Pix4D、日本オフィスを拡張

Pix4Dが、アジア太平洋(APAC)での事業強化のため新しい日本オフィスを発表します。

東京、日本、[2021年4月8日]:本日、フォトグラメトリー(SfM)業界のリーダーであるPix4Dは、アジア太平洋(APAC)市場での事業を強化するため、日本オフィスを拡張することを発表します。

 

Pix4Dは、APACでの存在価値を高め、2019年に設立された日本オフィスを事業拡大に順応するために渋谷神南に移転します。 Pix4Dは、各地域のフォトグラメトリーおよび画像分析ソリューションに関する分野での需要の高まりに応えるために、引き続き現地のパートナーと緊密に連携していきます。日本オフィスはPix4D上海オフィスとも密に協力し、中国だけでなく、東アジア、南アジア、東南アジアやオセアニアの他の国々にも最適なサービスを提供していきます。
 

測量と2D/3Dマッピング、点検、土木建設、農業、防災、公共安全などの業界の特定のニーズを満たすためにPix4Dの製品ポートフォリオが多様化するにつれ、組織がその規模を拡大するのは当然のことです。昨年、Pix4Dは、スタンドアロンのクラウドプラットフォームであるPix4Dcloud、大規模マッピングに特化したソフトウェアのPix4Dmatic、およびデジタルツインを作成することで点検作業を強力に支援するPix4DscanとPix4Dinspectを発表しました。Pix4Dの最新製品である3Dスキャンアプリ、Pix4Dcatchは、名門の東京農業大学にて既に研究に使用されています。

Pix4Dの創立者でありCEOのChristoph Strechaは「私たちは、世界最大級の経済圏におけるPix4Dの発展となるこの新しい挑戦が楽しみです。Pix4Dでは、10年以上にわたってさまざまな製品を開発し、次世代のフォトグラメトリーおよび分析ツールの開発に継続的に投資してきました。 APAC地域の既存の現地パートナーおよびクライアントとのコラボレーションを強化することで、新しいパートナーシップと相乗効果をもたらすことを期待しています。」と発言しています。

APACの地域マネージャーであるMatteo Gismondiは「東京の新しいオフィスと拡張されたチームで、今まで以上にお客様に寄り添い、日本とAPAC地域でさらに多くの企業やユーザーにPix4D製品やサービスを選んでもらえるような体制を築き上げていきたいと考えています。」と付け加えて発言しています。

Pix4Dについて
Pix4D (https://www.pix4d.com/jp) はドローン、手持ちカメラや飛行機により撮影された様々な画像を測量レベルの精度で正確にジオリファレンスされた2Dモザイク、3Dモデルおよび点群に変換する最先端のソフトウェアを開発しています。2011年に設立され、スイス・ローザンヌにある本社を始め、ベルリン、マドリード、デンバー、サンフランシスコ、上海および東京にオフィスを急速に展開しています。

Pix4Dは、ドローンマッピング業界をリードするフォトグラメトリー(SfM)ソフトウェアである Pix4Dmapper製品での知名度が最も高く、この他にも農業分野ではPix4Dfields、防災・公共安全分野ではPix4Dreact、オンラインドローンマッピング、進捗状況の把握、現場状況記録ではPix4Dcloud、自動の産業点検及び資産管理ではPix4Dinspect、大規模マッピングではPix4Dmatic、効率的な地形モデリングとベクトル化にはPix4Dsurveyをソフトウェアソリューションとして提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Pix4D株式会社 >
  3. Pix4D、日本オフィスを拡張