Civichat、自分にぴったりの制度がLINEでわかる『Civichat』を渋谷区の子育て制度に対応

たくさんある子育て系の制度の中から、Civichatの質問に答えていくだけで、自分に合った制度を見つけることができます。

自分にあった公共制度をLINEで届けるサービスを運営する株式会社Civichat(本社:大阪府高槻市 / 代表取締役:高木俊輔)は、2021年8月10日に「渋谷区に在住の子育てをしている方」向けに『Civichat〈渋谷区・子育て制度〉』をリリースしたことを発表します。

 

 

  • 概要
現状では、公共制度の利用条件が複雑すぎる・自分に合った制度がわからないという課題を抱えていました。その解決策として、Civichatが開発した論理的な利用条件の記述によって、ユーザーはチャットボットの質問に答えていくだけで制度を発見することができます。
検証段階の一歩目として、渋谷区の子育て制度の推薦に対応しました。
 
  • ご利用方法
以下のURLからLINEの友だち追加をすることで、初期登録などなくかんたんに利用することができます。
https://lin.ee/ltNQPNU


QRコードからも友だち追加が可能です。




 
  • 利用者の声
「渋谷区は他の地域に比べ、子育てに区全体で取り組んでいることは知っていましたが、実際自分の家庭が利用できる制度がこれほどたくさんあるのは知りませんでした。
現在対応している推薦可能な制度は「渋谷区の子育てをサポートする制度」だけそうですが、他の制度も対応してくれると嬉しいです。」
 
  • 自治体の担当者の皆様へ
どうしても複雑になってしまう公共制度の検索ですが、Civichatを使えば必要なものだけを市民の手元に届けることが可能です。導入を検討している自治体は info@civichat.jp までお問い合わせください。
 
  • 『Civichat』について
「Civichat」は申請主義と呼ばれる、公共制度を行使する際に障壁になる認知や申請の手間などの手続きを簡素化し、"知っていたらやっていたのに..." を無くすことを目指す、チャットボット・自治体向けSaaS(クラウド提供型ソフトウェア)です。

 

 

 

 
  • 株式会社Civichatについて
株式会社Civichatは、公共・行政領域のGovTechスタートアップ企業です。利用者にあった補助金を自動でおすすめする「Civichat」を開発・提供しています。
公共制度を行使する際に障壁になる認知や申請の手間などの手続きを簡素化することで、「選択格差を是正」することを目的としています。
主な実績として、「Civictech Challenge Cup」で大賞を受賞、台湾で開催された、アジア最大のCivictechの会合である「g0v Summit 2020」に日本を代表して登壇しました。2020年12月には熊本市との実証実験を行っています。

会社名 :株式会社Civichat
所在地 :大阪府 高槻市 富田丘町 2-2
代表取締役:高木俊輔
連絡先 :press@civichat.jp
設立日 :2020年10月
URL :https://civichat.jp/
  1. プレスリリース >
  2. Civichat >
  3. Civichat、自分にぴったりの制度がLINEでわかる『Civichat』を渋谷区の子育て制度に対応