障がいのある人の文字・絵をフォントやパターンにする「シブヤフォント」がデロイト トーマツ ウェルビーイング財団の「コレクティブ・インパクトによる社会課題解決の推進」助成に採択

2022年度は、本採択に加え「日本財団」「社会福祉振興助成事業(WAM助成)」「ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京」など累計4つの助成事業に採択

一般社団法人シブヤフォント(共同代表:古戸勉、磯村歩)、渋谷区(区⻑:⻑谷部健)、専門学校桑沢デザイン研究所(所長:工藤強勝)、渋谷区内の障がい者支援事業所が連携して取り組む「シブヤフォント」が、デロイト トーマツ グループの一般財団法人デロイト トーマツ ウェルビーイング財団の助成事業「第2回 コレクティブ・インパクトによる社会課題解決の推進」のSocietal Well-being助成枠 Leading Collective Impact部門に採択されました。
  • シブヤフォントについて

シブヤフォントのロゴと受賞したアワードのロゴシブヤフォントのロゴと受賞したアワードのロゴ

シブヤフォントのフォントとパターンのラインナップシブヤフォントのフォントとパターンのラインナップ

 

2016年、渋谷区事業として障がいのある人とデザインを学ぶ学生との共創で生まれた「シブヤフォント」は、データ利用料の一部を福祉還元する社会性に加えて、フォントやパターンといった誰にでも使いやすいデータという特性もあいまって、60社以上の企業に採用され、数多のデザインアワードを受賞するなど大きな社会インパクトをもたらしています。「シブヤフォント」は、渋谷区、専門学校桑沢デザイン研究所、渋谷区内の障がい者支援事業所(*)らが連携し「一般社団法人シブヤフォント」が企画運営しています。また2022年度には、シブヤフォントの取り組みを全国に広げる「ご当地フォント」事業をスタートさせました。

主な採用企業(順不同):
主な採用企業(順不同):
グーグル合同会社/大和ハウス工業株式会社/キヤノン株式会社/株式会社ユニクロ/株式会社ワールド/スズキ株式会社/株式会社しまむら(しまむらグループ)/株式会社アダストリア/株式会社ゴールドウイン/株式会社ビームス/NTT都市開発株式会社/東急株式会社/東急不動産株式会社/株式会社東京新聞/東ソー物流株式会社/株式会社東急レクリエーション/京王電鉄株式会社/京王不動産株式会社/株式会社ジャックス/ジャックス・トータル・サービス株式会社/株式会社マグスタイル/株式会社トランス/株式会社渋谷サービス公社/ニジュウカノ/株式会社フクフクプラスほか

障がい者支援事業所(*)
​くるるえびす、ストライドクラブ、テントーン、のぞみ作業所、はぁとぴあ原宿、福祉作業所おかし屋ぱれっと/工房ぱれっと、福祉作業所ふれんど、ホープ就労支援センター渋谷/アトリエ福花、むつみ工房、ワークささはた、ワークセンターひかわ

受賞歴:
内閣府「第4回 日本オープンイノベーション大賞」選考委員会特別賞、ソーシャルプロダクツ・アワード大賞、IAUD国際デザイン賞金賞、東急グループ環境・社会貢献賞受賞、グッドデザイン賞、読売福祉文化賞、桑沢学園賞

主なテレビ出演:
NHK総合「首都圏ネットワーク」「NHK WORLD JAPAN」、NHK Eテレ「ハートネットTV」4ヶ月密着ドキュメンタリー、TBS「地球を笑顔にするWEEK」、フジテレビ「 Live NEWS α 」、テレビ朝日「有吉クイズ」秋山竜次(ロバート)ロケ他

「シブヤフォント」公式サイトhttps://www.shibuyafont.jp
「ご当地フォント」公式サイトhttps://www.gotouchifont.jp
 
  • 「デロイト トーマツ ウェルビーイング財団」と助成事業について
デロイト トーマツ ウェルビーイング財団は、社会課題解決を通じて公益の増進をけん引することで、より一層の社会価値の創出に貢献しています。人のWell-beingの向上に直接関わる教育・スキル開発・就業機会創出に加え、その基盤にある地域課題解決支援、災害復興支援、途上国支援、スポーツ交流支援、人権問題解決支援、Diversity, Equity & Inclusion支援、環境問題解決支援、及びその他の公益の増進を図る事業に対する寄付、助成事業、社会課題解決事業を行っています。

また“個人と社会””個人と地球環境”のWell-beingの向上に寄与する取組みを対象に、互いの強みを出し合いながら社会課題の解決を目指す「コレクティブ・インパクト」を支援しています。2022年、第2回助成先の公募を行い、このたび厳正な審査の結果、応募総数58件の中から12件の助成先を決定しました。

同社法人情報:
https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/about-deloitte/articles/dtwb/deloitte-tohmatsu-well-being-foundation.html

デロイト トーマツ ウェルビーイング財団、第2回助成先決定のお知らせ:
https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/about-deloitte/articles/dtwb/20221214.html
 
  • シブヤフォントの採択について

贈呈式の様子(1)贈呈式の様子(1)

贈呈式の様子(2)贈呈式の様子(2)

「この度は、素晴らしい実績を有する団体・法人様のお仲間に入れていただき大変光栄に存じます。このご評価を励みに、シブヤフォント事業をより社会にとって必要なものにすべく、取り組んで参ります。」
一般社団法人シブヤフォント 共同代表 磯村 歩
 
  • 2022年度にシブヤフォントが採択された助成事業・協働事業

(1)公益財団法人 日本財団
助成事業「通常募集」
採択事業名:障害者の文字や絵のデジタルデータ化「 ご当地 フォント・パターン 」による障害者理解と地域活性化
2022年度事業計画一覧:https://www.g-mark.org/award/describe/49720

(2)独立行政法人 福祉医療機構
社会福祉振興助成事業(WAM助成)
採択事業名:障がい者と地域をつなぐ対話型アート鑑賞の運営人材育成事業
通常助成事業 内定一覧:https://www.wam.go.jp/hp/wp-content/uploads/R4wam_naitei-1.pdf

(3)ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京
投資・協働団体として契約(2年目)
投資・協働団体一覧:https://www.svptokyo.org/list-investments/
 
  • 本件に関する報道関係者からのお問合せ先

一般社団法人シブヤフォント 坂本
問い合わせフォーム:https://app.jibun-apps.jp/form/4605a8f3-4983-4f6d-9641-8933f8a8b797/new
  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人シブヤフォント >
  3. 障がいのある人の文字・絵をフォントやパターンにする「シブヤフォント」がデロイト トーマツ ウェルビーイング財団の「コレクティブ・インパクトによる社会課題解決の推進」助成に採択