レベニュー・ベースド・ファイナンスのYoii、プレシリーズAラウンドにてOne Capitalをリードに約4.8億円の資金調達を完了

プロダクト開発や採用活動の強化、顧客獲得活動を推進。国内におけるRBFの理解浸透を目指す

レベニュー・ベースド・ファイナンスプラットフォーム「Yoii Fuel(ヨイフューエル)」を運営する株式会社Yoii(ヨイ、本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:宇野雅晴、ウェブサイト:https://yoii.jp/)は、One Capitalをリード投資家として、インクルージョン・ジャパン、東京大学協創プラットフォーム開発、三菱UFJ信託銀行、農林中金イノベーション投資事業有限責任組合、Plug and Play Japan(順不同)を引受先とする第三者割当増資により、約4.8億円の資金調達を実施しましたのでお知らせいたします。これにより、累計調達金額は約6億円となりました。デットでもエクイティでもない新たな資金調達手段を通じて、スタートアップの成長を支援して参ります。

 

  • デットでもエクイティでもない新たな資金調達「レベニュー・ベースド・ファイナンス」

スタートアップの資金調達は、エクイティファイナンス(株式による調達)またはデットファイナンス(金融機関からの借入による調達)によるものが主流です。しかし、エクイティファイナンスは希薄化が生じるため、慎重になる起業家も少なくありません。一方、デットファイナンスは起業家の個人保証や担保を求められるケースもあり、アーリーステージのスタートアップにとっては敷居が高いのが実態です。

「挑戦しようとしているスタートアップに資金が行き渡っていない」「価値を見出されていないスタートアップが多すぎる」という課題を解決するために、まだ評価されていない企業価値を評価し柔軟な資金提供を行う方法として、レベニュー・ベースド・ファイナンス(以下、RBF)に着目。金融×ブロックチェーンの経験を積んだ宇野雅晴(共同創業者)と大森亮(同左)が「起業家の野心によりそう」を目的として、RBFプラットフォーム「Yoii Fuel」の開発を行いました。
 

  • SaaS起業家に新しい資金調達手段を提供する「Yoii Fuel」

Allied Market Researchの調査によると、世界のRBF市場規模は2019年に$901M(約901億円、1ドル=100円換算)に達しました。そこから急拡大を続け、27年には$42.3B(約4.2兆円)まで拡大すると予想されています。

海外ではCapchase(累計調達金額:約950億円)やClearco(約682億円)、pipe(約316億円)をはじめとするビッグプレイヤーが市場を牽引。エクイティやデットによる調達を補完する役割として、今後は国内でもRBFへの注目が高まっていくと考えられます(詳細は「5分でわかるRBF」をご参照:https://yoii.jp/posts/revenue-based-financing)。

RBFを活用することで、SaaSやD2Cをはじめとするサブスクリプション企業が将来債権を譲渡することで、「いま必要な成長資金」を確保できます。希薄化が生じず、個人保証や担保も不要なため、気軽かつスピーディーに資金調達できる手段です。
 


弊社が運営するRBFプラットフォーム「Yoii Fuel」は、主にSaaS / D2C企業が利用中。22年4月に正式版をリリースし、これまで数十社のスタートアップに活用されています。

freeeをはじめとする財務データと連携するだけで、売上実績から将来発生する売上を予測。将来の売上を買い取る形で、いま必要な資金を提供しています。主に広告宣伝費やブリッジファイナンスを目的とした資金調達に活用されています。

支払い方法は「固定型」。売上の増減に関わらず毎月一定額の支払いが発生します。売上高が減少した月は、売上に対する支払いのインパクトが大きくなります。一方、売上高が増加した場合はその逆となります。そのため、毎月売上高が増加していくサブスクリプションビジネスを運営する企業や急成長中のスタートアップ等によりフィットしたサービスを目指しています(詳細はこちら:https://yoii.jp/)。
 

  • 資金調達の背景

エクイティファイナンスのハードルが高まっている背景も後押しとなり、国内でもRBFへの関心が高まっています。起業家が抱える資金調達の課題を解決するべく、今回の調達資金は以下のような取り組みへ活用いたします。

■プロダクトの機能強化
「Yoii Fuel」をより使いやすいプロダクトにするべく、ユーザーからいただいたフィードバックをもとにUI/UXの向上を図ります。また与信モデルを強化することで、より多くのスタートアップに利用いただけるプロダクトへアップデートして参ります。

■採用活動の推進
「エンジニア」や「データサイエンティスト」、「HR」を中心に採用活動を強化。新たな資金調達手段としてのポジションを確立するべく、社内体制を強化します。

■顧客獲得活動の強化
国内におけるRBFの認知度は高くありません。まずは認知向上を目的としたPR・マーケティングへ注力するとともに、SaaS/D2C企業を中心としたスタートアップ企業への営業活動を強化して参ります。
 

  • 本ラウンドへ参画いただいた投資家のコメント(順不同)

