スイスの腕時計ブランドTUDORから2021年待望の新作が登場!4月8日(木)から全国一斉発売

独自の価値とともに洗練されたスタイルと、確かな信頼性を約束する機械式時計を提供するスイスの時計ブランド、チューダー(TUDOR)。チューダーの腕時計はその歴史において、最も果敢に活動する冒険家や熟練のプロフェッショナルたちに選ばれてきました。

2021年、『ブラックベイ クロノ(BLACK BAY CHRONO)』を筆頭に、シルバー925および18Kイエローゴールドのケースにオープンケースバッグを採用した『ブラックベイ フィフティ‐エイト 925 (BLACK BAY FIFTY-EIGHT 925)』と『ブラックベイ フィフティ-エイト 18K (BLACK BAY FIFTY-EIGHT 18K)』が新たなラインナップとして4月8日(木)から全国一斉発売します。
 

BLACK BAY CHRONOBLACK BAY CHRONO

BLACK BAY CHRONO
2020年に50周年を迎えたチューダーのクロノグラフ。その半世紀の歩みを経て、新たなブラックベイ クロノが誕生しました。スチールのケースと2つのダイアルのデザインはそのままに、サブカウンターとダイアルのコントラストが美しい本モデルは、チューダーが持つクロノグラフの歴史をまさに体現しています。

1970年に誕生した、ブランドとして初のクロノグラフであるチューダー オイスターデイト。それは堅牢性と機能性はもちろんのこと、ブライトカラーと野球の「ホームベース」に似た五角形のアワーマーカーによるユニークなデザインがあしらわれ、45分積算カウンター、6時位置に日付表示を備えていました。そしてオイスターデイトはモータースポーツ界ですぐさま人気を博しました。それ以降チューダーはモータースポーツと密な繋がりを持ち続けてきました。同様にチューダーのダイバーズウォッチも1954年から進化を続けています。その水陸両方の伝統がめぐり逢うことで生まれたモデルがブラックベイ クロノです。ダイアルとサブカウンターのコントラストが美しく、コラムホイールと垂直クラッチを備える高性能のマニュファクチュール キャリバーを搭載しています。

THE SPIRIT OF EARTH AND SEA
1969年以来チューダーのアイコンでもある「スノーフレーク」針を取り入れることでブラックベイの美学に忠実でありながら、本モデルはドーム型ダイアルとくぼみを持たせたカウンター、マットブラックとオパラインのコントラストにより高い視認性を実現しました。チューダーが作り出すクロノグラフの伝統に則り、45分の積算カウンターを搭載し、6時位置にカレンダーを配したデザイン。他のブラックベイコレクションと同じく、サファイア風防の下部に施した巧みなカットにより洗練が加えられた41㎜のスチール製ケースを採用し、ムーブメントはリポジションされています。 またスチール製のプッシャーは初期のチューダーのクロノグラフから着想を得たものです。スチール製の固定ベゼルにはブラックのアルマイト加工のインサートが施され、タキメーターが洗練されたクロノグラフとしてのスポーティな表情を演出しています。

JACQUARD-WOVEN STRAP, STEEL BRACELET OR CUFF
ファブリックストラップはブランドのアイコンであり、チューダーは2010年にいち早くそれを採用して以来、常に先駆者であり続けています。フランスのサン・テティエンヌで150年以上家族経営を続けるジュリアン・フォール社によって、19世紀製の織機を用いて生み出されるファブリックストラップは、耐久性と快適さを両立する唯一無二の存在です。2010年に初めてヘリテージ クロノのためにファブリックストラップを採用する前から続くパートナーシップは、類まれなるノウハウを生み出し、2020年で記念すべき10周年を迎えました。また、本モデルにおいては50、60年代のモデルに着想を得たリベットをあしらったスチール製ブレスレットも選択可能。リベットヘッドはリンクを止めるためのパーツでブレスレットの側面に見られるデザインであり、リンクは階段構造になっています。この2つの特徴はソリッドリンクとチューダーがもつ技術が掛け合わさることによって誕生しました。さらにもう一つの選択肢として、生成りのステッチを施しフォールディングクラスプを備えたブント付きエイジドレザーストラップも用意しています。それは1970年代から受け継がれるモータースポーツとの繋がりを真に表しています。

THE MANUFACTURE CHRONOGRAPH CALIBRE MT5813

マニュファクチュール キャリバーMT5813マニュファクチュール キャリバーMT5813

ブラックベイ クロノに搭載されたマニュファクチュール クロノグラフキャリバー MT5813は時針、分針、秒針とクロノグラフ機能、そして日付機能を備え、他のチューダーのマニュファクチュール キャリバー同様、特徴的な仕上げが施されています。一体鋳造のタングステン製ローターは透かしがあしらわれ、サンドブラスト加工が施されたサテン仕上げとなっています。ブリッジとメインプレートはサンドブラスト仕上げとポリッシュ仕上げで、レーザー加工によりデコレーションが施されました。

