AccelStor社独自のRAIDソフトウェア技術FlexiRemap®のカラクリを日本初公開します。

~FlexiRemap®はフラッシュメモリーのパフォーマンスを最大限に引き出します~

AccelStor社は、これまで約10年に渡り、合言葉「伝統的なRAID技術に別れをつげよう」を合言葉に、独自のソフトウェアFlexiRemap®を研究・開発し、世に送り出しました。その結果、600以上の特許を取得、また2016年フラッシュメモリサミットにおける“Best-of-Show TechnologyInnovation”の受賞を皮切りに、数々の賞を受賞しています。

FlexiRemap®は、従来のストレージに見られるRAIDの課題に取組み、解決してきました。

FlexiRemap®テクノロジーが生み出すポイントは3つあります。
  • 高性能を実現
  • SSD寿命を最大限に延ばす
  • 高可用性の実現
 
①FlexiRemap®が実現する高性能

FlexiRemapにより、データを一度再配置し、シーケンシャルにSSDに対して書き込みます。SSDに対する平準的な書き込みにより、SSDへの負荷をバランスよく分散し、個々のSSD使用効率を向上させます。

②FlexiRemap®がSSD寿命を最大限に延ばす

SSDに対してシーケンシャルに書き込みされるため、特定のSSDに対する書き込み負荷を回避することができ、SSD全体の寿命を延ばすことが可能です。

③高可用性の実現
Active-Active設計により、ストレージに必須の高可用性も実現しています。

Multi-Path IOを通してデータが入力され、またノード間でリアルタイムに同期されるため、データロストを回避し、仮に障害があった場合でも、サービス停止せずに運用を継続することが可能です。
(NeoSapphire™ H710, H710Eに限ります)


NeoSapphireはこのようなメリットを生み出します。
  • 4KBのランダムライトで700,000 IOPSを実現(ランダムリード時は1,200,000 IOPS)
  • フォールトトレラント設計により、電源断やSSD障害等からのサービスダウンを回避
  • FlexiRemap技術によるシーケンシャルに書き込みにより、SSD寿命が従来のRAIDに比べて2~3倍に
  • 1筐体が2Uでかつ大容量ストレージであるため、ラックマウントのスペース省力化に貢献
 
この機会に、Accelstor社製 NeoSapphire™ オールフラッシュアレイシリーズの導入をご検討ください。

Accelstor社国内総代理店:TLZS株式会社では、2021年9月より、高性能仮想化、メディア制作、HPC、AIモデルトレーニング、スマート製造システムDBなど用途に合わせ、P710E、P710、H710E、H710の主に4製品を販売しております。


<AccelStor社 について>
AccelStorは、台湾を拠点に10年に渡り、ストレージ専業メーカーとして研究開発、製品の製造販売を担っています。独自のソフトウェア技術FlexiRemap®を開発し、画期的ストレージソリューションを全世界に提供しています。
URL:https://www.accelstor.com.tw/en/

<TLZS株式会社 について>
TLZS株式会社は、2016年設立した、AIアプリケーション、IoT関連システム、WEBシステムなどの設計・開発を得意とするシステム開発会社です。
現在は、SES(システムエンジニアリングサービス)と受託開発事業を主な事業として展開しており、海外製品のディストリビューター事業、ベンチャー投資事業も行っております。
URL:https://www.tlzs.co.jp/

<本件に関するお問合せ先>
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. TLZS株式会社 >
  3. AccelStor社独自のRAIDソフトウェア技術FlexiRemap®のカラクリを日本初公開します。