自宅ではマスクをしていない人が約8割 大切な家族を守るための新習慣“おうちdeマスク”

自宅専用『おうちマスク』発売中

休養時専用の「リカバリーウェア」を開発、製造、販売する株式会社ベネクス(所在地:神奈川県厚木市、代表取締役:中村 太一、以下、当社)は、身に着けるだけで質の高い“休養”をサポートする「リカバリーウェア」の生地を使用した自宅専用の「おうちマスク」を発売しています。新型コロナウイルスの新規感染が拡大し、感染防止対策として自宅でもマスクをして過ごすことが奨励されている今、自宅でのマスク使用について実施した調査結果を発表します。
  • 自宅でのマスク使用に関する調査 主な結果
■自宅でマスクをしていない人、約8割。
■「自宅でマスクをしない」理由は、1位「面倒だから」、2位「息苦しいから」、3位「家族間での感染は仕方ないと諦めているから」
■自宅でマスクをしている人の半数以上は、外で使用しているものと同型のマスクを使用。
 
  • 自宅でマスクをするのが面倒で息苦しい理由
全国330名の子どもがいる既婚者に対する調査によると、約8割の人が「自宅でマスクをしていない」と回答。
自宅でマスクをしていないと回答した261人に聞いた「自宅でマスクをしない理由」は、1位「面倒だから」、2位「息苦しいから」、3位「家族間での感染は仕方ないと諦めているから」というものでした。
また、自宅でマスクをしている人(64名)に「自宅ではどんなマスクをしているか」聞いたところ、半数以上の人が「外出時と同型」のマスクをしていることがわかりました。


多くの人は自宅に帰ったら外出着から部屋着に着替えます。とくにコロナ禍ではウイルスを家の中に持ち込まないように外で着たものを家では着替える人は多いはずです。

部屋着に着替えることで解放感を味わったり、リラックスするのに、マスクだけは外出時と同型のマスクのため、窮屈感や息苦しさを感じることもあるのではないでしょうか。

 
  • 新習慣“おうちdeマスク”のための自宅専用『おうちマスク』

2020年12月21日(月)には、東京、神奈川、埼玉、千葉の知事が共同で、年末年始の感染防止対策のひとつとして、自宅でのマスク着用を呼びかけています。
「息苦しい」と感じるマスクを自宅で快適に使えるマスクにできないかと、当社は独自開発した特殊繊維「PHT(Platinum Harmonized Technology)※」を使用した『おうちマスク』をつくりました。繊維1本1本にナノプラチナなどの鉱物を練りこんだ「PHT」繊維を使用した、身に着けるだけで質の高い“休養”をサポートする「リカバリーウェア」と同素材を使用したマスクは、口の周りを優しく包み込み、自宅でもストレスなく使えるマスクを目指しています。リラックスしておうち時間を快適に過ごすための自宅専用マスクです。大切な家族を守るために窮屈な思いをする必要はありません。

※「PHT(Platinum Harmonized Technology)」は、当社独自の先端テクノロジーを駆使し、ナノプラチナなどの鉱物を繊維1本1本に練りこんで開発した特殊繊維(ポリエステル)です。「PHT」を使用し、「人間が本来持っている自己回復力を最大限に発揮させること」を目的につくられた「リカバリーウェア」は、休養時の体を優しく包み込み、心身の“休養”をサポートします。

【商品概要】
商品名:   おうちマスク
価格:    1,500円(税別)
カラー: ネイビー、ブルー、ミント
サイズ: One-Size(W: 22cm x H: 14cm)
特設URL: https://www.venex-j.co.jp/campaign/2020-mask.html
特徴:     繊維1本1本にナノプラチナなどの鉱物を練りこんだ、独自に開発した特殊繊維「PHT(Platunum
Harmonized Technology)」を使った生地は、呼吸しやすい高通気機能と吸放湿、吸水速乾性に優れ、快適
で環境に優しい繰り返し洗って使えるマスクです。
※マスクは感染(侵入)を完全に防ぐものではありません。お肌に合わない場合や気分が悪くなった場合は使用を中止してください。

販売店舗: 小田急ハルクベネクスショップ、髙島屋新宿店ベネクスショップ、池袋西武本店ベネクスショップ、東武百貨店池袋店ベネクスショップ、伊勢丹新宿店ベネクスショップ、髙島屋横浜店ベネクスショップ、阪急うめだ本店ベネクスショップ、あべのハルカス近鉄本店ベネクスショップ、博多阪急ベネクスショップ
オンラインストア:ベネクス公式オンラインストアのみ、3枚セット(各色1枚):4,500円(税別)での販売となります。
 

