学研がアイドックの「bookend(ブックエンド)」を使って学研教室会員向けの電子書籍読み放題サービスを提供開始

2021年7月1日より学研が学研教室会員向けに開催している「デジタル読解力・表現力コンテスト2021(デジコン)」に、アイドックの「bookend(ブックエンド)」が採用され、学研グループが持つ800タイトル以上の電子書籍が読み放題となるサービスを開始しました。
株式会社 学研ホールディングス(東京都品川区、代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研エデュケーショナル(東京都品川区、代表取締役社長:川端篤)が学研教室に通う約42万人の子どもたちを対象に開催する『デジタル読解力・表現力コンテスト2021(デジコン)』で利用する電子書籍配信サービスとして、アイドック株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:成井 敦)の電子書籍配信プラットフォーム「bookend(ブックエンド)」が採用され、学研グループが持つ800タイトル以上の電子書籍(EPUB)の読み放題サービスを提供開始しました。
学研教室会員は、bookendアプリをカスタマイズしたiOSおよびAndroid対応の専用アプリ「学研ライブラリ」をインストールしてログインすると、クラウドサーバ上の本棚「Web書庫」に電子書籍(EPUB)が配信され、好きなタイトルを自分の端末の本棚にダウンロードしていつでも閲覧することができます。
「bookend」を利用することで、GakkenID認証を使った閲覧ユーザー制御、データ複製防止、キャプチャブロック、ダウンロード端末台数管理など高度なDRM機能を持った電子書籍読み放題サービスを構築することが可能になりました。

【bookendを使った配信サービス概要】
閲覧方法:bookendアプリをカスタマイズした「学研ライブラリ」のWeb書庫に暗号化されたEPUBを配信しアプリ内にダウンロードして閲覧
コンテンツ形式: EPUB(リフローおよびフィックスド)
対応プラットフォーム: iOS、Android
DRM機能:GakkenID認証を使った閲覧ユーザー制限、データ複製防止、キャプチャブロック、ダウンロード端末台数管理など
アナリティクス機能:コンテンツ毎の閲覧ログCSV出力、ページ毎の閲覧ユーザー数&平均滞在時間表示など

■株式会社学研プロダクツサポート ビジネスシステム部 部長 中川達也 様のコメント
学研教室会員が、学研の持つ豊富な電子書籍コンテンツを手軽に楽しんでいただける読み放題サービスを提供したいと考えておりました。bookendを利用することで懸念されていた著作権管理の問題や、閲覧履歴に応じた著作権料算定の課題もクリアできました。

■『デジタル読解力・表現力コンテスト2021(デジコン)』の概要
https://www.889100.com/digicon/
・応募期間:2021年7月20日(火)~2021年9月30日(木)
・対象:学研教室の会員で幼児、小学生、中学生の方
・応募部門:作文部門/絵画部門
・賞品:上位入賞者に賞状と図書カード、応募者全員に素敵な文具をプレゼント

デジタル読解力・表現力コンテスト2021(デジコン)デジタル読解力・表現力コンテスト2021(デジコン)


【「学研ライブラリ」iOS版】

学研ライブラリ」iOS版学研ライブラリ」iOS版


■アイドック株式会社の概要
http://bookend.keyring.net/
代表者: 代表取締役 成井 敦
設立年月日:1999年7月
資本金:3,000万円
主な業務内容:デジタルコンテンツ向け著作権管理(DRM)システムおよびコンテンツ流通プラットフォームの開発、SaaS提供
主要取引先:慶應義塾大学、株式会社集英社、SBクリエイティブ株式会社、医歯薬出版株式会社、株式会社南江堂、株式会社メテオ、株式会社ぎょうせい、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社ほか
提供サービス導入企業:200社以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アイドック株式会社 >
  3. 学研がアイドックの「bookend(ブックエンド)」を使って学研教室会員向けの電子書籍読み放題サービスを提供開始