withコロナ時代に向けた健康経営プログラム実施について

~レジリエントな生活インフラ事業者になるために~

伊藤忠エネクスホームライフ東北株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役:内海達朗)は、2020年度下期実施項目として「健康経営の仕組み化と中長期を見据えた社員の健康意識の向上」を掲げ、具体的な「ホームライフ東北健康経営プログラム」を策定し、組織の活性化・生産性の向上を図るため、健康経営の推進に取り組んでまいります。
 



■ 背景
当社は、ライフラインを提供するインフラ事業者として、いかなる時代環境においても事業を継続する必要があります。お客様の安心・快適な暮らしを守るため、特にwithコロナの時代には、社員一人一人が心身ともに健康でいることが大切だと考えます。

また、当社は年齢が高いベテラン社員も活躍している企業です。社員へ健康投資をおこない、より長く働き続ける環境を構築し、組織の活性化・生産性の向上を目指します。

■ 取り組み内容

「ホームライフ東北健康経営プログラム」として下記施策を実施いたします。
 

 

健康経営体制 1.    産業医の設置
2.    衛生委員会の設置
健康診断 1.      健康診断結果・治療状況の把握
2.      二次検査時の費用補助
メンタルヘルス 1.      ストレスチェックの実施
2.      産業医によるメンタルヘルス相談
働き方改革 1.      長時間労働者への面接指導
2.      年次有給休暇の8割取得促進
3.      特別休暇の付与
生活習慣 1.     禁煙外来費用補助制度の促進
感染症予防 1.     インフルエンザ予防接種補助

 

■ 産業医ご紹介

合同会社メディカルロゼ 仙台かわすみ産業医事務所
川住幸子医師 (https://medicalrose.co.jp/greeting
対象項目:健康診断結果に基づく事後措置、長時間労働者への面接指導、メンタルヘルス相談、その他健康管理に関すること

■ 問い合わせ先
伊藤忠エネクスホームライフ東北株式会社(https://tohoku.enexhl.jp/hltservice/
管理部/菅原 TEL.(022)-369-3271
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 伊藤忠エネクスホームライフ東北株式会社 >
  3. withコロナ時代に向けた健康経営プログラム実施について