ネイビーネイビー

ブルーブルー

ミントミント


★神奈川県の取り組みで、手軽にできる「未病の改善」の方法を生活習慣に取り入れたライフスタイル「ME-BYO STYLE(未病スタイル)」とコラボレーションした『おうちマスク 神奈川県×VENEX』も数量限定で販売しています。

販売店舗:髙島屋横浜店ベネクスショップ、そごう横浜店 5階=中央エスカレーター横 特設会場 MASK!MASK!MASK!、ベネクス公式オンラインストア(1枚から販売)
商品問い合わせ先: ベネクスカスタマーサービス 046-200-9288


【調査概要】
・調査方法 インターネット調査
・調査対象 全国20代以上の既婚者(こども有)男女330名(男女比 5:5)
・調査時期 2020年10月28日(水)~10月30日(金)
【主な結果】
・自宅でマスクをしていますか?(n=330)「していない」:79.1% 「ときどきしている」:13.0% 「している」:7.9%
・自宅ではどんなマスクをしていますか?(n=69)「外で使用しているのと同型のマスク」:55.1% 「家専用マスク」:18.8%
「決まっていない」:18.8% 「わからない」:2.9% 「その他」:4.3%


【ベネクスについて】
健康のための3大要素「運動」「栄養」「休養」の中で、パフォーマンスを向上させるために必要な「休養」に着目。休養時専用の「リカバリーウェア」の開発、製造、販売を行っています。創業は「床ずれ予防マットレス」を開発、販売する介護用品メーカーとしてスタート。現在は、ケアという発想に基づいたリカバリーに関わる商品開発を行っています。
「人間が本来持っている自己回復力を最大限に発揮させること」をコンセプトに、東海大学、神奈川県、当社との産学公連携事業により誕生した「リカバリーウェア」は、エビデンス(科学的根拠)の取得や安全性を重視した開発を行い、「休養時専用ウェア」として2009年1月の発売以降、疲労回復や安眠を目的として日本代表選手らスポーツ関係者はじめ多くの方に愛用されています。2013年には、ドイツで行われた世界最大のスポーツ用品見本市「ISPO」で日本企業初の金賞を受賞。
現在は、豊富な商品展開を行い、全国の主要百貨店やオンラインショップで販売。これまでにシリーズ累計115万着(2020年8月末現在)の販売実績を記録するヒット商品となっています。
また、2018年9月には、「休養時専用ウェア」として、県民の未病改善の促進及び未病産業の市場拡大に向け、未病の見える化や未病の改善に貢献できる信頼性のある優れた商品・サービスを認定する神奈川県の「ME-BYO BRAND(未病ブランド)」に認定されました。


■「リカバリーウェア」を支える2つのメカニズム

1. 特殊繊維「PHT(Platinum Harmonized Technology)」
当社独自の先端テクノロジーを駆使し、ナノプラチナなどの鉱物を繊維1本1本に練りこんで開発した特殊繊維「PHT」。この「PHT」を使用して作った「リカバリーウェア」は、休養時の体を優しく包み込み、体力が回復しやすい環境を整え、心身の“休養”をサポートします。

2. 休養時の着心地のよさを追求した仕様とデザイン
体を締め付けないノンコンプレッションデザインでゆったりとした着心地を実現。素材や縫製、カッティングにもこだわり、睡眠中、家でのリラックス時やスポーツ直後、移動中など、あらゆる休養シーンにおいて、ゆったりとした着心地で体に余計なストレスを感じさせない心地よさを追及しています。

【株式会社ベネクス 概要】
法人名:           株式会社ベネクス
代表:              代表取締役 中村 太一
所在地:           〒243-0018 神奈川県厚木市中町4-4-13 浅岡ビル4階
電話:              046-200-9288
設立:              2005年9月30日
事業内容:        休養・睡眠時専用「リカバリーウェア」の製造、販売
ホームページ:      https://www.venex-j.co.jp/

<本リリースに関するお問合せ>
株式会社ベネクス 広報事務局
担当:小野(携帯090-4948-0868)/柴山(携帯070-1389-0172)
TEL:03-5411-0066 FAX:03-3401-7788
e-mail:pr@netamoto.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ベネクス >
  3. 自宅ではマスクをしていない人が約8割 大切な家族を守るための新習慣“おうちdeマスク”