プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES

Craft Tokyo | 2023 Creative Expo Taiwan (2023 台湾文博会) 初出展

日本全国から選りすぐりの”ジャパン・プロダクト”を束ね、台湾随一のクリエイティブビジネスショーでお披露目します。

株式会社Craft Tokyo

日本メーカーの海外市場進出を支援するCraft Tokyo 台湾 (代表 柴田 卓洋)は、台湾文化部(省)が「クリエイティブ産業の万国博覧会」と位置付け、2010年より、毎年、主催を続ける「2023 Creative Expo Taiwan(2023 台湾文博会)」に出展します。
2022年は世界14カ国、500テナントが参加。500,000人以上の一般客とバイヤーが訪れる大規模なデザインビジネスイベントです。

今年は台北市内の4つのクリエイティブスポットが会場になりますが、Craft Tokyoのブースは「華山1914文創園区」となります。赤峰街でスタートした体験型ショールーム事業を通して、日本メーカー様から届く様々な声を受けて、単独出展のハードルを下げた形で、少しでも多くのメーカー様がチャレンジ出来る機会を用意しました。

台湾国内はもちろん、世界各国からクリエイティブなプロダクト、デザイン、アートを求めて、探究心旺盛で

クリエイティブな人達が集う“クリエイティブな空間”で、ジャパン・ブランドの認知向上と新たな販路開拓・OEMパートナーとのマッチングを図ります。

Creative Expo 出展期間:2023年9月26日(火)〜10月1日(日) 6日間

※台湾文博会は9/22(金)-10/1(日)まで10日間の開催となります。

  • 9/26(火)〜 9/28(木):  10:00-11:00(ビジネス対象)/ 11:00-18:00(一般入場)

  • 9/29(金)〜 9/30(土):10:00-20:00(ビジネス&一般 同時入場)

  • 10/1(日)最終日:     10:00-17:00(ビジネス&一般 同時入場)

https://www.creativexpo.tw/en/

https://www.instagram.com/creativexpo.tw/


「華山1914文創園区」は日本統治時代の酒工場の跡地を再利用したアート・イベント空間。

ノスタルジックな雰囲気が漂うデザイン系のミュージアム、映画館、レトロ感溢れるレストラン、カフェ、

最旬の雑貨ショップなど並び、普段からクリエイティブに敏感な人達が訪れるスポットです。

Craft Tokyoが目指すのは日本メーカーの台湾市場における販路づくり

海外に市場を広げることで、日本メーカーの成長・未来永劫な事業継承を目指しています。その第一歩として、台北市赤峰街の自社ショップにて、現地消費者の反応を把握しながら、消費者ニーズに合致した商品開発と商品提供を日々改良していくことで、短期的に終わらない事業の基盤づくりを目指します。

Craft Tokyoの概要

  • 開店: 2023年1月31日

  • 出展メーカー数: 100社   *2023年9月時点

  • カテゴリー実績: 伝統工芸、陶磁器、アパレル、バッグ、アクセサリー、インテリア雑貨 、生活雑貨、アウトドア、革製品、シルク織物、化粧品、飲料、食品 

  • 平均来店者数: 月間平均  約3,000人〜4,000人

  • 男女比: 30:70(若干、女性が多い)

  • 来店客層: 20代〜60代(中心層は30代〜50代)


株式会社Craft Tokyo

https://www.craft-tokyo.co.jp

https://www.instagram.com/craft.tokyo.tw.chifengjie/


台湾 ショップ:台北市大同區赤峰街71巷1號

https://goo.gl/maps/YhC7vv8T1Ciu2SfY9


代表取締役 / CEO

柴田 卓洋 / Takahiro Shibata

Facebook:https://www.facebook.com/shibatatakahiro

Linkedin:https://www.linkedin.com/in/takahiro-shibata-995894137/

種類
イベント
ビジネスカテゴリ

このプレスリリースをシェアする

プレスリリース素材ダウンロード

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます。

プレスリリース画像一覧

株式会社Craft Tokyoのプレスリリース

もっと見る

PR TIMESのご利用についてはこちら

資料ダウンロードする