを活用して生産コストを下げ、誰でもオーダーメイド靴を持てるようにする

株式会社crossDs japanは靴の「大量生産・大量消費・大量破棄」という課題に終止符を打つ施策として、パンプスをはじめとした様々な靴をオーダーメイドで作成し、サブスクリプションモデルで提供するサービスである婦人靴「AYAME」(あやめ https://www.hana-ayame.info/ )、紳士靴「菖蒲」(しょうぶ https://www.shoubu.info/ )などを運営しています。弊社は靴型を作る過程と仕上げる過程での素材の使用量を最低限にしたり、駆逐された害獣である蝦夷鹿の革を使用することで、環境に配慮したものづくりを目指しています。この度、BtoB、そして世界への展開を目指し、2021年1月9日より株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOにおいて、募集案内の事前開示を開始いたします。弊社は今回の資金調達により資本力の充実を図り、事業の成長に繋げます。募集期間は2021年1月17日~2021年1月19日、上限とする募集額は 25,000,000円(1口 10万、1人 5口まで)です。
 



crossDs japanの強みは、代表の諏訪部が学生時代にロボット工学を学び、ロボットコンテストで全国ベスト4に入ったなどの功績を有し、卒業後はITコンサルを経てオーダーメイドパンプスを作る会社に勤め、そこで3D技術とオーダーメイド靴を融合させ、より効率よく靴を作り上げる方法の開発に至っている点です。社内には革靴の製甲一筋65年の靴職人も在籍しており、測定から納品まで社内一貫で行える体制が構築できています。ご支援いただいた資金は、現在東京日本橋で行なっている対面での計測や販売内容をリモートで行える仕組みの構築をしていくことに活用し、さらなる企業の成長を目指します。
 

 

 


会社概要
・会社名:株式会社crossDs japan(クロスディーズ ジャパン)
・所在地:東京都中央区日本橋浜町2-9-1sbtビル402 AYAME
・代 表:諏訪部 梓 
・設 立:2019年12月
・事業内容:サブスク型オーダーメイドシューズの販売・運営
・URL    : 婦人靴 AYAME https://www.hana-ayame.info/
     紳士靴 菖蒲 https://www.shoubu.info/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社crossDs japan >
  3. 全ての足型にフィットするオーダーメイド3Dシューズをサブスクで提供する「crossDs japan」株式投資型クラウドファンディングを開始