「音が見える?!」【騒音源可視化カメラ~騒音測定まで】一貫した騒音測定調査サービスを開始。

従来の騒音測定にプラスで騒音源・反響音をビジュアル化することで、より有効な防音対策の選定まで可能とした騒音測定調査サービスを開始いたしました。

通常騒音測定は、db(デシベル:音の大きさ)、Hz(ヘルツ:周波数、音の高低さを表す)を出すことが出来る測定です。個人~企業まで様々なケースで対応できる測定になります。今回、静科では通常の騒音測定にプラスして【騒音源可視化カメラ】を導入することで音が可視化でき、どこが一番大きく聞こえているのか等ビジュアルすることができます。すると、広範囲の工場や敷地で騒音源が不明な場合は、機械の発生音を特定し易くしより有効な対策方法を検討できるようになりました。

【音】それは人間の五感の一つである<聴覚>に纏わるもの。
音を感じるのは、生身の人間。となれば、当然ながら個人差が出るグレーな領域の分野に分類されます。
人の習性として、目に見えるものは信じやすく安心できる分、目に見えないものには不信感を抱きやすく、受け入れにくいという習性があります。
確かに音を感じていても、【音】が目に見えないことと音の感じ方による個人差の影響で起きる、【音】のトラブルは多く起こり得ます。目に見えないものに対しては不安を覚える為、その対策となると不信感が増し、泣く泣く諦める といったケースが多くありました。
騒音測定についても不安を持たれる方も多く、数字としてdbやHzを出しても音に見識がない方には、分かりづらいというのが実情でした。

そこで株式会社静科では、「音の見える化」にフォーカスし、騒音測定にプラスで【騒音源・反響音をビジュアル化】を行うことで、様々な分野での活躍を可能としました!

今回導入した【騒音源可視化カメラ】は音をビジュアル化できる機器になるため、発生源がどこになるのか、より分かり易くなります。また、その場での騒音源発生を確認できるだけでなく、録画ができるため後日詳細に分析をかけることができます。ビジュアル化の利点は、誰にでも「わかりやすい」事です。

機械騒音の難点は、熟練した機械の使用者でもどこから発生しているのかわかりにくく、また、測定者もすべての機械の性質を理解しているわけではありません。その点、ビジュアル化で一番騒音が出ている部分が赤くなれば、その付近の機器や動力への対策が可能となります。

【破砕機 ~対策前~】

まず【騒音源可視化カメラ】を用いて気になる音の発生現調査と工場内の騒音源調査を行います。
発生源は赤く色濃く出ているところなので、そちらに向けての対策を行います。
 

【破砕機 ~対策後~】


騒音源に向けての適切な対策を終え、対策前と比べると赤く音源として出ていた部分より対策後には上部の方が音が鳴っているという状態になりました。(=騒音源である部分の対策ができているということがわかります)

音の種類や現場の状況、建物の種類やサイズによって対策方法も様々です。弊社はこれまでの【経験】に加えて、通常の【騒音測定】や、実際に目で見て確認できる最新の機材【騒音源可視化カメラ】を用いた測定で、より良い対策方法の選定が可能です。

音でお悩みの方々は弊社にお任せください。ピッタリな対策方法を必ず見つけ出すことができます。

▼▼▼▼▼▼▼▼【騒音源可視化カメラ】測定調査についてはこちら▼▼▼▼▼▼▼▼
https://www.hitori-shizuka.jp/products-and-service/sound-measurement
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社静科 >
  3. 「音が見える?!」【騒音源可視化カメラ~騒音測定まで】一貫した騒音測定調査サービスを開始。