約70時間のパワーリザーブと、耐磁性シリコンバランススプリングを備えており、スイス公認クロノメーター認定を取得しているチューダーのマニュファクチュール キャリバー。その認定ではムーブメントの状態で日差が-4秒から+6秒を基準としていますが、チューダーはさらにその上、腕時計として組みあげられた状態で日差が-2秒から+4秒というより高い基準を達成しています。垂直クラッチとコラムホイールを搭載したMT5813においてもそれは同様であり、それは真に時計製造と向き合い続けてきた技術と伝統により実現したものです。そして品質におけるブランドの哲学を体現した高い堅牢性と信頼性は、全製品に対して行われる厳しいテストによって保証されています。

このムーブメントはブライトリングのマニュファクチュール キャリバーである「Breitling 01」をベースにチューダーの高い技術が組み合わさり、まさに2つのブランドの叡智が合わさることで誕生したものです。

THE ESSENCE OF BLACK BAY
他のブラックベイのモデルと同様、このブラックベイ クロノは1969年のカタログに登場したモデルにみられる「スノーフレーク」と呼ばれる時針のデザインを採用しています。伝統を感じさせる気配に現代的な機械式時計の要素が混ざり合い、ブラックベイは誕生しました。それは単なる「過去のモデルの復刻」ではありません。チューダーのダイバーズウォッチが持つその70年の歴史を具現化し、現代によみがえらせたのです。そのネオビンテージといえるコンセプトに、製造技術や信頼性、堅牢性、精度が加わり、今日における真の実用時計としての存在感を示しています。
 

BLACK BAY FIFTY-EIGHT 925BLACK BAY FIFTY-EIGHT 925

BLACK BAY FIFTY-EIGHT 18KBLACK BAY FIFTY-EIGHT 18K

BLACK BAY FIFTY-EIGHT 925 / BLACK BAY FIFTY-EIGHT 18K
ブラックベイ フィフティ‐エイトからは、チューダーのダイバーズウォッチとして初めて、ケースとオープンケースバックがシルバー925製の『ブラックベイ フィフティ-エイト 925』と、18Kイエローゴールドを採用したモデル『ブラックベイ フィフティ‐エイト 18K』が誕生。

チューダー初の200m防水を誇るダイバーズウォッチRef.7924、通称「ビッグクラウン」の発売年(1958年)にちなんで命名されたフィフティ-エイトに、今年新たに採用された素材名を冠した、ブラックベイ フィフティ-エイト 925とブラックベイ フィフティ-エイト 18K。歴史的な名作のRef.7924の美しさを継承する数あるモデルの中で、1950年代の特徴的なプロポーションを維持しつつ、39mmケースサイズを採用。スリムな手首にもフィットし、小ぶりな腕時計を好む人々はもちろん、ヴィンテージ愛好家たちも虜にするでしょう。チューダーのダイバーズウォッチとして初めて、シルバー925製と、18Kゴールド製のケースとオープンケースバックを採用したモデルです。

INCANDESCENT SILVER & MATT GOLD
『ブラックベイ フィフティ-エイト 925』は、独自の配合比率により、時を経ても美しさを保持する性質を持つ“インカンデセント シルバー”と呼ばれるシルバー合金が素材です。サテン仕上げでマットなその質感は腕元で独特な輝きを放ち、マニュファクチュール キャリバー MT5400を映し出すオープンケースバックが、ムーブメントの精密さを美しく際立たせています。シルバー925製ケースは、トープカラーのダイアルとベゼルインサートと組み合わさることで、より一層引き立てられています。

また1969年に初めて採用され現在へと受け継がれるチューダーのアイコンでもある「スノーフレーク」針を筆頭とするシルバーのディティールは、精緻を極めるダイアルデザインを完璧の域にまで高めています。

『ブラックベイ フィフティ‐エイト 18K』は、一般的なポリッシュ仕上げのイエローゴールドではなく、味わい深い印象のサテン仕上げを施すことにより、マットな質感を持たせた、18Kイエローゴールド製ケースとオープンケースバックを採用。マニュファクチュール キャリバー MT5400はオープンケースバックからその姿をのぞかせ、美学を物語ります。チューダーが変わらず持ち続ける実用時計としての堅牢性へのこだわりと、デザインへの美学、真にその二つを両立しています。

