『AI for sustainable innovation』を掲げる株式会社Recursiveが「Microsoft for Startups」に採択

Sustainablityに焦点を当てた最先端のAIモデルの開発や事業支援に取り組む株式会社Recursive(代表:ティアゴ・ラマル、所在地:東京都渋谷区、以下Recursive)は、マイクロソフト コーポレーション(本社:米国ワシントン州、マイクロソフト社)が提供する、スタートアップ支援プログラム「Microsoft for Startups」に採択されました。
 



「Microsoft for Startups」に採択されたことにより、マイクロソフト社のAzureをはじめとするテクノロジーのサポートを活用し、AIの開発を促進してまいります。


■Microsoft for Startupsとは


世界140カ国以上で展開されているマイクロソフト社が提供する新しい顧客やチャネルパートナーとスタートアップを結び付け、グローバルなエコシステムを作り上げることを目的としたスタートアップ支援プログラムです。

当プログラムに採択されたスタートアップ企業は、Azureをはじめとするテクノロジーのサポートに加え、同社のパートナーネットワークを活用した、事業拡大に適した専用のリソースが提供されます。
Microsoft for Startups概要
https://www.microsoft.com/ja-jp/biz/startups/default.aspx


■株式会社Recursive会社概要
Recursiveは、日本に拠点を置き、Sustainablityに焦点を当てた最先端のAIモデルの開発や事業支援に取り組む企業です。

Google DeepMind出身のCEOティアゴを中心に、グローバルで最先端のテクノロジーの知見が深いメンバーと、さまざまな事業立ち上げの経験を持つスペシャリストの少数精鋭メンバーで成り立っています。

会社名 :株式会社Recursive / Recursive Inc.
代表者 :ティアゴ・ラマル
所在地 :〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-19-19 恵比寿ビジネスタワー10階
設立 :2020年8月
事業内容:SustainabilityのためのAIモデル開発/事業支援
URL:https://recursiveai.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Recursive >
  3. 『AI for sustainable innovation』を掲げる株式会社Recursiveが「Microsoft for Startups」に採択