ケニアの小口融資HAKKI AFRICAが急成長のタクシードライバー向け自動車ファイナンスを開始

GPSと信用スコアリングシステムを活用しケニアでのシェアNo.1を実現へ

株式会社HAKKI AFRICA(本社:神奈川県鎌倉市/代表取締役:小林嶺司/以下「HAKKI AFRICA」または「当社」)は2020年10月より、従来の小規模事業者向けマイクロファイナンス事業において、物流・タクシー事業に従事する個人ドライバーに対象を拡大し、自動車購入を目的としたファイナンス商品の提供を開始しました。

 

HAKKI AFRICAはケニア・ナイロビで小規模事業者向けのマイクロファイナンス(小口融資)事業を行ってきました。この度、その対象を拡大し、アフリカ全土で急激に台数を伸ばしている物流・タクシーサービスに従事するドライバー向けに事業用自動車購入のファイナンスを提供開始しました。

 

  • 「払っても自分のものにならない」を解決
アフリカでタクシーサービスに従事する個人ドライバーの多くが自分の車を持っておらず、現地の富裕層から車をレンタルする形でドライバーとして収入を得ています。そのレンタル料は平均で週に7,000~10,000Ksh(1Ksh≒1円)ほどで、年に換算すると336,000~480,000Kshにもなります。
中古車1台を購入できるほどのレンタル料を毎年払っても、車を借り続ける限り、支払いに終わりはありません。日々のタクシー業の収入からレンタル料を払い続けるため、貯金ができず、自動車購入のローンの頭金を払うことができないため、与信審査にも通りません。しかし、車を借りなければタクシー業が継続できず収入源が断たれてしまうというジレンマに多くのドライバーが陥っています。
この社会課題に対して当社が提供するのは、Techを最大限に活用したソリューションです。

 

 

  • 低金利×与信不要
これまで自動車ディーラーや現地銀行が「信用情報がない、足りない」としてローン提供を避けてきた個人ドライバーに対してファイナンスを提供するにあたり、HAKKI AFRICAが活用するのが、タクシーサービスアプリの評価やサービス履歴、GPS追跡、ドライブレコーダーデータを活用した独自の信用スコアリングシステムです。
顧客をタクシーサービスアプリ(Uber, Boltなど)の高評価ドライバーに限定し、これまでのサービス履歴から支払い能力を信用スコアとして試算し、限度額を設定します。そのため、従来の銀行口座・クレジットカード履歴などを用いた与信審査は必要ありません。
また、当社はマイクロファイナンス事業の知見を活かし、Safaricom社のAPIを利用した自動記帳、自動審査を行うことで、周辺地域で最安金利を実現しました。​

 

車のキーを受け取り、笑顔の顧客。車のキーを受け取り、笑顔の顧客。

 


日本をはじめ先進国の自動車市場が、所有から利用への舵を切り、カーシェアやカーリースが存在感を強めている現在でも、アフリカでは自動車所有は重要な資産形成であり、人生最大の買い物です。
また、電車やバスなど公共交通機関が普及しきっていないことから、物流と人の移動の両面で、自動車の存在感は大きく、自動車が仕事を生み、自動車が収入を生むと言っても過言ではありません。
HAKKI AFRICAは、誠実に毎日働く個人ドライバーが、自分の車を持てる社会を実現します。

【株式会社HAKKI AFRICAについて】
社名:株式会社HAKKI AFRICA(ハッキアフリカ)
住所:神奈川県鎌倉市笛田5丁目45番28号
設立:2019年3月
代表取締役:小林嶺司
主な事業:アフリカにおける小規模事業者向けマイクロファイナンス事業・アセットファイナンス事業
URL:https://hakki-africa.com/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社HAKKI AFRICA >
  3. ケニアの小口融資HAKKI AFRICAが急成長のタクシードライバー向け自動車ファイナンスを開始