NFT生まれのVtuberが登場する。デビューにあたり魂(声優)を公募。

ICOVO(イコボ)は、NFTキャラクターコレクションであるShizukの "dounguri meme(どんぐりめめ)"をVtuberとしてデビューさせる。

Shizukは、web3スペースの次の波と言われている”web3文脈におけるストーリーテリング”を使ったアプローチでキャラクターブランドの構築に挑むNFTプロジェクトだ。

ICOVO AG(本社:スイスツーク/CEO 山瀬明宏)は、同社が手掛けるNFTキャラクターコレクション”Shizuk”から、Vtuberを誕生させるにあたり、魂(声優)の公募を行う。

 

ストーリーテリングは、ストーリーやシーンをユーザーが容易に想像できるようにすることによって、より深くユーザーの感情の中にはいっていきプロダクトの魅力を伝える手法だ。キャラクターでは漫画、アニメ、ゲームなどを通して感情移入をさせるのが効果が高いと言われているいるが、Vtuberも同様の効果が期待できると考えての試みだ。

Vtuberは、ストーリーテリングによってキャラクターIPの価値を上げるための最初のアプローチだ。

第一弾として8888人のShizukのNFTの中の1人である "dounguri meme(どんぐりめめ)"の魂(声優)を募集する。これを機会にVtuber事務所とも連携を図って他のキャラクターもモデリングして第2、第3とデビューさせていきたい考えだ。


現在NFTアートの中の主流となっている殆どのPFP系(プロフィールピクチャー/SNSのアイコンとしての活用を想定されているアート作品)プロジェクトはアニメやゲームづくりまたはメタバース時代におけるアバターとしての活用を目指しているが、ShizukはシンプルにキャラクターIPとして価値を最大化することをゴールとしている。

Shizukは今回リリースするVtuberアバターに加えて漫画づくりも計画しているがいずれもゴールではなく、あくまで、キャラクターブランド構築のための手段だ。また将来的にアニメ、ゲームづくりの可能性もあるが、高額な投資が必要でかつ、熾烈な競争下で多数の高品質な作品が存在している市場なので漫画でのヒットを前提で慎重に検討する。なお、まだプラットフォームさえないメタバースにおけるアバターユーティリティとしての活用も同様に状況を見て参入を検討したい考えだ。

 

【 Vtuber”どんぐりめめ”魂募集について 】

<概要>
世界的にもまだ例がないNFTからうまれたVtuberの魂(声優)の募集だ。怪盗設定となっているShizukのキャラクターを使ってVtuberに挑戦したい人を募る。選考で選ばれた人に対しては8888人のShizuk NFTの中の1人あるdounguri meme(どんぐりめめ)のNFTおよび、Live2Dモデルの無償提供を行う。ベースとなるNFTアートから、2DモデルのVTuberとして使えるように、他のクリエイターによってリメイクを行い、Vtube Studioに最適化させたモデリングとして作成した。応募条件に沿った内容であれば自由に配信可能だ。またICOVO社はマネジメント契約は行なわないので、Vtuber事務所への所属も自由で、個人でやる場合には配信による収益は100%取得可能だ。なお言語も日本語だけでなく自由に選択可能としている。

 

<提供>
無償提供
・Shizuk NFT "donguri meme” https://opensea.io/assets/ethereum/0xe325a5905315d89bb537df8bc6f6a9601ed09868/1127
・Live2Dモデル (VTubeStudio対応)”どんぐりめめ”
・背景イラスト
なお、配信のための設定作業はご自身でやっていただく前提だが、支援が必要な場合には相談に応じる。


<応募条件>
・YouTubeでの配信環境がある(アカウントを持てる)
・18歳以上
・法律および公序良俗に反する活動はしない
・週1回以上、6ヶ月以上継続すること
・Shizukのブランディングおよび信頼を毀損するような配信を行わないこと
・配信関わるソフトウェアの操作ができること(VtubeStudio、OBSなど)

・ネット環境およびパソコンなどの配信に必要な最低限の機器があること
・配信コンテンツの作成および編集ができること(画像が動画の編集ソフトなど)
・”どんぐりめめ”の名前で活動すること(変更不可)
・反社会勢力および関係している団体に所属していないこと
・許諾なく第三者への譲渡をしないこと

<応募方法>

専用のフォーム から入力してください。なお、応募にはデモ動画が必要です。自己紹介の動画です。簡易的に顔は隠して声だけの動画を3分以内で作成して、Youtubeに限定公開(他の人には見られないようする)でアップしていただく必要があります。応募前に準備してください。


<選考の流れ>
・一次選考(こちらのフォームからエントリーしてください)https://oc2021.typeform.com/to/Gq2vGMYW
・二次選考(Zoomビデオによる)

