「ワクチン休暇制度」を導入

株式会社建新は従業員の新型コロナワクチン接種に「ワクチン休暇制度」を導入

【神奈川一の住環境企業】を目指す株式会社建新(本社:神奈川県横須賀市小川町、代表取締役:大口隆弘、以下 建新)は新型コロナウィルスワクチン接種を啓蒙するため、「ワクチン休暇制度」の導入を決定いたしました。
建新は、社会的にも早急な接種が望まれている新型コロナウィルスワクチンを従業員が安心・安全・確実に接種するために同ワクチン接種、及びワクチン接種後の副反応

による体調不良のため就業が困難となった場合、特別有給休暇を付与することを決定いたしました。また、従業員の家族のワクチン接種の付き添いや接種後の副反応の看病が必要な場合にも同様に特別有給休暇を付与します。
神奈川一チャレンジする会社、建新は豊かで活力のある未来のために健康に配慮した職場づくりを実施しています。2021年4月にトライアル導入を開始した「週休3日制」においても従業員の健康的な働き方を目標の1つとしております。今後とも、社員一丸となって全力でチャレンジし続けていけるように、建新らしい独自の「心身の健康維持」に役立つウェルネススタイルを構築していきます。
建新は新型コロナウィルス感染症のさらなる拡大防止と従業員およびその家族、並びにステークホルダーの皆さまの安全確保を最優先に、事業を運営してまいります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社建新 >
  3. 「ワクチン休暇制度」を導入