『kifutown』iOS版リリースから1カ月半で70万インストール突破! Android版を本日9月15日(水)リリース

〜Android版リリースを記念した寄付プロジェクトも開始〜

 お金に関する社会課題を解決する株式会社ARIGATOBANK(本社:東京都港区、代表取締役:白石陽介)は、個人間で簡単に寄付し合えるプラットフォームアプリ『kifutown』のAndroid版の提供を2021年9月15日(水)より開始します。
 ARIGATOBANKは「お金に困っている人をゼロにする」をビジョンに掲げ、人と人とが応援し、励まし合える社会を作るためのサービスを提供する会社です。

  • Android版の提供開始
 本日より『kifutown』Android版の提供を開始しました。現在はiOS版・Android版ともに、寄付を受けたい方が寄付プロジェクトへ応募できる機能を提供しており、寄付者は前澤友作氏のみですが、近日中に寄付を行いたい方が寄付プロジェクトを作成できる機能をリリース予定です。
 7月24日にリリースしたiOS版はわずか1カ月半で70万インストールを突破し、前澤友作氏が作成した寄付プロジェクトへの累計応募者数も100万人を超えております。
 
  • 「Android版リリース記念」の寄付プロジェクトも同日に開始
 Android版リリースに伴い、前澤友作氏による「Android版リリース記念」の寄付プロジェクトも本日開始いたしました。本寄付プロジェクトはAndroidからのみ応募可能です。

■寄付プロジェクト概要
プロジェクト名:「Android版リリース記念 ※Androidからのみ応募可能」
募集期間:9月15日(水)15:00 ~ 9月22日(水)15:00
抽選日:9月22日(水)15:00
募集人数:1,000名
1人当たり寄付金額:30,000円
 
  • kifutownについて
 『kifutown』は個人間で簡単に寄付し合えるプラットフォームアプリです。 
株式会社ZOZOの創業者でもある前澤友作氏がTwitter上で行った、総額約32億円、延べ人数25,164名、期間にして約2年半に及ぶ、お金贈りプロジェクトに端を発して生まれました。
 『kifutown』は、ARIGATOBANKが掲げる「お金に困っている人をゼロにする」のビジョンを達成するための最初の一歩となるサービスです。
 
  • アプリ概要
アプリ名:kifutown
サービス詳細:https://www.kifutown.com

対応デバイス:スマートフォン
iOS版:https://apps.apple.com/us/app/kifutown/id1572966539
Android版:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.arigatobank.kifutown
 
  • 株式会社ARIGATOBANK 概要

社名:株式会社ARIGATOBANK
代表者:代表取締役 白石 陽介
設立:2020年11月
本社所在地:東京都港区南青山1-24-3
資本金:4.4億円
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ARIGATOBANK >
  3. 『kifutown』iOS版リリースから1カ月半で70万インストール突破! Android版を本日9月15日(水)リリース