■One Capital 代表取締役CEO 浅田慎二 氏
この度、Yoiiにリード投資家として出資させて頂いたことを大変嬉しく思います。国内スタートアップの資金調達規模は2021年に8000億円へ急拡大しましたが、5年後の2027年には10兆円規模になる可能性を秘めています(出所:経団連スタートアップ躍進ビジョン)。その環境下にて、Yoiiが提供するRevenue Based Financeに大きな可能性を感じています。希薄化せず、短期間で調達できる調達手段は日本国内にはまだ存在せず、スタートアップ市場の拡大を後押しする新しい調達手段として台風の目となることを期待しています。

■インクルージョン・ジャパン(既存投資家) ICJ2号ファンドGP 吉澤康弘氏
創業当初は「ベンチャーの資金提供にエクイティ以外の手法を提供するのは、VCを敵に回すから上手く行かないのでは?」といった声も聞かれたYoii社のビジネスモデルですが、1年間に渡る宇野さん・大森さんの果敢なトライにより、本ラウンドに参加されるOneCapital様や東大IPC様を筆頭とし、「ベンチャーにとっても、VCにとっても、Yoiiの提供する資金提供手法はメリットが極めて大きい」ということが、いよいよ認知されてきたと感慨深く思っております。そして、当社LPでもある三菱UFJ信託様のような大手金融機関が本格的に支援に加わっていただくことで、Yoii社のアプローチが広く日本のベンチャー企業の資金調達をアップデートする流れに期待しかありません。

■東京大学協創プラットフォーム開発 パートナー兼CIO 水本尚宏 氏
社名が象徴しているように、東大IPCの活動目標はイノベーションプラットフォームを発展させることです。ベンチャーキャピタルは、この一翼を担っておりますが、投資対象は急成長かつ市場の大きいスタートアップに限られます。しかし、市場規模は小さいが社会的に重要なもの、社会実装に20年かかるもの等、イノベーションには様々な形があります。このため欧米で発展しているRBFに注目し、宇野さんにコンタクトしたことが今回の発表に繋がりました。Yoii社を通じ、同社サービスを利用する全てのスタートアップに貢献できれば幸いです。

■三菱UFJ信託銀行 法人マーケット統括部 上級調査役 上野宗一郎氏
拡大するリカーリングビジネス市場において、テクノロジーを活用した将来予測に基づくRBFは、キュッシュフローに課題を抱える成長企業にとって大きなサポートになると確信しています。
社会的にもスタートアップ育成が注目される中、広いビジョン・豊富な知見・高い開発力を備えるYoiiチームとのコラボレーションを通じて、新たな金融機能の提供を実現し、成長企業の支援に貢献できるよう、共に取り組んでいきたいと存じます。

■農林中央金庫(既存投資家)調査役 宗正岳志 氏
スタートアップをはじめとする急成長企業に対し、必要な資金を必要な時に迅速に提供する。宇野さんの描く世界観は、加速度的な社会変化と成長を支える新たな金融サービスとして、ますます社会に求められていくものと確信しています。今日的に重要性の増している事業性評価にも高い知見を持つYoiiチームとともに、金融体験のアップデートに共に挑戦していけることを楽しみにしております。

■Plug and Play Japan Senior Ventures Associate Jingqian Ma 氏
Yoiiは海外で注目が高まっているレベニュー・ベースド・ファイナンス(RBF)を初めて日本に導入し、資金調達が難しいとされる日本の中小企業やスタートアップの調達手段の多様化を果たしています。同社のサービスは日本のスタートアップエコシステムの活性化にも繋がるなど、非常に大きな意味があると考えています。また、創業者の宇野氏を初めとする経営陣の行動力は非常に印象的で、ご一緒できることを心から嬉しく感じております。Yoiiの将来性を確信し、あらゆる支援をさせていただきたいと思います。
 

  • 創業メンバー募集中

Yoiiでは、人事、バックエンドエンジニア、機械学習エンジニア、データエンジニアなど、さまざまなポジションを積極的に募集しております。いま注目のFintechスタートアップで、新たな金融の仕組みを一緒につくりませんか?(求人情報:https://hiring.yoii.jp/
 

  • スタートアップの資金調達やRBFに関するトレンドをお届け

「Yoii Newsletter」へ登録(メールアドレスのみ)いただくと、Yoii Blogの最新記事やイベント情報をお届けします。ぜひ、この機会に登録いただけますと幸いです(Yoii Newsletter:https://yoii.ck.page/04666254e2)。
 

  • 会社概要
会社名 株式会社Yoii
所在地 東京都渋谷区松濤1丁目
代表者 代表取締役CEO 宇野 雅晴
設立 2021年4月
資本金 307,691,850円
外部株主 One Capital、インクルージョン・ジャパン
東京大学協創プラットフォーム開発、三菱UFJ信託銀行
農林中金イノベーション投資事業有限責任組合
Plug and Play Japan、HiJoJo Partners
dLab Group Limited、その他個人投資家(順不同)
ウェブサイト https://yoii.jp/
お問い合わせ先 contact@yoii.jp

 

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Yoii >
  3. レベニュー・ベースド・ファイナンスのYoii、プレシリーズAラウンドにてOne Capitalをリードに約4.8億円の資金調達を完了