東大発ベンチャーmediLabが誰でも簡単にレセコン入力のできるデザインと機能を両立した「mediLabAI Ver3.0」をリリース

 株式会社mediLab (東京都新宿区、代表取締役社⻑CEO:松⽥ 悠希、以下 mediLab)は薬局向け処方箋AI-OCRサービス「medilabAI」において、更なる操作性向上を目的として新たなUIをリリースしました。
 本アップデートにより、これまで以上に直観的な操作、データの編集が可能となり、ユーザー様により洗練された体験をご提供いたします。
mediLabAIは「スキャン」→「QRコード読み取り」→「レセコンでの結果確認」の3ステップのみで処方箋入力を実現するシステムです。業務の負荷を軽減することで、待ち時間を短時間化、事務員育成を容易化します。
 
mediLabAIは、これまでも多くの導入調剤薬局様からその操作のシンプルさについてご好評の声を頂いていました。この度、その強みをさらに生かすべくより直感的なレイアウトへ操作画面をリニューアルすると同時に、レセコンとの連携性をさらに向上させる機能を追加いたしました。

 
「medilabAI Ver3.0 できるようになったこと」

<直観的なレイアウト>
処方箋に沿ったレイアウトを採用することにより、初めてご利用される方にも直観的な把握を可能にしました。また、処方箋画像のサイズを拡大したことにより、読み取り結果と処方箋の比較が容易になっております。加えてデザインを洗練させ、一度ご利用されたユーザー様がもう一度利用したくなるような完成度を実現いたしました。

 

 

 

 

 

 


<レセコンとの連携向上>
医薬品名称、医療機関名、生年月日などの項目をタブレット画面からワンタッチで編集できるようになりました。

一般名処方を確定する必要がある場合や、AI学習初期で読み取りがずれた際、以前はレセコン側の操作を必要としていましたが、本UIからはmediLabAI側で読み取りから編集まで一元的に行うことが可能です。編集した内容はAIが学習し、自動変換も実施致します。
 

 

 

<スマホ対応>
以前よりご要望の多かった、スマホ表示にも対応いたしました。

これにより、さらにお気軽にmediLabAIの機能を体験いただけます。
 

 



<その他の機能改善>
AIの読み取り精度、処理速度が向上いたしました。

UIデザインの改善と合わせ、ユーザー様の待ち時間、負担が少ない顧客体験を実現いたしました。
 

「medilabAI Ver3.0 が実現する顧客体験」
薬局向けシステムは複雑な医療制度を反映し、操作画面や操作性が複雑となりがちです。しかし、調剤薬局様のニーズに特化したmediLabは、これまでにmediLabAIをご利用いただいたユーザー様のフィードバックを蓄積し続けております。その強みを生かし、経験や年齢にかかわらず簡単に操作できるデザイン性と、最新技術のレセコン連携を両立することに成功しております。

デザインと機能だけでなく、mediLabの特徴である手軽なサブスクリプションシステム、充実したアフターサポートと合わせ、mediLabAI Ver3.0では導入障壁を飛躍的に低減しております。どのような人材であっても特別な訓練なく操作可能であり、人材を雇用、育成するコストの削減に貢献いたします。また、操作が簡単になったことで、作業時間を節約し、高齢化社会において一層必要となる患者様に寄り添う時間の確保をサポートいたします。


「今後のmediLabAI」
mediLabAIはクラウド基盤を活⽤することにより、サービスの改善スピードを⾼速化しております。これにより、薬局の皆さまのお声を頂いてから数⽇単位でのサービス改善や、医療機関・医薬品マスタ情報更新の即⽇反映が可能となります。この特徴を最大限活用し、これからもユーザー様のお声を反映した利便性向上を実現してまいります。ご興味をお持ちいただいた薬局関係様は、ぜひお気軽にお声がけいただければ幸いです。



※mediLab AIの詳細はこちら:
https://medilab.co.jp/medilabai/

<本件に関する問い合わせ先>
株式会社mediLab
問い合わせフォーム: https://medilab.co.jp/contact/
メール: medilab.team@gmail.com

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社mediLab >
  3. 東大発ベンチャーmediLabが誰でも簡単にレセコン入力のできるデザインと機能を両立した「mediLabAI Ver3.0」をリリース