再エネ分散電源に適応したGridForming技術を開発したDGキャピタルグループ 。Looopが進める「協調分散型チャージボックスによるエネプラザ規模拡大システムの技術開発」プロジェクトに参画。

デジタルグリッド技術で分散型チャージボックス開発へ 

株式会社DGキャピタルグループ(代表取締役兼CEO阿部力也・代表取締役兼COO新海優)は、株式会社Looop(代表取締役社長CEO中村創一郎)が進める「協調分散型チャージボックスによるエネプラザ規模拡大システムの技術開発」計画が、環境省の実証事業「令和4年度地域共創・セクター横断型カーボンニュートラル技術開発・実証事業」の「アワード型 イノベーション発掘・社会実装加速化枠」に2022年4月7日共同実施者として採択されましたので、お知らせいたします。
【令和4年度地域共創・セクター横断型カーボンニュートラル技術開発・実証事業について】
令和4年度地域共創・セクター横断型カーボンニュートラル技術開発・実証事業は、地域に根差し、かつ分野やステークホルダーの垣根を越えて脱炭素社会の実現に資するセクター横断的な地域共創の技術開発・実証事業を実施することを目的としています。

【代表事業者】
株式会社Looop(ループ)
代表者:  代表取締役社長 中村 創一郎
所在地:  〒110-0005 東京都台東区上野三丁目 24番6号 上野フロンティアタワー
設立:    2011年4月4日
事業内容:
●太陽光発電所システムの開発・販売・設置・工事・管理・メンテナンス
●自社太陽光発電所の設置・管理
●独立型太陽光発電システムと周辺機器の販売
●自然エネルギーを使用した商品の企画・開発・販売
●電力小売事業
●電力小売事業に関わる各種業務委託業太陽光発電システムの開発・販売・設置・管理
●損害保険代理店事業(取扱保険会社:三井住友海上火災保険株式会社)
URL: https://looop.co.jphttps://looop-denki.com

【Looopエネルギーマネジメントシステム「エネプラザ」】
●現行システムの課題
環境省の脱炭素先行地域(第1回)に選定されたさいたま市の、緑区浦和美園地区に初めて導入された「エネプラザ」は、住宅街の各戸の屋根に設置した太陽光パネルで発電した電力を、街区中央にあるチャージエリアに配備されている蓄電池や「動く蓄電池」であるEVに集約し、各戸でシェアするなど、需給両面で再生可能エネルギーの利用率を必要量の6割まで高めることを目指しています。しかし、電力をチャージエリア一か所に集約する方式では、グリッドの規模を拡張しようとすると、配電路が長くなり、配電電線径も太くなります。また、蓄電池を配備するための大きな土地が必要になるという点も課題となっています。

●分散型チャージボックスによりスマートシティの規模の柔軟な拡張が可能に
この実証事業を通じて、チャージエリアに電力を集約する代わりに、複数台で協調自立制御が行える分散型チャージボックスを開発します。小型の分散型チャージボックスを約10軒単位で設置して「ミニグリッド」を構築することで、配線が細く短くできることから、スマートシティの規模を柔軟に拡張することが可能となります。また、蓄電池のためのスペースが不要となることから、コスト削減にもつながります。

●街区内外の需給バランスの調整に貢献する仕組みを構築
今回の実証実験では、小売の需給状況に応じてエネプラザで電力を生産または消費させることで街区内外の需給の調整役として機能する仕組みを構築します。
エネプラザ街区外で電力の需給がひっ迫した際には、街区内の消費を抑え、発電した電力や蓄電した電気を街区外に供給することで需給ひっ迫の緩和を目指します。また、街区外で電力が余った場合には、街区内の蓄電リソースに貯めるなどして街区内外の需給バランスの調整役として機能させることも目指します。

 

【共同実施者】
株式会社DGキャピタルグループ
https://dgcapitalgroup.jp/
代表取締役兼CEO:阿部力也(元東京大学特任教授)
代表取締役兼COO:新海優(元ソフトバンク株式会社)
設立:2020年7月
東京本社:東京都文京区湯島2-33-12 金型年金会館3F
本店:愛知県名古屋市中村区名駅4-24-16広小路ガーデンアベニュー3F
事業内容:デジタルグリッド技術ファンド
傘下事業会社:
株式会社DGパワーシステム(DGR・DGC開発)代表取締役:阿部力也
株式会社DGモータジェネレータ(デジタル発電機、モータ開発)代表取締役:阿部力也
株式会社DGネットワーク(国内地産地消型セルグリッド開発運営)代表取締役:新海優
株式会社DGオーバーシーズ(海外地方電化型ミニグリッド開発運営)代表取締役:新海優
関連会社:一般社団法人デジタルグリッドコンソーシアム(非営利)
代表理事:阿部力也/著書「デジタルグリッド」(エネルギーフォーラム)
【進行プロジェクト】
経済産業省・資源エネルギー庁 地域共生型再生可能エネルギー等普及促進事業費補助金(地域マイクログリッド構築支援事業のうち、導入プラン作成事業)事業
補助事業者名称: 大林組(栃木県那須塩原市)
補助事業者名称: 戸田建設(岩手県宮古市)
補助事業者名称: 会津電力(福島県喜多方市)
補助事業者名称: 京セラ(鹿児島県知名町/ 和泊町)

 【デジタルグリッド概要】
●電力に色を付け、だれもが自由に売買できる技術
ソフトウェア技術:デジタルグリッド株式会社(代表取締役社長:豊田祐介)
デジタルグリッドプラットフォーム(DGP)の開発、運営
ハードウェア技術:株式会社DGキャピタルグループ(代表取締役兼CEO:阿部力也・代表取締役兼COO:新海優)
デジタルグリッドルータ(DGR)・デジタルグリッドコントローラ(DGC)の開発、運営

【お問合せ】
株式会社DGキャピタルグループ(担当:岩下) /https://dgcapitalgroup.jp/contact

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社DGキャピタルグループ >
  3. 再エネ分散電源に適応したGridForming技術を開発したDGキャピタルグループ 。Looopが進める「協調分散型チャージボックスによるエネプラザ規模拡大システムの技術開発」プロジェクトに参画。