「さがみ典礼」が家族葬専用の葬祭施設『ソライエ』をオープン

~コロナ禍に適した安心と環境が整った1日1組限定の小規模葬祭施設が登場~

冠婚・葬祭・互助会を柱とした総合結婚式場・葬斎センター・多目的ホールを展開するアルファクラブ武蔵野株式会社(本社:埼玉県さいたま市大宮区、代表取締役社長:稲川治利)は、家族葬を中心とした小規模葬儀を専門に行う葬祭施設『ソライエ』を2021年冬にオープンいたします。
埼玉県川口市で「さがみ典礼」を立ち上げてから今年で創業60周年を迎えたアルファクラブ武蔵野株式会社。地域密着の精神で、2~3階建て、収容人数70名ほどの一般葬を執り行うことが出来る葬祭施設をメインに、現在埼玉県内で96もの施設を運営しています。

近年、葬儀業界においてはご葬儀のスタイルに大きな変化が起きています。以前からご葬儀が小型化して家族葬の需要が高まっておりましたが、新型コロナウィルスの感染が拡大するにつれ、急速に家族葬がご葬儀の主流となりました。その中で、小規模でも安心をご提供できる新しいご葬儀の形を生み出すべく模索した結果、『ソライエ』の誕生となりました。

『ソライエ』のコンセプトは、「故人様を宙(そら)、すなわち天国へあたたかく見送るための家」。このコンセプトには、天に召された故人様が、ご家族をいつも宙(そら)から見守ってくれているという想いが込められています。コンビニエンスストアの空き物件をリノベーションし、お洒落で温かみのある家族葬専用葬祭施設へと生まれ変わった『ソライエ』は、1日1組の貸切りでご葬儀を執り行います。限られたご家族や肉親、親しい方のみだけでお見送りすることができる『ソライエ』は、コロナ禍で変化した新しいニーズに対応いたします。

『ソライエ』は2021年内に2施設のグランドオープンを予定しております。2022年以降も15以上のオープンを計画しています。
 


【『ソライエ』 概要(予定)】
名称:ソライエ
ソライエロゴ:

オープン:2021年冬予定
収容人数:30名
延べ床面積:130㎡~200㎡
建設予定地:埼玉県内

新型コロナウイルス対策について:
新型コロナウイルス感染予防に関する取り組み、ならびにスタッフの対策についてはこちらからご覧ください。
https://www.sagamitenrei.com/news/corona


【さがみ典礼】
創業から60年、ご葬儀にかかわるあらゆるニーズにお応えすべく、規模の大小に
かかわらず生前葬から社葬にいたるまで、故人様をお送りするために最もふさわしい
葬儀形態をご提案させていただきます。また、ご葬儀のことはもちろん、ご法要や
墓地・墓石・仏壇のご相談も葬儀のエキスパートが一貫してお引き受けいたします。
ホームページ: https://www.sagamitenrei.com/


【会社概要】
商号: アルファクラブ武蔵野株式会社
代表: 代表取締役社長 稲川治利
所在地: 埼玉県さいたま市大宮区上小町535
創業: 1962年6月
創立: 1964年9月
事業内容: 葬祭事業・ブライダル事業・互助会事業・レジャー事業
資本金: 1億円
ホームページ: http://www.alphaclub.co.jp/

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アルファクラブ武蔵野株式会社 >
  3. 「さがみ典礼」が家族葬専用の葬祭施設『ソライエ』をオープン