ユビ電と東光高岳、充電認証課金コントローラー「WeCharge HUB」を協業開発、WeCharge電気自動車充電サービスと連携し充電管理、充電課題を解決

ユビ電株式会社(以下、ユビ電)と​株式会社東光高岳(以下、東光高岳)は、電気自動車の充電サービスの構築を担うコントローラ「WeCharge HUB(ウィーチャージハブ)」を協業開発し、2021年6月より販売を開始します。本製品とEV充電設備を接続し、WeCharge電気自動車充電サービスと連携することによって、充電管理を遠隔で制御し、充電の認証課金を実現しました。
WeCharge HUBは、多種多様なエネルギー計測機能を実装したネットワーク型のコントローラである東光高岳製「エコ.Web5®」に専用設定を行い、ユビ電のWeCharge電気自動車充電サービスとクラウド連携したIoT型の充電認証課金コントローラとなります。WeCharge HUBは、遠隔スイッチや各種センサー等が連携動作することで、EV充電設備を設置した駐車場において多様な充電管理、充電課金の課題を解決することが可能となります。
 

WeCharge HUBによるWeCharge電気自動車充電サービスのイメージWeCharge HUBによるWeCharge電気自動車充電サービスのイメージ


WeCharge電気自動車充電サービスの特長は、以下の通りとなります。
  • 充電設備においてWeCharge HUB一つあたり最大8個のEVコンセント(EV充電器含む)の遠隔制御、充電管理、課金運用が可能です。
  • 充電場所でEV充電に使用可能な電力量を考慮し、同時充電可能台数を制御します。多数のEV充電コンセント(主に200V)設置時も、施設に過度な負担をかけない柔軟な設定が可能です。
  • スマートフォン(WeChargeアプリ)でQRコードを読み込むことで充電が開始されます。EVコンセント(主に200V)を通電しない状態にし、認証時のみ通電可能な設定にすることができます。
  • 充電時に認証し、コンセントや充電器を「使った人が使った充電料金を負担」する受益者負担が簡単に実現します。
  • これにより、今まで「おうち充電」したかったマンション居住者も充電可能となり、且つ課金システムもシンプルなためマンション管理組合様などへの負担もありません。

今後も、ユビ電と東光高岳は、充電インフラ関連事業の拡大を通じて、電気自動車の普及を促進し、カーボンニュートラルの実現に向けた社会課題の解決に貢献して参ります。



*「ユビ電」と「WeCharge」は、ユビ電株式会社の登録商標です。
*「エコWeb.5®」は、株式会社東光高岳の登録商標です。
* その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ユビ電株式会社 >
  3. ユビ電と東光高岳、充電認証課金コントローラー「WeCharge HUB」を協業開発、WeCharge電気自動車充電サービスと連携し充電管理、充電課題を解決