遊びをテーマに豊かなライフスタイルをご提案する FIELDSTYLE works が手掛ける防災プロジェクト「SAFE LIFE PROJECT JAPAN -学ぶ防災・備える防災-」が開催

2021年11月20日(土)〜21日(日) AICHI SKY EXPO 愛知県国際展示場(FIELDSTYLE JAMBOREE 内)

近年、災害大国日本では地震、台風、集中豪雨、火災といった様々な災害が発生する中で、防災に対する国民の意識は年々高まって来ています。自身や家族、地域を守る必要性と各活動が活発になり多くの場面で防災について接する機会も増えています。

©FIELDSTYLE works©FIELDSTYLE works

私たちSLPJ(SAFE LIFE PROJECT JAPAN/代表 小池知宏、愛知県豊田市 ㈱エムズカンパニー)はその中でもいかに日常の生活に防災を落とし込む事がもっとも重要であると考えており、自助・共助のノウハウを遊びや暮らしを通じて得る事ができ、“学ぶ・備える”を啓発・体感できるような活動を進めています。

■防災に関するノウハウ(災害時の対応)の多くはアウトドアでの遊びや日常の暮らしの中で学び、備える事ができます。
多くの防災活動の中に“いざ”といった時の備え、備蓄倉庫や備蓄品を各家庭でも備えていると思います。ただし、有事(いざ)はいつどこに来るか誰にもわかりません。各家庭、各企業、各自治体、各地域でせっかく準備しても、準備する事で安心感は高まりますが、備えた道具の実際の使い方がわからない、備蓄した食料品の賞味期限が切れている、そもそもどこにしまったのか忘れるなど、運用(使い方)にまで落とし込んでいる備蓄はまだまだ多くはない状況かと思います。
また、一部の関心の高い層だけで備蓄しているだけでなく、SLPJではその備えをいかに日常に落とし込み、多くの方に広められるかを活動のテーマにしています。便利になりすぎている現代社会での生活の中で、不便を楽しむことで、気付き、防災の技術を学び習得します。

■開催内容
ポータブルバッテリー主要メーカー各社の出展、防災関連商品の展示・販売、消防車など緊急車両の展示、起震車体験、火起こし体験や紙食器づくりなどの防災に関するワークショップ、PHEV車両を使った防災・アウトドア給電のデモンストレーションなど、大人から子供まで楽しみながら防災を学ぶことができる催しとなっております。

©FIELDSTYLE works©FIELDSTYLE works

©FIELDSTYLE works©FIELDSTYLE works


■開催概要
名称:SAFE LIFE PROJECT JAPAN -学ぶ防災・備える防災-
会場:AICHI SKY EXPO 愛知県国際展示場 FIELDSTYLE JAMBOREE 2021 内

   愛知県常滑市セントレア5丁目10番1号
会期:2021年11月20日(土)9:00~19:00・21日(日)9:00~18:00
入場料:前売券のみ 大人1,500円(税込)・12歳以下300円(税込)
主催:セーフライフプロジェクトジャパン/FIELDSTYLE実行委員会
協力:トヨタ自動車株式会社、中日新聞社、愛知県、常滑市消防本部 消防課
 

©FIELDSTYLE works©FIELDSTYLE works

 

©FIELDSTYLE works©FIELDSTYLE works

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エムズカンパニー >
  3. 遊びをテーマに豊かなライフスタイルをご提案する FIELDSTYLE works が手掛ける防災プロジェクト「SAFE LIFE PROJECT JAPAN -学ぶ防災・備える防災-」が開催