控え目なエレガンスを演出したマットなダイアルとベゼルは上品な“ゴールデングリーン”によって引き立った佇まいが完成し、加えて18K イエローゴールドをあしらった「スノーフレーク」針とアワーマーカーのコンビネーションは優雅さすら感じせます。そのカラーコンビネーションは今やチューダーの象徴のひとつともいえるファブリックストラップにも採用しています。

両モデルで採用されるファブリックストラップも同様にブランドのアイコンであり、チューダーは2010年にいち早くそれを採用して以来、常に先駆者であり続けています。フランスのサン・テティエンヌで150年以上家族経営を続けるジュリアン・フォール社によって、19世紀製の織機を用いて生み出されるファブリックストラップ。それは品質と快適さの両方を実現する唯一無二の存在です。2010年に初めてヘリテージ クロノのためにファブリックストラップを採用する前から続くパートナーシップは、類まれなるノウハウを生み出し、2020年で記念すべき10周年を迎えました。

THE MANUFACTURE CALIBRE MT5400

マニュファクチュール キャリバーMT5400マニュファクチュール キャリバーMT5400

『ブラックベイ フィフティ-エイト 925』と『ブラックベイ フィフティ-エイト 18K』に搭載されたマニュファクチュール  キャリバー MT5400は時針、分針、秒針を備え、他のチューダーのマニュファクチュール キャリバー同様、特徴的な仕上げが施されています。一体鋳造のタングステン製ローターは透かしがあしらわれ、サンドブラスト加工が施されたサテン仕上げとなっています。ブリッジとメインプレートはサンドブラスト仕上げとポリッシュ仕上げで レーザー加工によりデコレーションが施されました。


堅牢性、耐久性、信頼性そして精度を兼ね備えたこのムーブメントは、2ヶ所で固定されたトラバーシングブリッジによって維持される可変慣性テンプを有しています。また耐磁性シリコンバランススプリングを備えるほか、MT5400はスイス公認クロノメーター認定を取得しています。その認定ではムーブメントの状態で日差が-4秒から+6秒を基準としていますが、チューダーはさらにその上、腕時計として組みあげられた状態で日差が-2秒から+4秒というより高い基準を達成しています。

その他の特筆すべき特徴は約70時間のパワーリザーブ。それは金曜日の夜に腕時計を外し、月曜日の朝に身に着けたときに再びゼンマイを巻く必要がありません。

THE TUDOR DIVERS' WATCH
チューダーのダイバーズウォッチの歴史は1954年、Ref.7922の登場から始まりました。当時100m(330フィート)の防水性能を誇った同機は、チューダーのダイバーズウォッチの起源と言えます。堅牢性、信頼性、精度を備えた実用時計というチューダーにおいて一貫して続く哲学。Ref.7922の登場から約70年の間、チューダーのダイバーズウォッチはその哲学のもとで進化を続け、様々な分野のプロフェッショナルたちや、世界中の海軍から支持を得てきたのです。


これら3つの新作に加え、ブラックベイの美学をそのままに、ミニマルで高機能なブラックベイ 41/36/32 (BLACK BAY 41/36/32)に、新しいバリエーションとしてシルバーダイアルも加わりました。※発売日未定

【モデル詳細】
■BLACK BAY CHRONO (REFERENCE 79360N)

PRICE
ブラックベイ クロノ (スチール製リベットブレスレット):564,300円 (税込)
ブラックベイ クロノ (取り外し可能なブント付きレザーストラップ): 530,200円 (税込)
ブラックベイ クロノ (ファブリックストラップ):530,200円 (税込)

CASE:41mm スチール製ケース、ポリッシュ&サテン仕上げ
BEZEL:スチール製固定ベゼル、マットブラックのアルマイト加工ディスク、シルバーのマーキング付きタキメーター
WINDING CROWN:スチール製スクリュー式リューズ/チューダーローズのレリーフ、スチール製スクリュー式プッシャー(2時&4時位置)
DIAL:ブラック (シルバーカラーのカウンター)もしくはオパライン (ブラックのカウンター)、ドーム型日付表示(6時位置)
CRYSTAL:ドーム型サファイアクリスタル
WATERPROOFNESS:200 m (660 フィート)
BRACELET:スチール製リベットブレスレット、ポリッシュ&サテン仕上げまたは取り外し可能なブント付きレザーストラップ、フォールディングクラスプ&セーフティキャッチまたはファブリックストラップ&バックル
MOVEMENT:マニュファクチュール キャリバーMT5813 (COSC)、両方向回転ローター搭載の機械式自動巻ムーブメント
POWER RESERVE:約70時間
PRECISION:COSCによるスイス公認クロノメーター認定
FUNCTIONS:時針、分針、クロノグラフの秒針、クロノグラフの45分積算カウンター(3時位置)、スモールセコンド(9時位置)、瞬時に変わる日付表示(6時位置)、秒停止機能による正確な時刻設定
OSCILLATOR : スクリュー調整式可変慣性テンプ、耐磁性シリコンバランススプリング、振動回数: 28,800/ 時(4HZ)
TOTAL DIAMETER:30.4 mm
THICKNESS:7.23 mm
JEWELS:41 石

