宇宙寺院 劫蘊寺 4月12日「世界安穏宇宙供養法要」を厳修

令和3年4月12日(月)に総本山醍醐寺霊宝館にて令和三年四月劫蘊寺宇宙法要「世界安穏宇宙供養法要」を厳修いたします。

【宇宙法要】
宇宙法要は、宇宙全体の安寧と平和を祈り(宇宙鎮護)、加えて、各個人のお願いごとも、宇宙祈願として受け取り、人々の願いを宇宙へと届ける法要です。
宇宙寺院完成後は、実際に宇宙祈願データが人工衛星に転送され、それが宇宙を巡るようになります。宇宙寺院完成までは、預かった宇宙祈願は地上で預かり、衛星完成後に格納します。
自分たちが暮らす地域や国のことだけではなく、地球全体を宇宙からの大きな目線でみつめ、平和や安全について、世界の安寧を祈る法要です。また、今現在、今後の宇宙で活動される全ての人々とミッションの安全を祈ります。
今後、定期的に厳修する宇宙法要を通して宇宙の平和、環境問題、地球規模の災害疫病対策、宇宙で活動する人々の安全を祈って参ります。

【今回の宇宙法要の趣旨】
4月12日は旧ソビエトの宇宙飛行士ガガーリンが、人類はじめて有人宇宙飛行に飛び立った日です。今回の宇宙法要は、全世界が不安の中にいるなか、世界の安穏を祈るとともに、人類の夢である宇宙開発にたずさわった方々の命に対して祈りを捧げる法要を執り行います。合わせ、皆さまがたからの祈願もさせていただきます。
醍醐寺には、京都最古の木造建造物である国宝・五重塔の前に、旧ソビエトの宇宙飛行士オレグ・マカロフさんとムサ・マナロフさんが平成4年に醍醐寺へ訪れた際も植樹をされておりました。
そのようなご縁も大切にし、今月の宇宙法要は宇宙開発にたずさわる全ての方々の命にたいして感謝の祈りを捧げる、宇宙供養法要をいつもの宇宙祈願に合わせ実施させていただきます。

 

【概要】
日時:令和3年4月12日 午前10時〜
場所:醍醐寺霊宝館
導師:醍醐寺執行長壁瀬宥雅大僧正  他職衆
 
※当日は、YouTubeライブにて配信させていただく予定です
チャンネル名:宇宙寺院 劫蘊寺
https://www.youtube.com/channel/UCgaY6vKGiQ-QNR9C3Q4EcnA
【劫 蘊 寺  公 式 H  P】https://www.gounji.space/ 
【醍 醐 寺  公 式 H P 】https://www.daigoji.or.jp/
【テラスペース公式HP】https://www.terraspace.jp/
 



【本件に関するお問い合わせ先】
劫蘊寺実行委員会(テラスペース株式会社)
広報担当:今村誠子
Email:  info@terraspace.jp
  1. プレスリリース >
  2. テラスペース株式会社 >
  3. 宇宙寺院 劫蘊寺 4月12日「世界安穏宇宙供養法要」を厳修