京都薬用植物園と京都市の「生物多様性保全に関する協定」の締結について

−       京都市の生物多様性保全に関する協定の第1号
−       生物多様性保全のための取組みで協力し、自然共生社会の実現に寄与
−       薬用植物および絶滅危惧種の収集・展示・保全等で培った知見を活かし、地域社会に貢献

 

京都薬用植物園 空撮(研修棟周辺)京都薬用植物園 空撮(研修棟周辺)

当社は本日、当社の京都薬用植物園と京都市との間で「生物多様性保全に関する協定」を締結しましたのでお知らせします。当協定に基づき、当社と京都市は、京都市における生物多様性保全の推進に関して相互の連携を強化し、さまざまな取組みを促進していきます。

連携する分野には、生物多様性の持続可能な利用、生物多様性の保全・回復、生物多様性に配慮したライフスタイルの転換、及び生物多様性の社会変革に向けた仕組みの構築が含まれます。

京都薬用植物園の園長を務める西尾基之(にしお・もとゆき)は、「これまで、当園の方針として薬用植物および絶滅危惧種の収集・展示・保全等で技術を培い、継承してきました。京都市との生物多様性保全に関する協定の締結を機に、当社が有する技術や経験を活かして、園内だけでなく地域を中心とした社会への貢献を目指します​」と述べています。

<京都薬用植物園について>
京都市左京区に位置する武田薬品工業京都薬用植物園は、94,000平方メートルの敷地の中に約3,200種の植物を保有しています。このうち約2,000種が​薬用植物で、約240種が環境省版レッドリストにランクされている絶滅危惧種です。当園の目的は、①医療関係者、学生、児童への研修、教育支援活動、②薬用植物の栽培研究と技術の継承、③絶滅危惧種など重要な薬用植物の収集・保全の3つとなっており、2000年頃から生物多様性保全に関する取組み​を強化しました。日本植物園協会が2006年に開始した植物多様性保全拠点園ネットワーク事業に参画し、「薬用植物の保全拠点園」​として、保全、収集・保存、普及・啓発に努めています。また、希少な薬用植物の保護・保全の観点から一般公開はしておらず、見学は完全予約制にて受け入れています。詳細については、https://www.takeda.co.jp/kyoto/をご覧ください。 

京都薬用植物園 中央標本園京都薬用植物園 中央標本園

京都薬用植物園 展示棟および香辛料園京都薬用植物園 展示棟および香辛料園

<武田薬品について> 
武田薬品工業株式会社(TSE:4502/NYSE:TAK)は、日本に本社を置き、自らの企業理念に基づき患者さんを中心に考えるというバリュー(価値観)を根幹とする、グローバルな研究開発型のバイオ医薬品のリーディングカンパニーです。武田薬品は、「すべての患者さんのために、ともに働く仲間のために、いのちを育む地球のために」という約束を胸に、革新的な医薬品を創出し続ける未来を目指します。研究開発においては、オンコロジー(がん)、希少遺伝子疾患および血液疾患、ニューロサイエンス(神経精神疾患)、消化器系疾患の4つの疾患領域に重点的に取り組むとともに、血漿分画製剤とワクチンにも注力しています。武田薬品は、研究開発能力の強化ならびにパートナーシップを推し進め、強固かつ多様なモダリティ(創薬手法)のパイプラインを構築することにより、革新的な医薬品を開発し、人々の人生を豊かにする新たな治療選択肢をお届けします。武田薬品は、約80の国と地域で、医療関係者の皆さんとともに、患者さんの生活の質の向上に貢献できるよう活動しています。
詳細については、https://www.takeda.com/jp/をご覧ください。 

添付資料: 武田薬品工業京都薬用植物園の沿革と実績

―――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
武田薬品工業京都薬用植物園の沿革と実績

1933年3月29日『京都武田薬草園』として創設され、薬用植物の基礎研究を開始しました。1945年終戦後すぐに、『京都試験農園』と改名し、天然物由来の新しい医薬品の創出や薬用植物の品種改良の研究をスタート。1994年研究部門の移転に伴い、名称を『京都薬用植物園』とし、薬用植物の収集・保存・栽培を中心に活動する施設となりました。2010年10月事務棟と研修棟を新しく建築し、薬用植物の保全と教育支援ができる施設として、再スタートすることになりました。

 