■BLACK BAY FIFTY-EIGHT 925 (REFERENCE 79010SG)

PRICE
ブラックベイ フィフティ‐エイト 925 (ブラウングレインレザー):467,500円 (税込)
ブラックベイ フィフティ‐エイト 925 (トープカラーファブリックストラップ):467,500円 (税込)

CASE:39mm シルバー925製ケース、サテン仕上げ、サファイアクリスタルのオープンケースバック
BEZEL:シルバー925製逆回転防止ベゼル、60分目盛り付きマットトープカラーのアルマイト加工ディスク、シルバーメッキのマーカーと数字
WINDING CROWN:シルバー925製スクリュー式リューズ、チューダーローズのレリーフシルバー925製リューズチューブ、サテン仕上げ
DIAL:トープカラー、ドーム型
CRYSTAL:ドーム型サファイアクリスタル
WATERPROOFNESS:200m(660フィート)
BRACELET:ブラウングレインレザーまたはトープカラーファブリックストラップ/シルバー925製バンド&バックル
MOVEMENT:マニュファクチュール キャリバー MT5400、両方向回転ローター搭載の機械式自動巻ムーブメント
PRECISION:COSCによるスイス公認クロノメーター認定
POWER RESERVE:約70時間
FUNCTIONS:時針、分針、秒針、秒停止機能による正確な時刻設定
OSCILLATOR:スクリュー調整式可変慣性テンプ、耐磁性シリコンバランススプリング、振動回数: 28,800/ 時(4HZ)
TOTAL DIAMETER:30.3 mm
THICKNESS:5 mm
JEWELS:27石

■BLACK BAY FIFTY-EIGHT 18K (REFERENCE 79018V)

PRICE
ブラックベイ フィフティ‐エイト 18K(ダークブラウンアリゲーターストラップ) :1,823,800(税込)
※グリーンファブリックストラップ/ゴールドカラーバンドも付属

CASE:39mm 18Kイエローゴールド製ケース、サテン仕上げ、サファイアクリスタルのオープンケースバック
BEZEL:18Kイエローゴールド製逆回転防止ベゼル、60分目盛り付きマットグリーンのアルマイト加工ディスク、ゴールド箔をのせたマーカーと数字
WINDING CROWN:18Kイエローゴールド製スクリュー式リューズ、チューダーローズのレリーフ、18Kイエローゴールド製リューズチューブ、サテン仕上げ
DIAL:グリーン、ドーム型
CRYSTAL:ドーム型サファイアクリスタル
WATERPROOFNESS:200m(660フィート)
BRACELET:ドーム型ダークブラウンアリゲーターストラップ、18Kイエローゴールドバックル、グリーンファブリックストラップ/ゴールドカラーバンド &18Kイエローゴールドバックルが付属
MOVEMENT:マニュファクチュール キャリバー MT5400、両方向回転ローター搭載の機械式自動巻ムーブメント
PRECISION:COSCによるスイス公認クロノメーター認定
POWER RESERVE:約70時間
FUNCTIONS:時針、分針、秒針、秒停止機能による正確な時刻設定
OSCILLATOR:スクリュー調整式可変慣性テンプ、耐磁性シリコンバランススプリング、振動回数: 28,800/ 時(4HZ)
TOTAL DIAMETER:30.3 mm
THICKNESS:5 mm
JEWELS:27 石

ABOUT TUDOR
チューダーは独自の価値とともに洗練されたスタイルと、確かな信頼性を約束する機械式時計を提供するスイスの時計ブランドです。チューダーの起源は1926年にまで遡り、この年ロレックスの創立者ハンス・ウイルスドルフの代理で、スイスの腕時計メーカーが「チューダー(The Tudor)」を初めて登録。その後、1946年ハンス・ウイルスドルフは、ロレックスの品質と信頼性を有し、先駆性を備えた腕時計を製造するために、モントル チューダー SAを設立、自身の名義で再登録しました。チューダーの腕時計はその歴史において、最も果敢に活動する冒険家や熟練のプロフェッショナルたちに選ばれてきました。ブラックベイ、ぺラゴス、ヘリテージ、ノースフラッグといった象徴的なモデルをラインナップし、2015年以来、多様な機能を搭載した機械式マニュファクチュールムーブメントモデルを世に送り出しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本ロレックス株式会社 TUDOR >
  3. スイスの腕時計ブランドTUDORから2021年待望の新作が登場!4月8日(木)から全国一斉発売