タカラスタンダードも吉本興業も大阪で共に110周年「よしもと住みます芸人」が地域密着ショールームを訪問

3つの「タカラ放浪記」が公式サイトにて公開

システムキッチン・バスを中心とした住宅設備機器メーカー・タカラスタンダード株式会社(本社:大阪市城東区、代表取締役社長:渡辺岳夫)が1912 年 5 月 30 日に大阪で創業したおよそ1カ月前、日本を代表するエンターテインメント企業である吉本興業ホールディングス株式会社が創業されました。2022年、共に大阪の地で誕生から 110 年を迎えた縁を感じ、「よしもと住みます芸人」を起用し、地域密着型のショールームを紹介する動画を公式サイトにて公開しました。

 タカラスタンダードは、全国約170カ所にショールームを展開しており、その数は業界最多(※)です。さまざまな地域を幅広く網羅している特性を生かし、各ショールームでは、そのエリアの暮らしに合わせた展示を行っています。この度、地域密着型という共通点から、47都道府県に住み、地域の魅力ある情報発信を通して笑いの力で地域活性化を図る「よしもと住みます芸人」を起用し、各地域のお悩みに合わせた商品を実際に体感していただきました。
 今回ご紹介したのは山形ショールーム(山形県山形市)、草津ショールーム(滋賀県栗東市)、高松ショールーム(香川県高松市)。撮影を行った4月にも雪の残る山形県では、寒さの厳しい地域に最適な「鋳物ホーロー」浴槽をご紹介。また、讃岐うどんが有名で、うどんの消費量が日本で一番の香川県にある「高松ショールーム」では、うどんの調理に最適な「家事らくシンク」をご体感いただきました。最後には、ご当地ネタをご披露していただき、地域に愛される「よしもと住みます芸人」の皆さまと、タカラスタンダードのショールームの魅力を実感していただける動画になっています。
 タカラスタンダードは国内で最も歴史ある水回り設備機器メーカーの一つとして、110周年を通じてさまざまな情報を発信してまいります。
(※)2022年4月末時点、当社調べ

【参考資料】タカラスタンダード×よしもと住みます芸人「タカラ放浪記」
 ■住みます芸人が行く!タカラ放浪記in滋賀県(ファミリーレストランさん)
https://bcove.video/3wCDAeG

・ファミリーレストランさんについて
1998年10月結成。ハラダ(ボケ担当)としもばやし(ツッコミ担当)のコンビ。大阪NSC18期生。 滋賀県住みます芸人、米原市ビワマス応援大使、きらめき湖南天使。KUSATSU BOOSTERS、信楽たぬきの日PR大使など滋賀県内で14個の大使を務める。しもばやしは滋賀県大津市生まれ。

■住みます芸人が行く!タカラ放浪記in香川県
https://bcove.video/3wqF0Ja

・梶剛さんについて
香川県出身。2010年までムーディ勝山と「勝山梶」のコンビ名で活動。現在はピンで活動。2012年から香川県住みます芸人として活動。2017年から自身で「かじ祭り」をプロデュースし、多くの出店や芸人も参加し、来場者1万人を超えるイベントに。地元に密着した活動を精力的に行っている。

■住みます芸人が行く!タカラ放浪記in山形県(ソラシドさん)
https://bcove.video/3wrHjfb

・ソラシドさんについて
2001年1月結成。本坊(ボケ担当)と水口(ツッコミ担当)によるコンビ。2018年より、よしもと山形県住みます芸人として活動。本坊は西村山郡西川町で耕作放棄地を借りて野菜を栽培し、竹林で山菜を収穫するなど、本腰を入れて農業に取り組んでいる。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. タカラスタンダード株式会社 >
  3. タカラスタンダードも吉本興業も大阪で共に110周年「よしもと住みます芸人」が地域密着ショールームを訪問