インフルエンサーマッチングプラットフォーム<Beee ビー>が、サービス提供開始から約3か月半で掲載店舗100店舗突破!

株式会社KOLテクノロジーズ(本社: 東京都渋谷区、代表取締役: 池田和泉)が運営するインフルエンサーマッチングプラットフォーム、「Beee(ビー)」の導入店舗数が2021年8月のサービス開始から3か月半で、100店舗突破したことをお知らせいたします。


2021年8月にローンチしたインフルエンサーマッチングプラットフォーム「Beee」の導入店舗数が、サービス開始からわずか3か月半で100店舗を突破しました。
 
  • インフルエンサーマーケティングの課題と「Beee」が解決すること

検索エンジンのみならず、SNSで人気の商品・サービスを検索することが一般的となった今、特に中小事業者にとってSNS上で自社の魅力を発信することは必要不可欠となっています。新型コロナ禍で、消費者が自ら店舗へ足を運ぶハードルが高まる中、「信頼できる情報源」の一つとして、店舗と消費者の間に介在するインフルエンサーマーケティングの必要性はより一層高まってきています。


既に代理店や他サービスを通してインフルエンサーマーケティングを始めている店舗さま、まだ手を付けていない店舗さまをヒアリングしていく中で、以下のようなお悩みが挙げられました: 

  1. 自社の製品にマッチしたインフルエンサーが見つからない or 声をかけても返事が来ない
  2. インフルエンサーへ支払う報酬の妥当性、費用対効果が良く分からない
  3. 他の案件が多すぎて、自社案件が埋もれてしまう


KOLテクノロジーズは、インフルエンサーマーケティングが確たるマーケティング手法となってきた今の時代だからこそ、「本当に影響力がある」x「自社製品・サービスに最も合った」インフルエンサーを見極めることが必要不可欠であると考えております。

Beeeでは、独自開発したA.I(人工知能)解析アルゴリズムでインフルエンサーのSNSアカウントを解析し、投稿の傾向やフォロワーの属性から双方の相性を分析することが可能です。「自社の案件に合うインフルエンサーを探す」というこれまで「人」が担ってきた役割を、Beeeを活用することによってロジカルに、かつ工数をかけずに効果的なPRを行えます。
 

  • これからのBeeeが目指すもの
PR後インフルエンサーから取得する情報をビッグデータ化し、特定のインフルエンサーによるPR効果を予測を可能にします。また、インフルエンサーマーケティングが初めての事業者様でも分かりやすい・使いやすいUIづくりを行っていきます。中長期的には、Instagramに限らず、TiktokやYoutube等の動画プラットフォームやその他ソーシャルメディアプラットフォームへサービス展開する予定です。
 
  • Beeeをまだ使っていただけていない店舗さま
Beeeは3万円/月の月額料金を単月からお試しいただくことができます。「自社の商品にインフルエンサーマーケティングは必要か?」、「Beeeを使用した場合どのような効果が期待できるか?」等、まずは話を聞いてみたいという店舗さまは、ぜひお気軽に以下からお問合せください。

Beeeサイトページ: https://www.c.beee.kol-tech.co.jp/
お問合せページ: https://www.c.beee.kol-tech.co.jp/contact
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. KOLテクノロジーズ >
  3. インフルエンサーマッチングプラットフォーム<Beee ビー>が、サービス提供開始から約3か月半で掲載店舗100店舗突破!