新型コロナワクチンの職域接種および抗原検査について

東洋インキグループは、新型コロナウイルスの感染拡大防止と社員および関係者の皆様の安全確保に向けて、新型コロナウイルスワクチン職域接種および抗原検査の実施を進めてまいります。

新型コロナウイルスワクチン職域接種への対応方針
東洋インキグループは、職域での新型コロナウイルスワクチン接種を開始する政府発表方針に沿い、職域接種に協力することを決定し、以下の要領で6月28日(月)から開始を予定します。


なお、新型コロナウイルスワクチン接種に伴い、以下の事由にて社員に特別休暇を付与します。
1.社員本人が平日(稼働日に)ワクチン接種を受けること・・・接種当日1日(最大2日)
2.社員本人が副反応により休養が必要であること・・・接種後1日(最大2日)

新型コロナウイルス感染症対策「抗原検査」の徹底
東洋インキグループでは、業務上お客様への訪問が避けられない社員に対し、お客様へのウイルス拡散防止を目的とした、訪問前の抗原検査を会社負担で実施を開始しております。
対象社員が新型コロナウイルスワクチンを接種するまでの期間、訪問時には都度抗原検査を行い新型コロナウイルスの罹患有無確認を徹底してまいります。

新型コロナウイルス感染症の早期収束に貢献できるよう、全社一丸となって感染拡大防止に努めてまいります。

東洋インキSCホールディングス 公式サイト
https://schd.toyoinkgroup.com/ja/index.html

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東洋インキSCホールディングス >
  3. 新型コロナワクチンの職域接種および抗原検査について