Cloudflare、グローバルエッジネットワークへのAI導入のためNVIDIAと提携

セキュリティ、パフォーマンス、信頼性を備えたより高度なインターネットの構築を支援するCloudflare(クラウドフレア)は、AIを大規模にエッジへ導入するため、NVIDIA社との提携を発表しました。

 

 

CloudflareCloudflare

 

今日のアプリケーションでは、Webページ上のテキストの翻訳から画像内のオブジェクト認識まで、さまざまなタスクにAIが使用されており、機械学習モデルはアプリケーション開発の重要な役割を担っています。ユーザーは、こうした機能に対して、高速性や高い信頼性を期待し、開発者は独自の機械学習モデルの信頼性と安全性を維持したいと考えています。そこで、Cloudflareは両者のニーズをシームレスに解決します。


NVIDIAは、自然言語処理のためのJarvis、ヘルスケアおよびライフサイエンス向けのClara、サイバーセキュリティ向けのMorpheusなど、AIを搭載した幅広いアプリケーションフレームワークを開発者に提供しています。NVIDIAのアクセラレーティッドコンピューティング技術とCloudflareのエッジネットワークを組み合わせることで、大規模なプラットフォームを構築することが可能となり、開発者は事前にトレーニングやカスタマイズした機械学習モデルを使用したアプリケーションを数秒で展開できるようになります。また、TensorFlowプラットフォームを活用することで、開発者は使い慣れたツールを使用して機械学習モデルを構築・テストし、Cloudflareのエッジネットワークにグローバルに展開することができます。

Cloudflare共同創設者兼最高経営責任者(CEO)であるマシュー・プリンス(Matthew Prince)は、「Cloudflare Workersは、そのDNAにセキュリティが組み込まれた、最速かつ最も広く採用されているエッジコンピューティング製品のひとつです。今回、NVIDIAとの提携によって、強力な人工知能ツールを開発者に提供し、未来を切り開くためのアプリケーションを構築できるよう支援します」と述べています。

従来の機械学習モデルは、高価な集中型サーバーに配置されたり、世界各地にある「地域限定の」クラウドサービスを利用していました。CloudflareとNVIDIAが協力することで、世界中のオンライン人口の数ミリ秒圏内に機械学習を導入することができ、誰もが高性能かつ低遅延のAIを導入することが可能になります。また、機械学習モデル自体はCloudflareのデータセンターに存在するため、開発者は、第三者に盗難されるリスクを抱えてエンドユーザーデバイスにカスタムモデルを配置するリスクから解放されます。

NVIDIAのネットワーキング担当シニアバイスプレジデントであるKevin Deierling氏は、「企業のデータドリブン化が進むにつれ、AI技術の需要は増大します。NVIDIA は、開発者にAIフレームワークを提供し、ロボット工学やヘルスケア、スマートシティ、さらには、最近発表されたMorpheusによるサイバーセキュリティまで、あらゆるアプリケーションをサポートして参ります」と述べています。

Cloudflareの社内では、ビジネスインテリジェンス、ボット検出、異状識別などのさまざまなニーズに対して、機械学習を活用しています。CloudflareはNVIDIAのアクセラレーティッドコンピューティング技術を使用してトレーニングや推論タスクを高速化し、Cloudflare Workersを使用するすべての開発者に同様の技術を提供します。

本リリースに関する詳細に関しては、以下のリソースをご覧ください。

Bringing AI to the edge with NVIDIA GPUs blog
https://blog.cloudflare.com/workers-ai/

Cloudflare Workers
https://workers.cloudflare.com/


Cloudflareについて
Cloudflare, Inc.( https://www.cloudflare.com/ja-jp/ / @cloudflare)の使命は、より良いインターネットの構築をサポートすることです。Cloudflareのプラットフォームは、ハードウェアやソフトウェアの追加、コードの変更を行うことなく、あらゆるインターネットアプリケーションを保護、高速化します。Cloudflareにより、インターネットプロパティの全てのトラフィックがインテリジェントなグローバルネットワークを経由してルーティングされ、リクエストを受け取るたびにスマートになります。その結果、パフォーマンスが大幅に向上し、スパムその他の攻撃が減少します。Cloudflareは「アントレプレナー」誌のTop Company Cultures 2018、「Fast Company」誌の2019年版World’s Most Innovative Companiesに選出されました。カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置き、テキサス州オースティン、イリノイ州シャンペーン、ワシントン州シアトル、ニューヨーク州ニューヨーク、カリフォルニア州サンノゼ、ワシントンDC、リスボン、ロンドン、ミュンヘン、北京、シンガポール、シドニー、東京に拠点を構えています。


将来予想に関する記述 
本プレスリリースには、将来予想に関する記述(1933年米国証券法第27A条または1934年米国証券取引所法21E条(いずれもその後の改正を含む)に該当する)があり、重大なリスクおよび不確定要因を含んでいます。将来予想に関する記述は、「可能性があります」、「つもりです」、「はずです」、「見込まれます」、「可能性を探ります」、「する予定です」、「予想します」、「かもしれません」、「思っています」、「目標とします」、「見積ります」、「考えます」、「推測します」、「予測します」、「潜在的」、「引き続き」、またはその否定表現もしくはそのほかの同様の用語、あるいは期待、戦略、計画、または意向に関する表現により識別することができます。しかし、すべての将来予想に関する記述にこうした語句が含まれているわけではありません。本プレスリリースにて明示または黙示されている将来予想に関する記述には、次を含みますが、これらに限定されません。NVIDIAに関する当社の計画および目標、NVIDIA、Cloudflare Workers並びに当社の他の製品を使用することで得られる顧客のメリット、Cloudflare Workers、並びに当社製品および技術の期待される機能およびパフォーマンス、当社の技術開発、将来の事業活動、成長、イニシアチブ、戦略、および当社のCEOなどのコメント。2021年2月25日に米国証券取引委員会(SEC)に提出されたフォーム10-Kに関する年次報告書およびSECに随時提出するほかの文書に含まれる(ただしこれらに限定されない)様々なリスク要因により、当社の実際の結果が、将来予想に関する記述にて明示または黙示した結果と大きく異なる可能性があります。
本プレスリリースに含まれる将来予想に関する記述は、記述がされている日付においての事象についてのみ言及しているものです。当社は、法律によって義務付けられている場合を除き、本プレスリリースの日付以降の事象や状況を反映するために、あるいは新しい情報や予期しない事象の発生を反映するために、将来予想に関する記述を更新する義務を負いません。当社は、将来予想に関する記述に提示されている計画、意図、または期待を実際に達成できない場合があります。当社の将来予想に関する記述には、過剰に依存すべきではありません。
© 2021 Cloudflare, Inc. All rights reserved. Cloudflare、Cloudflareのロゴ、Cloudflare Workers、および関連するマークは、米国およびその他の国および地域で登録されているCloudflare, Inc.の商標です。NVIDIAおよびNVIDIAのロゴは、米国およびその他の法域におけるNVIDIA Corporationの商標および/または登録商標です。TensorFlow、TensorFlowロゴ、および関連するマークはGoogle LLCの商標です。本書に記載されているその他の商標および名称は、各社の商標である可能性があります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Cloudflare >
  3. Cloudflare、グローバルエッジネットワークへのAI導入のためNVIDIAと提携