園内エリア

中央標本園 日本薬局方に収載されているトウキ、ミシマサイコなどの重要な生薬の基原植物を中心に、約200種を栽培・展示。水生植物コーナーには、オニバスやコウホネなど植栽。
漢方処方園 漢方薬は、古い中国の医学書などに基づき、さまざまな生薬を組み合わせて処方されてきた。漢方処方園は、それらについて理解促進を図るため薬用植物を処方ごとに植栽している。厚生労働省が承認する一般用漢方製剤294処方で使用されている生薬の中で、配合頻度が高い順にその基原植物を栽培・展示するコーナーも設置。
温室 熱帯・亜熱帯の薬用・有用植物を約500種栽培・展示。薬用植物ではトウシキミ、トンキンニッケイなど、熱帯果樹ではカカオ、サンジャクバナナなど、スパイスではコショウ、バニラなどをそれぞれ展示。
 
樹木園 樹木園にはメタセコイア、セコイア、カツラなどの高木やコブシ、サンシュユ、ナツメなど薬用の樹木を植栽しており、その樹林下にはカタクリ、オウレン、フクジュソウなどが自然に近い状態で生育している。
展示棟 明治41年(1908年)、神戸市東灘区に野口孫市氏が設計した建物。1995年の阪神・淡路大震災後に、当園に移築、再生したもの。生薬の標本を中心に展示。
ツバキ園 様々な椿の原種のほか、江戸時代に作出された品種やユキツバキの品種を含め、昭和30年代から収集した560余りの品種を栽培・展示。3月中旬から4月が見頃。
香辛料園 さまざまな香りや味を楽しむことができる植物があふれる。誰もが知っているミントやレモンの香り、噛むとピリリと辛い植物など、一年を通じてハーブ&スパイスを満喫できる。これらの多くは、食材としてのみならず薬用としても利用されてきた。
民間薬園 古今東西の祖先が生活の知恵として利用してきた薬用植物を展示。世界中で古くから民間薬として利用されている植物を集めている。サプリメントや健康食品として利用される、ムラサキバレンギクやセイヨウオトギリソウをはじめその成分表示に登場する植物を集めているほか、西洋薬の創薬の元となったリード化合物を含む植物エリアを設置。

生物多様性に関する取組内容
薬用植物および絶滅危惧種の収集・保全、ナショナルコレクション認定品種群を含むツバキのコレクションの保全、京都府下の絶滅危惧植物の展示エリアの設置、左京の自然を愛でるプロジェクト ~チマキザサ再生委員会への協力、あおいプロジェクトへの参画、西山自然保護ネットワークへの参加、雲ケ畑・足谷人と自然の会との連携・協働、五條天神宮 節分祭への神朮(白朮)奉納、絶滅危惧IB類(EN)オガサワラグワの里親計画への参画、小笠原希少野生植物保護増殖事業への参画、絶滅危惧IA類(CR)タカクマムラサキ種子島集団の域外保全事業への参画など。

 

進行中の取組み事例​:
京都府下の絶滅危惧植物の展示エリアの設置
<連携:京都市都市緑化協会・NPO法人国境なき環境協働ネットワーク>
京都市都市緑化協会で保有する貴重な個体の分散保全先、​また展示を通した普及啓発活動を行うために、23種の​植物の種子および苗を譲り受ける。一部、展示を開始。

 

左京の自然を愛でるプロジェクト ~チマキザサの再生を左京から​
<連携:チマキザサ再生委員会>​
チマキザサ再生に向けた苗の増殖、栽培研究、展示や​市民向けの見学会や研修会を通した普及啓発活動を担当。2-3年後をめどに自生地への埋め戻しを開始する予定で、将来的には持続可能な自生地復元を目指す。

 

あおいプロジェクト​

<連携:一般財団法人世界文化遺産賀茂別雷神社境内葵の森保全葵プロジェクト>
フタバアオイ苗を譲り受け、フタバアオイ復活に向けた取り組みの開始が決定。​当園では上賀茂神社内のフタバアオイ復活に向けた​苗の増殖、栽培研究、展示を通した普及啓発活動を​担当。​1年後をめどに上賀茂神社境内にある葵の森への​埋め戻しを開始する予定。​将来的には増殖株数を増やし、持続可能な葵の森復元を​サポートする。 ​

施設名: 武田薬品工業株式会社 京都薬用植物園
所在地: 〒606-8134 京都市左京区一乗寺竹ノ内町11番地
園内面積:94,000 平方メートル
電話番号:075-781-6111
https://www.takeda.co.jp/kyoto/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 武田薬品工業株式会社 >
  3. 京都薬用植物園と京都市の「生物多様性保全に関する協定」の締結について