 <一次選考締め切り>
2022年9月末(期日前でも申込が100名に達した場合には締め切りとさせていただきます)

<著作権および商業ライセンス>
NFTおよびVtuberモデルキャラクター共に無償で譲渡いたします。著作権はICOVO社に帰属しますが、無制限の商業ライセンスが付与するため、配信活動による収益の獲得はもちろんグッズ展開などの収益もすべて取得可能です。また翻案権も付与するため改変も可能です。

 

 

 


​【 Shizuk NFTについて 】

Shizukは8888の全て異なった怪盗設定のキャラクターコレクションだ。多数の実績を持ったクリエイターMarchがリードデザイナーとして描いたパーツをコンピューターによって組み合わせて作成したコンピュータージェネリックによるキャラクターアートだ。名前とディスクリプションは、ブロックチェーンの仕組みを使い書き換えできない世界で一つのNFTアートになっている。Shizukの特徴は4つだ。

 

1)web3ならではの共創作品。

ファーストオーナーだけの特権として、名前とキャラクターのストーリーを決められる設計になっている。決められれた内容は改竄できないように永遠に書き込まれる。
一般的にアート作品は名前を含めて一つの作品という認識となるため、Shizukはクリエイターとファーストオーナーとの共創作品ということとなる。またホルダーには全世界での無制限の商業ライセンスがついている。

 

2)追加で着せ替えができるNFTをつくれる。

Shizukの8888のNFTであるShizuk Origin NFTホルダーは、所有しているキャラクターの服、髪型、道具などを自分自身で自由にカスタマイズできるShizuk Bunshin NFTを追加で手に入れることができる。SNSのプロフィール写真、Vtuberとして活用、メタバースでのアバターとしての活用時に、細かいこだわりが反映できる仕組みだ。

 

3)選んで買える販売方式。

現在PFP系のNFTアートの主流の販売方法は、ガチャのように、購入時は絵が見えない状態で販売し、購入後数日で画像が入れ替わり、絵がみえるような仕組みとしている。対してShizukは、キャラクター作品なので、顔を見て選んで買えるべきだという考え方と、客が購入した絵を販売者(運営者)が販売後に差し替えができるという仕組みはユーザーにとってリスクであるという考え方によって、Shizukチームメンバーでさえ絵を改竄や削除などができないような独自の仕様ERC7221sを開発して実装している。

 

4)たとえ運営者が解散しても絵が消えない仕組み。

ほとんどのNFTアートは作品がクラウドストレージ(AWSやIPFS)に保管されており、利用料の支払いが必要となる(IPFSではpin費用)ため、運営者サイドのプロジェクトが解散すると、支払いが行われなくなり、絵が消えるということになる。ユーザーサイドでは、買ったはずの絵が突然消えるという現象がおきる。Shizukではweb3の思想であるown(所有)の概念を忠実に実現させるために、ユーザー自身で自分の絵を復活させることができる仕組みを提供し永遠に所有できるNFTを実現させた。

 

※なお、8888個のNFTの内、1000個は低迷したNFT市場を活性化させる目的で無料で配布を行った(配布は終了しています)。残りの7000個は2022年秋に有料での販売を計画している。

 


​【 ICOVO(イコボ)について】


2018年イーサリアムコファンダーVitalik Buterinが提唱した不正な資金調達から投資家を守るDAOを組み込んだコンセプトDAICOを実装させたスマートコントラクトDAICOVO、また同時にイーサリアムおよびERC20対応ウォレットICOVO App(IOS/Android)をリリース。2019年はAIによる画像生成エンジンGANでアイドルを生成しNFT化するジョイントベンチャー"ジーンアイドル"をスピンアウト。2021年にはイーサリアムの高額なガス代とスケーラビリティの対策として、Polygon, Optimism, Arbitrum のようなイーサリアムレイヤー2チェーンをプライベートに構築できるソリューション VELOCITY をリリース。 またイーサリアムファウンデーションから、グラントを受け、イーサリアムステーキングの啓蒙活動を行うべき、イーサリアムステーキングコミィティを中心となって立ち上げた。
2022年7月には、NFTローンチパッドシステムTamagoの第一号プロジェクトとしてShizukをリリース。 スイスと日本の法人を軸に、ロンドン、シリコンバレー、シンガポール、東京在住のメンバーで活動しているブロックチェーン関連のスタートアップ。
ICOVO AG
設立 2017年 4月
CEO 山瀬明宏 CTO 西村祥一
本社:スイス ツーク
日本子会社:株式会社ICOVO Japan
https://icovo.co/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ICOVO Japan >
  3. NFT生まれのVtuberが登場する。デビューにあたり魂(声優)を公募。