変わり始めるムダ毛のお手入れ事情 最も試してみたいのは「抑毛ローション」<現代人の意識調査アンケート2021>

~肌へのやさしさ重視のムダ毛ケアに注目~

夏は、薄着になる機会が多く、腕や足にそそがれる視線が気になります。ツルスベな肌を目指す人にとって大きな悩みとなるのが「ムダ毛」。エステや家庭用脱毛器まで様々な脱毛や除毛の手段が増えている中、肌への負担を考えたムダ毛処理が求められています。
そこで、日本No.1*1のムダ毛ケア*2化粧水『パイナップル豆乳ローション』の研究開発、販売を行う株式会社鈴木ハーブ研究所(茨城県那珂郡東海村村松、代表:鈴木さちよ)は、2021年5月に136名を対象とした「ムダ毛のお手入れ」をテーマにアンケートを実施しました。ムダ毛処理への悩みや求めるポイントの結果を報告いたします。

 

  • 調査概要
・調査手法:WEBアンケート
・調査対象:20-40代の男女
・有効回答者数:136人
・調査時期:2021年5月
・調査内容: ムダ毛のお悩みに関するアンケート
  • サマリー
(1)今のムダ毛処理に満足していない人は76%                           
(2)ムダ毛処理には「カミソリ」「毛抜き」を使用する人が半数以上                                                 
(3)今後試してみたいムダ毛処理は「抑毛ローション」
        
                     
  • 調査結果
■今のムダ毛処理に満足していない人は76%
「今のムダ毛処理に満足していますか。」という質問には、「満足していない」が47%、「まったく満足
していない」が29%であり、76%の人が満足していない結果になりました。
満足していない理由は「すぐにムダ毛が生えてきてしまうから」「処理した後に、肌荒れ、乾燥するから」などお手入れ頻度や肌へのダメージに不満を抱いている方が多いようです。
 

 


■ムダ毛処理には「カミソリ」「毛抜き」を使用する人が半数以上  
「今までどのようなムダ毛処理をしてきましたか?」という質問には、「カミソリ」が91%、「毛抜き」58%、「除毛クリーム」39%、「脱毛エステ」32%、「家庭用脱毛器」27%という結果になりました。手軽で比較的に安価な“剃る”“抜く”といった自己処理でお手入れしている人が多く、光エステや家庭用脱毛器を使っている人が増え始めています。
 

 


■ムダ毛処理には「肌へのやさしさ」を重視。試してみたい処理方法は「抑毛ローション」 
ムダ毛処理を選ぶときのポイントを質問したところ、「肌へのやさしさ」を重視する方が多くみられました。
今後試してみたいムダ毛処理方法について聞いてみると「抑毛ローション」が64%、「除毛クリーム」52%「家庭用脱毛器」44%と自宅でムダ毛処理ができ、肌へのダメージが少ない方法が人気でした。肌を傷つけないやさしいムダ毛処理方法を重視する傾向にあるようです。
 

 


2021年のアンケート調査では、肌に負担なく、効果が持続しやすいムダ毛処理ができる方法 「抑毛ローション」「除毛クリーム」「家庭用脱毛器」に期待する方が多い結果となりました。
カミソリ、毛抜き、エステ、ワックスなどあらゆる脱毛、除毛と併用して無理なく継続できる「抑毛ローション」は、今後も多くの現代人のムダ毛悩みを解決する手段となりそうです。
これから肌の露出が増える夏の時期に向け、ムダ毛のお手入れの参考にしてみてください。

関連サイト:あの部位のお手入れ大丈夫⁉好感度を上げるための「男性のムダ毛ケア&ナチュラル肌2021」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000076897.html

*1「TPCマーケティングリサーチ(株)調べ2020年4月調査」
*2:ムダ毛ケアとは、ムダ毛処理後の肌を整え、お手入れを楽にすることです。
 
  • 会社概要
社名:株式会社鈴木ハーブ研究所
代表取締役社長:鈴木さちよ
本社所在地:〒319-1112 茨城県那珂郡東海村村松2461
設立年:2004年9月
従業員数:50人
事業内容:化粧品の研究開発・販売

<鈴木ハーブ研究所について>
鈴木ハーブ研究所は日本国内に自社ハーブガーデンを持つ、数少ない「ハーブ」のプロフェッショナルカンパニーです。創業者は2004年に「ハーブ&サイエンス」を融合した製品づくりをコンセプトに会社を設立しました。野菜や果物といった自然の恵みすべてを“ハーブ”ととらえ、安全で肌にやさしく、使って実感できるハーブ化粧品を自社で研究・開発しお届けしています。大豆とアイリス由来のイソフラボンがムダ毛に働きかけることに着目した、“シェーバーを使わないムダ毛ケア*2”「パイナップル豆乳シリーズ」は累計販売本数523万本(2021年3月末時点)の大ヒット商品に。地元茨城の納豆を使用した「納豆シリーズ」、肌の善玉菌に働きかける「乳酸菌シリーズ」などが代表商品です。また、代表自らハーブや美容の知識を多くの方に知っていただく活動として、著書「私のハーバル手帳」を出版、自社のハーブガーデンを一般のお客様に解放する「オープンガーデン」を開催。ユニークな着眼点とあくなき探求心で、日本国内、海外市場へと日本のモノづくりとハーブの持つ力の素晴らしさを発信し続けます。

▼ 「パイナップル豆乳ローション」オンラインショップ
https://s-herb.com/pineapple_soymilk/premium/

▼ 鈴木ハーブ研究所 企業情報
https://s-herb.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 鈴木ハーブ研究所 >
  3. 変わり始めるムダ毛のお手入れ事情 最も試してみたいのは「抑毛ローション」<現代人の意識調査アンケート2021>