クロス・マーケティンググループ、国内最大級のベンチャーキャピタルファンド「SBI 4+5ファンド」へ出資

~Society 5.0 for SDGs、Industry 4.0の実現に寄与するスタートアップを支援~

株式会社クロス・マーケティンググループ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:五十嵐 幹、東証一部3675、以下「当社」)は、SBIインベストメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:川島 克哉、以下「SBIインベストメント」)が設立・運用する「SBI 4+5ファンド」(正式名称:SBI 4&5投資事業有限責任組合、SBI 4&5投資事業有限責任組合2号の総称、以下「本ファンド」)へ出資いたしました。本ファンドは、このたび、国内最大級である1,000億円規模で組成する目途が立ち、本格的に運用が開始されることになりました。
SBIインベストメントは、「FinTechファンド」(出資約束金額:300億円)、「SBI AI&Blockchainファンド」(出資約束金額:600億円)などを運営する国内屈指のベンチャーキャピタルです。多数のスタートアップ企業を上場に導くなど高い実績をあげており、国内外の機関投資家からも高い評価を集めています。この実績から、本ファンドは、計100社を超える出資者が参画し、国内最大級のファンドとして組成されることになりました。

 当社が本ファンドへ参画することにより、本ファンドが出資するスタートアップ企業等との交流機会を増やすとともに、Society 5.0 for SDGs、Industry 4.0の実現に向けた先端的なテクノロジーやビジネスノウハウを取得し、企業連携によるオープンイノベーションや新たな事業機会の創出を目指してまいります。

【本ファンド概要】
ファンド名  :SBI 4&5投資事業有限責任組合(通称)
投資地域     :グローバル
投資対象     :フィンテック、AI、ブロックチェーン、「Society 5.0 for SDGs」の実現に寄与する5GやIoT、ビックデータや、「Industry4.0」 を推進するロボティクス、ヘルスケア(医療・介護)、インフラ(交通・エネルギー)、食品・農業等のDX関連における革新的技術・サービス領域
運営会社     :SBIインベストメント株式会社


【会社概要】
会社名:株式会社クロス・マーケティンググループ
代表者:代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
所在地:東京都新宿区西新宿3丁目20番2号
設立:2013年6月
主な事業:リサーチ事業及びITソリューション事業を行う子会社等の経営管理及びそれに付帯または関連する事業
URL:https://www.cm-group.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クロス・マーケティンググループ >
  3. クロス・マーケティンググループ、国内最大級のベンチャーキャピタルファンド「SBI 4+5ファンド」へ出資